新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

15年くらい前に思いを馳せて

峰雪mineyuki

憂鬱sam

タイトル:「憂鬱」
セーラー服に尻尾のリボンが愛らしい黒いオオカミ達。
トノサマガエルのオタマジャクシ、カナブンの幼虫、タヌキの第一頸椎、白紙の本。
5月特有の麗かさと憂鬱を表現しています。

2020.10.30(金)~11.1(日)に地元・広島で今年も個展を開催します。
そのメインテーマにこの絵を選んだ経緯を記念としてnoteに書いてみました。

15年くらい前に思いを馳せて

毎日セーラー服に袖を通していた少女だった頃の記憶は、私にとってとても苦しく重いもので、その頃の事を中々表現に出せるものではなかったのですが30歳になる区切りとして思い切って制作した一枚です。

学校生活というものの性質・喧騒についぞ馴染めず、沢山の傷を抱えた少女でした。
学校の図書館の豊かな蔵書と古い木造校舎の香りをよすがに、なんとか呼吸をしていた日々でした。

そういった記憶を糧にしたものが、このような姿になった事は私にとっては意味深い出来事となりました。

制作中は当時の記憶に触れて苦しかったとはいえ、制作の動機のわりにある種の清々しさというかポジティブな気持ちで描いた絵です。

この絵を見た方が楽しんで見てくれたり、描かれた経緯に関係なく、その人だけの感想を持ってくれればいいなと思っています。

上にも書きましたが、今年30歳になる年でして、11/2が誕生日なので節目としてこの日に近い日程で個展が出来たらいいなと思っていたので開催できる運びとなり大変嬉しく思っています。

10代の頃は自分のような性質の人間が30歳まで生き延びられると思っていなかった。
しかも絵を仕事にしてるなんて絶対信じないだろうなあ。
そんなある種の驚異も込めて、30歳を目前にして3回目の個展のメインテーマにこの絵を据えたのでした。

この絵は「同じ絵をモノクロとカラーでそれぞれ雰囲気を変えて制作する」というテーマで仕上げた、新作カレンダーの絵のうちの5,6月の絵のカラー版です。
カレンダー等に使用しているモノクロ版とも是非比較して見てみてくださいね(minneCreemaでもお求めいただけます)

画像1


個展、コロナ禍の中ではありますが、お近くを通られる際は是非遊びにいらしてください。

峰雪mineyuki個展「made blue展3」
・日時
2020.10.30(金)~11.1(日)
12:00~17:00
・場所
木村兄弟雑貨店(広島県広島市中区東千田町2-13-18)

開催についての詳細→https://mineyuki.blue/blog-soloexhibition-2020/

sam-2020個展DM-omote

sam-2020個展DM-ura



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
峰雪mineyuki

サポートいただけると峰雪mineyukiのモチベが上がります。いただいたサポートは、新しい作品を制作したり、峰雪mineyukiの作品を沢山の方にお届けして楽しんでいただく為の資金にさせていただきます。いつも応援くださる皆様のお陰で今日も絵が描けます。Thank you!!