見出し画像

今週の日記|「部屋」をつくる理由

4月1日 エイプリルフール

ウソみたいな話ですが、Clubhouseにこんな「ルーム」を立ち上げました。

画像1

この一年あまり、モノを売るにしてもイベントにしても「オンライン」なしでは考えられない、そんな状況が続いています。そして、まだしばらくはそんな状況が続きそうです。

オンラインのおかげで、モノを買ったりイベントに参加したりするハードルは、たしかに、かなり下がりました。それは事実でしょう。

しかしそれにつれて、こんな思いをあらためて噛み締めずにはいられません。同じモノを買うならこのお店で買いたいとか、この人のイベントならスケジュールを繰り合わせてでも参加したいという強い動機は、けっきょくそれをやっている人の顔や声が思い浮かぶことから、つまり「人となり」に心惹かれることからしか生まれえないのだな、と。

オンラインが当たり前になればなるほど、おそらく、これからは「顔が見えること」が重要になってくるにちがいありません。オンラインの向こうにいる人の「体温」をいかに伝えるか、なによりそれが大事になってゆくでしょう。

そこで、ひとつの時間を「声」をとおして共有することのできる、目をつむればあたかもいま同じテーブルをいっしょに囲んでいるように感じられるClubhouseの特長にぼくらも賭けてみることにしました。

今回立ち上げた「ルーム」は、Moiから僕とハラダにくわえ、たまたまそんな会話をかわす場に居合わせたみほこさんと「ゆおっぽらっり」のユカさんが共同ホストとして参加してくださることになりました。情報を発信することよりも、まずなによりもみんなで大きなテーブルをいっしょに囲むことに意味をみいだす、そんな「ルーム」でありたいと願っています。

時間は、冗談みたいな話ですが、日曜の朝8時です。起きられるでしょうか? 

休日の朝ごはんを食べながら、めざましがわりのコーヒーを淹れながら、あるいはお出かけの準備をしたり、もしかしたら布団にもぐりながらねぼけまなこで、日曜の朝のひとときをご一緒できたらうれしいです。

残念ながら、いまのところClubhouseはiPhoneアプリのみ利用可となっていますが、フィンランドに興味があって、なおかつ参加できるという方はぜひ冷やかし半分遊びにいらして下さい。お待ちしています。

まあ、その前に、起きられるでしょうか……

画像5

この続きをみるには

この続き: 933文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場する…

または、記事単体で購入する

今週の日記|「部屋」をつくる理由

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岩間 洋介|moicafe.com

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
20
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2021年春に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。