見出し画像

フィンランドデザインの真骨頂

269.ハッリ・コスキネンのブロックランプ

断線したまましばらく放置していたブロックランプを修理した。修理といっても、コードを真ん中で切ってコンセントプラグを付け替えただけの雑な仕事ではあるけれど。

画像1

このブロックランプは、いまやフィンランドを代表する世界的デザイナーであるハッリ・コスキネンの出世作。つくられたのは1996年、発表された当時ハッリはまだ大学に在籍中だった。

四角いガラスの塊に電球をそのまま閉じ込めてしまうという、見た目にはさりげないが、それまで誰も思いつかなかった大胆な発想。いいですか、これぞまさにフィンランドデザインの真骨頂です。

リビングの床でも仕事机の上でも、玄関や、また写真のように障子のある和室でもすんなり溶け込んでしまう。それが、このデザインのなにより優れているところ。

熱を発する光源をガラスに入れたりして危なくない? と一瞬考えてしまうけれど、じっくりと時間をかけて冷却させることでヒビが入ってしまうリスクを回避しているのだそうだ。

また、職人の手によって鋳造されたガラスにはところどころ気泡や歪みが見られるが、それがまた自然の氷を思わせてかえって魅力的である。欠点を、むしろ強みに変えてしまうデザインの魔法。

「ぬくもり」を、冷たい氷の塊を想像させるそのフォルムから感じるという体験が、なにより新鮮な驚きをあたえてくれる。

画像2

以下、日記仕立てでお送りします。

この続きをみるには

この続き: 3,387文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場する…

または、記事単体で購入する

フィンランドデザインの真骨頂

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
8
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2020年秋に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて日本初の北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。