Alternative Farmer

143
固定された記事

小規模農家として生きていく為の7ステップ

 以前紹介した小規模農家が生きていく為の7つのステップを1つの記事に再編し直しました。一部加筆しています。長いです(笑い) ステップ1:成功するための基盤を作成する  野菜を育て始める前や何かを始める前に、ニーズのある作物やどんなお客さんがいるのかを確認するために地元の市場を調査しましょう。 小規模農家は直接販売によるものが多く 例えば ・CSA ・道の駅などの産直市場 ・ローカルレストランシェフ ・ファームスタンド などが挙げられます。これを調査する事はエリア・マーケテ

スキ
18

CSAのスタイルで農産物だけでなく地域社会と密接に関わるノースカロライナの農家

今回は以前紹介した農家さんを一つの記事にまとめました。この農家さんは個人的にかなりオススメです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 今回はCSAという野菜セットを毎週配達するスタイルの農業で成功しているノースカロライナのテンマザーズファームを紹介します。 こんにちは私はゴードンです。私はベラです、そして私はルークです。 そして私たちはテンマザーズファームです。ノースカロライナ州シーダーグローブのすぐ下で1エイカーの農場で農業を行っています。 ダーラムチャペル

スキ
5

水と土壌の関係(健康な土壌を作るための5つの原則と水分管理をどのように行うか)#3

土壌、有機物、および水の関係: 有機物が砂、シルト、および粘土よりも多くの水を貯蔵する理由 土壌中の有機物は、生きている、死んでいる、そして分解された有機体で構成されています。土壌中の全有機物の約15%を占める土壌中の生物は、菌類、バクテリア、ウイルスなどの微生物から、昆虫、植物の根、ミミズ、哺乳類までさまざまです。死んだ生物は微生物、昆虫、ミミズ、動物、そして植物の残渣です。生物は生きている生物と死んでいる生物の両方を食べ、植物や分解者を養うタンパク質、糖、アミノ酸を放出

スキ
7

水と土壌の関係(健康な土壌を作るための5つの原則と水分管理をどのように行うか)#2

昨日の続きですが最初の原則から改めて記載しておきます。 今日は健康な土壌を作るための5つの原則についてです。 最初の原則:Protect the soil surface 土壌表面を保護する。 これを「土の鎧」と呼ぶ人もいます。 これには、次のような多くの利点を土地に提供する被覆作物とマルチの使用が含まれます。 ・風と水の浸食は抑制されます。風や水が土壌表面を横切って移動するときに、作物を覆い、マルチが土壌を保護します。これにより、土壌が所定の位置に保持され、土壌に有

スキ
2

水と土壌の関係(健康な土壌を作るための5つの原則と水分管理をどのように行うか)

今日から健康な土壌を作るうえで大事な5つのポイントと水分管理について書かれた記事を紹介したいと思います。 はじめに 世界的な気候変動の影響により、水はより少なく、より高価になっています。減少する資源の適切な供給と効率的な使用を確実にするために、重要な適応が必要になるでしょう。水供給の減少は農業に影響を及ぼし、土地の生産性から、水利用効率に焦点を変える必要があります。水利用効率を高める必要性は、気温の急激な変動、降水パターン、干ばつ、熱波、暴風雨、洪水、山火事、害虫の発生を

スキ
10

被覆作物(カバークロップ)で土壌改善する方法 #2

昨日の続きです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー バイオドリルは、カバークロップの働きを使用して、圧縮された下層土に「ドリル」するときに発生します。 たとえば、アブラナ科やダイコンを被覆作物として育て、槍の形をした根が圧縮された下層土に深く突き刺さる場合があります。 深く根付いた被覆植物が下層土に浸透して枯死した場合にもバイオドリル作用が起こります。 次に、次に栽培される作物は、前回の被覆作物が作った根っこの後にまた根っこを作る可能性があります。 メリー

スキ
3

アメリカの自由な有機農家  Bee Grateful Farm

以前紹介した記事を一つにまとめました。この農家さんは移動手段が格好いいですね。 Bee Grateful Farm は、2 エーカーの小規模集約型農場です。私たちはコロラド州スティームボート スプリングスにいます。 CSA のメンバーには309人います。スティームボート内のいくつかのレストランにもサービスを提供しています。 栄養多く含んだ野菜を栽培することは、私たちが大切にしている1 つです。それは、生命を創造し、土壌の中で生命を維持するのを助けることです。 そして、私

スキ
5

ニューヨークのカットフラワーファーマー  Little Farmhouse Flowers

雨がふったりやんだりとなかなか仕事がはかどらない一日でした。 今日は以前紹介したニューヨークの花農家さんの記事を一つにまとめました。 こんにちは、ニューヨーク州ジェイのリトルファームハウスフラワーズのリンダです。 ニューヨーク州北部のアディロンダック公園で、約2.5エーカーの花スぺシェルカットフラワーを栽培しています。花を育てることへの私の興味と愛情は、おそらく私の両親と祖母から受け継いだのだと思います。私の祖母は花が大好きで、いつも彼女の家で花の周りにいたことを覚えてい

スキ
1

冬の農作業のヒントとオススメの野菜について #4

香りの良い冬の根菜類 根菜類を栽培して貯蔵する場合でも、その多くを収穫したての冬作物として扱うことができます。凍結が最小限の地域では、根菜類のほとんどを地面に残し、必要に応じてそれらを掘り起こすことができます。じゃがいもはさておき、これは中程度の凍結にも当てはまります。 (冬の間、庭に作物を保管する方法の詳細については、屋外での根菜類の貯蔵方法を参照してください。) 人参 バーモント州では、雪に覆われたニンジンが生き残るのを見てきましたが、それに頼るべきではありません。メ

冬の農作業のヒントとオススメの野菜について #3

冬にお勧めの野菜 冬に栽培する作物と品種を選択するときは、もちろん耐寒性を求めますが、植物の成長サイクルとスケジュールも影響を与えるはずです。たとえば、ほうれん草は丈夫な一年生植物です。つまり、秋に発芽し晩秋と冬に成長し、春に種を残します。絶えず新しい葉を出しているので、冬の間ずっと摘むことができます。一方、耐寒性の芽キャベツとブロッコリーは、特定の時点で生産を停止します(ただし、それらの葉は見逃してはならないおいしいボーナスです)。ここに試してみるのに最適な緑豊かな冬の作

スキ
4

冬の農作業のヒントとオススメの野菜について #2

サブソイラー、耕運、播種忙しい毎日です。 年内にできるだ秋すきしたいと思います。 では昨日の続きです。 気候冬は気候に応じて異なる作物を育てるべきなのというと必ずしもそうではありません。南部の州での冬は常にさまざまな作物にとって良い季節です。米国の北部では、冬の保温資材を使用して栽培可能時期を広げると、冬に適していない作物を育てることができます。これは、トンネルマルチや簡単な温室、クイックフープシステム、また不織布などの保温資材を使えば可能になります。これらの資材はすべ

スキ
3