見出し画像

マイルールで生活を取り戻す

235.マイルール

ふたたび猛暑ですね。つい2、3日前まで秋の気配を感じていたような気がするのですが、そんな記憶も一気に薄れてしまいました。あれは夢だったのでしょうか。

ようやく、マイルールに従って、ゆっくりと以前の生活に戻しつつあります。マイルールとは、つまり現在のコロナ禍にあっての自分なりの行動基準ということです。

具体的には、

・映画館での映画鑑賞→可
・美術館での美術鑑賞→可
・換気のよい場所での外食→可
・会食→原則不可

という感じ。お分かりの通り、飛沫感染リスクの多少で判断しています。自分はともかく、身近にいる高齢の病人に不用意に感染させないというのが大原則。

このマイルールにしたがって、先週は映画館へ、きのうは美術館へ行きましたが、たとえどんなにネットが発達しても、こうしたリアルの手触りから得る充足感が色褪せるということは決してないだろうとあらためて実感しました。

街は、以前とは比べものにならないとはいえ、電車もそこそこ混んでいるしデパ地下などにも行列ができていたりして、徐々に普通の生活が戻りつつあるようにみえます。自粛疲れが限界に達したということもあるのかもしれない。

とはいえ、自粛疲れからなし崩し的に行動を緩めるというのはまだ現状では早すぎますね。第2波(第3波?)の到来が取りざたされる秋冬を控え、このあいだの春のような「なんちゃってロックダウン」は是が非でも回避しなければならない、そのために自重は必要だと思います。

だからと言って、他人の行動にいちいち同調圧力で文句をつけるのも間違っている。ひとはそれぞれ生きているステージがちがうということを理解すべきでしょう。

それゆえ、それぞれが自分の生活事情にあわせた「マイルール」を設定し、それに従って当面は行動するのがベターだと思うわけです。そして、こうして決められたマイルールはある意味絶対的なものであり、尊重される必要があります。

どうやら長丁場となりそうなこのコロナ禍をすこやかに乗り切るために、いま必要とされるのはこうした主体的な意志にもどづく行動規範なのだと思われます。まあ、じつは日本人がもっとも苦手とすることなのですけどね。

この続きをみるには

この続き: 1,824文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場する…

または、記事単体で購入する

マイルールで生活を取り戻す

岩間 洋介/「Moi」代表

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
13
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。