朝山実

聞き書きライター gdke0647@yahoo.co.jp すみっこ、脇道、路上、後日談に興味がわきます。 📖『お弔いの現場人』『父の戒名をつけてみました』(中央公論新社)など。 「ウラカタ伝」http://waniwanio.hatenadiary.com/

『お弔いの現場人』を書くのに役立った本たち④『メメントモリ・ジャーニー』

『お弔いの現場人 ルポ葬儀とその周辺を見にいく』という本が中央公論社から出ました。  霊柩車って、どうやってつくられているのか? お母さんが使っていたベッドで仏...

『お弔いの現場人』を書くのに役立った本たち③『退屈をあげる』

『お弔いの現場人 ルポ葬儀とその周辺を見にいく』という本が中央公論社から出ました。若い女性の納棺師さんをインタビューしたり、霊柩車の工場を見学したりしました。お...

『お弔いの現場人』を書くのに役立った本たち②谷口ジロー『犬を飼う』

『お弔いの現場人 ルポ葬儀とその周辺を見にいく』という6年ぶりの本が中央公論社から出ました。  霊柩車の工場やドライブスルーのある葬儀会館など、葬儀にかかわる仕事...

「フジイチエコ号と書いて走るわけにもいかないからね」 ノーナレのドキュメンタリー映画「人生をしまう時間(とき)」欄外対談

都会の片隅で「在宅死」と向き合う医師と家族を追った、ノーナレーションのドキュメンタリー映画が話題を呼んでいる。 『人生をしまう時間』は、NHKテレビで幾度も再放...

『お弔いの現場人』を書くのに役立った本たち①浅生鴨さんのコラム「交渉」(『どこでもない場所』収録)

『お弔いの現場人 ルポ葬儀とその周辺を見にいく』という6年ぶりの本が中央公論新社から出ます。  霊柩車の工場やドライブスルーのある葬儀会館など、葬儀にかかわる仕事...

『むかしこっぷり』で思い出すこと

おくやまゆかの『むかしこっぷり』(KADOKAWA)は、家族やおじさんおばさん知人から思い出を聞きとり短編漫画に描いたもので、もう何度も読み返しているのだが、子供の頃の引...