見出し画像

モバイルゲーム開発者が注目すべき新たなチャンス:第15回目AppsFlyerパフォーマンスインデックスの分析

Mintegral

モバイル広告業界およびモバイルアプリ開発者にとって、2022年は浮き沈みの激しい一年となりました。Appleが発表したプライバシーポリシーのアップデートや、世界的な景気後退およびパンデミックがマイナス要因として考えられます。このような状況下、海外市場で持続的な成果を得るには、業界の変化や各プラットフォームのイテレーションによるメリットを迅速かつ正確に把握することが唯一のカギとなります。10月12日、AppsFlyerが第15回目のパフォーマンスインデックスを正式発表しました。内容は、AppsFlyerが監視測定する500のメディアチャネルに存在する19,000のモバイルアプリにインストールされたアプリ270億種以上のアクティビティ総量データをもとに、2022年1月~7月のAndroidおよび承認ATTのiOSユーザーデータをまとめたものです。
モバイルゲーム開発者にとって今後の機会創出に繋がるよう、本稿では、レポートに反映されているAndroidとiOS両端のトラフィック量の変化およびカテゴリー別、市場別の有力広告プラットフォームを整理します。

ゲームのリテンションインデックス

今年の上半期、広告主数および売上高の半分以上をゲームが占め、数多くの新規ゲーム開発者が海外市場に参入しました。ゲーム開発者は、モバイル広告の投資予算が最も大きい存在となる現状、どのプラットフォームがより開発者のニーズに対応できるかが今後の論点となります。

徐々に安定化するiOS市場に:ミッド・ハードコーアゲーム+カジュアルゲームトップのMintegral


iOSのカテゴリー別リテンションインデックスと同様に、iOSのゲームトラックリテンションインデックスで高い数字を維持しているのはAppLovin、Mintegral、ironSourceで、中でもMintegralの上昇が最も著しく、実力チャートでは1ランクアップして第3位、規模チャートでは3ランクアップして第3位を獲得しました。
iOSの細分化カテゴリーのゲームリテンションインデックスでは、Mintegralは長期的に積み上げてきたハイパーカジュアルゲームカテゴリーにおいて優勢で、ハイパーカジュアルゲームの規模では第3位を獲得しました。また、ミッドコーアゲームとカジュアルゲームに関して、Mintegralは他プラットフォームよりも明らかに優位性を持ち、2つの副区分カテゴリーのゲームトラックにおいては実力と規模ともに第2位に位置しており、「質」と「量」の両面で良好な実績を残しています。さらに、ユーザーが品質を最も重要視するハードコーアゲームに関しても、実力チャート第2位、規模においてはASAとMeta Adsに次ぎ、第3位を確保しています。

Android市場に引き続き注目すべき、Mintegralは好調に発展


Androidのゲームチャート解説をする前に、言及すべきなのは今年上半期のAndroid市場の予算減少がiOSとほぼ同様だったこと、それに加えAndroidでは2大トッププラットフォーム市場が大幅に減少していることです。他プラットフォームの台頭により、トラフィック量は大きく変化しました。以前に比べて、配信時により高い柔軟性と操作性を備えています。また、Tenjinが最近発表した「Q2世界モバイル広告売上チャネルランキング」によると、4~6月期の広告収入総額では、AndroidがiOSを8%上回りました。「Q3カジュアルゲームモバイルマーケティングに関する新しい洞察」によると、広告費の割合でもAndroid(57%)がiOS(43%)を上回りました。
総合的に判断すると、上半期Androidの予算は減少したものの、7~9月期から徐々に回復し、広告売上で好調を記録したことから、現在のAndroid市場は開発者にとって、依然として注目する価値が高いと言えます。

