朝山実

ルポライター gdke0647@yahoo.co.jp すみっこ、脇道、路上、後日談に興味がわきます。 📖『お弔いの現場人』『父の戒名をつけてみました』(中央公論新社)など。 「ウラカタ伝」http://waniwanio.hatenadiary.com/
    • はたらく現場
      はたらく現場
      • 18本

      喪に関わるひとたち編(霊柩車の工場の職人さん、墓じまいを任される石屋さん、ホテルマンのように自宅のお葬式を取り仕切るひと、若い女性納棺師さん、きびきび祭壇の花を飾るひと、、、)

    • ノンフィクションの書き手に聞いてみた
      ノンフィクションの書き手に聞いてみた
      • 10本

      雑誌媒体に取材記事は載ったけど、じつは分量の関係で載せられなかった部分がもったいないくらい面白かったので、ここに載せときます。

    • 本のこと
      本のこと
      • 25本
    • 午後のかんだん
      午後のかんだん
      • 6本

      ご自宅や仕事場を訪問。せいかつを感じながら交わした雑談インタビュー

    • 「きみが死んだあとで」インタビュー
      「きみが死んだあとで」インタビュー
      • 3本

      映画「きみが死んだあとで」(代島治彦監督)が出来るまでをスタッフさんに聞いてみた。 6月末に映画からのスピンオフ本、代島治彦著『きみが死んだあとで』(晶文社)が出ます。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

市井の肖像を撮る写真家・鬼海弘雄をたずねる(前編)

「午後のかんだん」 2020年2月、鬼海弘雄さん宅を訪問しました(前編) インタビュー・文責=朝山実 写真=山本倫子 「写真、見る?」  おじゃましてから3時間を過ぎた…

150

ICUのひとびと

(前回からのつづき) 入院の際にはスマホの充電器は忘れずに ICU滞在は5泊6日だった(急性心筋梗塞で治療を受けました)。3日目くらいに副師長のウチダさんから「そ…

ICUの長い一日

晩年の父は、入院中だったか施設に入居していた頃だったかに、懇意にしていたヘルパーさんに、「戦時中に世話になった看護婦さんに会いにいきたい」と言っていたという。当…

【雑談ですけど】 『さよならテレビ』の阿武野勝彦さんに、ききました。

 「親父は、これが給料袋かと言って仏壇にあげたんです」 『さよならテレビ』(平凡社新書)を書いた阿武野勝彦さんは、東海テレビのプロデューサーで、「人生フルーツ」…

「きみが死んだあとで」の撮影者が見ていた風景

🌙前回、ドキュメンタリー映画「きみが死んだあとで」(代島治彦監督)を撮影した加藤さんのインタビューをまとめながら、作中で使われなかったシーンがやはり気になった。…

「セブンティーン」⇨「きみが死んだあとで」

絶賛上映中「きみが死んだあとで」(代島治彦監督)👉映画に登場する14人のその後の物語をまとめた本『きみが死んだあとで』が晶文社より6月刊予定 映画宣伝担当者に話をき…