見出し画像

キャラクター「どじた」をデザインしました。

ドジっ子図鑑」に続き、ドジっ子看板のオリジナルキャラクター「どじた」をデザインいたしました。初のキャラクターデザイン!嬉しい!

どじたとは?

「どじた」は100種類以上のドジっ子看板を分析した経験を元に生まれた男の子です。

交通安全看板の中に生息し、率先して危険な目に合うドジっ子。どこでもあらゆるドジをしてしまうドジっ子は、僕たちを注意を促し、事故から守ってくれます。そんなドジっ子の代表として「どじた」を作りました。どじたはあらゆる注意を促し、僕たちを危険から守ってくれる守り神。みんなの守護神キャラクターです。
( https://dojita.net/ より引用)

画像1

「ドジっ子図鑑」に詳しい分析は載っているのですが、黄色い帽子、白いTシャツ、青いズボン...などなど、これまで集めた看板から分析してわかった特徴を盛り込んでほしいというオーダーだったので、びっくりするくらいどこかで見たことあるような、シンプルな男の子になりました...!

実際に看板を作っていらっしゃる方のお話で「靴下がおしゃれポイント!」とのことだったので、地味〜にいつも靴下が違うところがこだわりです(笑)


どじたのプロフィール

どじたは本名ではなくあだ名!年齢は7さい。性格はドジっ子、慌てん坊、好奇心旺盛...などなど、プロフィールがわかりやすいよう正方形のプロフィールシートも作りました。

画像2


「マニアフェスタ」で初お披露目&ステッカー販売!

2020年2月8日(土)・9日(日)にアーツ千代田 3331(秋葉原駅)で開催された「マニアフェスタ Vol.4」で、どじたを初お披露目&ステッカー販売!ステッカーは全部で4種類。無料で顔だけのステッカーも配布。

画像3

かなり目立ちますが、私もパソコンに貼っています。

画像4

Twitterでも購入してくださった方々の感想を見ていてとても嬉しい気持ちになりました。

ステッカーは今のところオンライン販売のみとのこと。こちらから購入できるのでぜひ覗いてみてください〜!


「手洗い・うがい・ウイルス注意」イラスト

コロナウイルスの影響でわたしも”ほぼ在宅ワーク”から”完全在宅ワーク”に切り替えたのですが、何かお役に立てれば...と、予防に効果があると言われている「手洗い&うがいをしよう」イラストを作成しました。

横長verはA4にそのまま印刷すればぴったりおさまるサイズになっています。お子さんがいるご家庭はもちろん、お店や公共施設など、注意喚起が必要な場所にぜひ貼っていただくなどご活用いただけると嬉しいです。


キャラクターデザインをしてみて

自分のオリジナルキャラクター(カパロンくん)はおいておいて、初めてのキャラクターデザイン。「キャラクターデザインってどうやってするんだ...?」と、本を買ったり調べるところからスタートしました。

中でも参考になったのは、Suicaのペンギンやチーバくん、カクカク・シカジカ、「このミス」のニャームズなど、長く愛される生き物イラストを生み出している坂崎千春さんの著書。特に「いきものとイラスト - キャラクターデザインから本づくりまで。」です!

キャラクターデザインに興味がある方にはとってもオススメです。今まで制作したキャラクターなどの紹介から、キャラクターデザインにおいて大切なポイント、考え方、そして線の処理などの仕上げ方まで教えてくださっているので、勉強になることが多いはず。何よりイラストが可愛くて癒されます...。

もともと絵を描くことが好きだったので、手描きでキャラクターを生み出すのはプロセス含めてとても楽しかったです。いのちを吹き込んでいく作業のようで。

今後もどじたグッズなど色々と作っていきたいなと思っているので楽しみにしていてください〜!「こんなのがほしい!」というものがあれば、ぜひぜひ教えてくださいね◎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
江川 南

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。 スキを押していただいたり、Twitterで感想をいただけると、とってもうれしいです。

うれしいです♡
7
札幌を拠点に活動しているフリーランスデザイナー&コーディネーター。RESUPPORT 代表。「地元の文化を守る。生み出す。」をコンセプトに中小・ベンチャー企業のブランディングなど/食べること、音楽、ファッション、映画、本、建築/DAOKOさんと大森靖子さんが好き