Androidのゲームリテンションチャートでは、MintegralはiOS端と同等またはそれ以上のパフォーマンスを発揮しています。Androidのゲームリテンション実力チャートでは1位ランクアップして第3位、規模チャートでは3ランクアップして第2位を獲得し、Google Adsに次いで、Androidゲームランキングで最も好調なプラットフォームとなりました。MintegralのAndroidのゲームトラックにおける成長は、TikTok For Business、Unity Ads とMeta Adsから撤退した多くのカジュアルゲームのトラフィックが振り分けられたことが主な理由だと考えられます。
Mintegralはミッド・ハードコーアゲーム、カジュアルゲーム、ハイパーカジュアルゲームにおいて、基本的にAndroidゲームのトップ3に位置しており、特にミッド・ハードコーアゲーム開発者にとって富裕層ユーザーを確保する能力が極めて優れ、長期成長の可能性が期待できます。横並びで比較すると、MintegralはAndroidのミッド・ハードコーアゲームおよびカジュアルゲームの最も期待できるプラットフォームであることが分かります。上半期の激動を経て、開発者の予算が再分配されたAndroid市場では、昨年下半期に比べて競争力は明らかに落ちています。このタイミングで参入すれば、次の上昇期が来る前に勢いに乗れる可能性が高いというわけです

レッドオーシャンに留まりつつ、新たな市場を開拓

逆境にもかかわらず、ゲーム開発者がモバイル広告に可能な限り予算をかけようとするのは、モバイル化およびグローバル化したことで、ゲーム市場の競争が激化していることが関係しています。このような状況下で、開発者はレッドオーシャンに注意しつつ、新たな市場にも目を向けるべきです。
今回のレポートの各カテゴリーチャートは、11の国と地域を対象としています。まずレッドオーシャンである北米市場と西欧市場に注目すると、両市場の実績から、MintegralがAndroidおよびiOSの両方で突出した実力を発揮していることが分かります。次にアフリカ、中東、中南米、東南アジア、インドやインドネシアなどの新興国市場に注目してみましょう。統計分析によると、Google、Meta Ads、ASAを除けば、各カテゴリーチャートの上位を占めるのはMintegral、Unity Ads、AppLovinおよびironSourceで、中でもMintegralはトップ3に位置する頻度が最も高いことが分かります。つまり、Mintegralは新興国市場の重要性をいち早く認識し、積極的に展開を進めているのです。現在、新興国市場で最も注目されているMintegralから見て、Androidの優勢市場はアフリカ、中南米、インドとインドネシア、東南アジアに集中しており、トップ3に位置するカテゴリーは互角で、ライト、ミッド、ハードコーアの割合もほぼ同等です。iOSの優勢市場は中南米と中東に集中しており、それぞれの地区のミッドコーアゲームの実力チャートが第1位、カジュアルゲームの実力チャートが第2位、ハイパーカジュアルゲームの実力チャートが第3位となっています。安定した優勢市場を持つミッド・ハードコーアゲームの開発者は、広告プラットフォームの力を借りれば、新規市場を開拓し、更なる成長を築き上げることができるのです。

まとめ

モバイルマーケティング業界は、激動の上半期を乗り越えたものの、全体的にはまだやや下降傾向にあるため、この先もさらに多くの課題が待ち受けていることでしょう。広告戦略がより複雑化する中、モバイル広告の最適化には、より高度な配信戦略およびツールとしてのプラットフォームが必要になってきます。AppsFlyer第15回目のパフォーマンスインデックスを総合的に分析した結果、GoogleとMetaの市場シェアは低下したものの、Androidにとって依然として最もコアなチャネルとして存在し続けるため、これまで同様に注目していく必要があります。また、Mintegralは今年最も成長が著しく、注目すべきプラットフォームの1つであると考えられます。単一の配信戦略ではなく、特定の配信過程で、トップとミドルの強力なチャネルを効果的に組合せ、最適化することが、この逆境を乗り越える手立てとなるでしょう。

Mintegralについて

Mintegralは世界中のモバイル広告主やパブリッシャーに向けて、ユーザー獲得、マネタイズ、クリエイティブのソリューションを提供するモバイル広告プラットフォームです。Mintegralは、SSP、DSP、DMP、アドエクスチェンジ、広告主セルフサービスプラットフォーム、クリエイティブ自動化プラットフォームなどの革新的な製品を通じて、グローバルな成長へ貢献しています。(https://www.mintegral.com/jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!