「粥占」第1弾速報~2022年の日本はどうなるか?
見出し画像

「粥占」第1弾速報~2022年の日本はどうなるか?

■はじめに

毎年恒例の各地の神社で行われる「粥占」(かゆうら)。
穀類で粥を炊き、煮え具合で農作物の吉凶を占う神事だが、その年にどういうことが起きるかという世相を占う神社も多い。

早いところでは新春の1月7日、最も多くの神社では、1月14日~15日に行われる。
また、九州では3月中旬に行うところが多い。
今回は第1弾ということで、主に九州以外の各地の粥占の結果を紹介する。

なぜこのnoteマガジンで粥占か?
それは、口述するように、大地震や火山噴火などの大災害が粥占で予言されることが非常に多いためだ。

■諏訪大社の「筒粥神事」

粥占で最も良く知られているのが、長野県の諏訪大社・春宮で毎年1/14夜~15に行われる「筒粥神事」だ。
2011年には五分満点中三分五厘の結果となったが、これは「三行半」(みくだりはん)を意味する凶兆と解釈される。

本来は江戸時代に、夫が妻へ出す(または逆)離縁状を意味し、「三行半を突きつける」は離婚を言い渡す意味だった。
だが現在では、会社に愛想を尽かして退職する時などに「会社に三行半をつきつけてやった!」と使うこともある。

その2011年の時には、2ヵ月後に東日本大震災が起きて、地震と津波で死者・行方不明者約2万2000人という未曽有の大災害となった。

====無料購読エリアここまで====

この続きをみるには

この続き: 2,655文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
他の科学者などの人々があまり着目しない観点も含めて、様々な要素を参考にして、地震予測の精度を上げています。このマガジンでは特に、短期的前兆などに着目して予測します。なるべく初心者にもわかりやすい表現を用います。また質問も受け付けます。

TVや週刊誌でもお馴染みの地震前兆研究家・百瀬直也が、黒潮の流路や気象現象など様々な要素を駆使して、首都直下地震・南海トラフ巨大地震などの…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー

よろしければサポートをお願いします。家族を養う職業ライター・ブロガー・研究者なので、助かります。

スキありがとうございます。noteデビュー間もないですが、頑張ります。
百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー
地震前兆研究家、超常現象研究家、ノンフィクションライター、ブロガー。書籍『予言!天変地異』・雑誌『月刊ムー』・Web『TOCANA』など執筆。『探求三昧』等ブロガー暦17年。テレビや週刊誌でも紹介される。地震予知・予測・予言・スピリチュアル・健康関連のノートを公開中。妻はタイ人。