新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

高架下の老舗の閉店


線路高架下には様々な居酒屋や名店があり、人気のスポットとなっている。
その中でも有楽町周辺の高架下は有名だろう。


画像1

こちらは有楽町駅から徒歩5分ほどの高架下「有楽町産直横丁」。中には居酒屋が所狭しと並んでいる。

ここら一体は大企業のサラリーマンが丸の内OLをナンパする場所として有名なスポットらしいが、さすがに昼頃であったし何よりも今の状況ではそんなに人もおらず…

高架下はまだ続く。

画像2

画像3

有楽町産直横丁の道路を挟んだ反対側。
先ほどまでの居酒屋の雰囲気が大変身。白と黒を基調としたオシャレな空間だ。
通りには、居酒屋だけでなく新潟のアンテナショップや、革専門ショップ、蜂蜜専門店、さらには高級寿司店や高級そうめん(?)なんかもあって色々と楽しめる。

もう少し進むと見えてくるのが、裏コリドー街。

画像4

裏とだけあって、先ほどの通りよりも強いディープ感が漂ってくる。ただ、中に入って見ると思ったよりもにキレイで新規入店の店もあった。個人的には2階にオープン予定の銭湯らしき店舗があり、どんなものなのかに期待している。


さて、有楽町の高架下の話をするならば、外せない店がある。
それは「鳥藤」だ。


有楽町から東京駅方面の高架下にある老舗中の老舗居酒屋で、女将が出してくれる食事の締めに「ミルクワンタン」が出てくる店として有名である。

ただ、残念なことに鳥藤は4月23日多くの人に惜しまれながら閉店となった。

画像5

鳥藤。暖簾にはミルクワンタンの文字がかすれている。暖簾と店構えで歴史のある店だと一目でわかる。

画像6

最終日の4月23日には多くの常連客がお店に訪れた。
この盛況でどれだけの人に愛されたお店なのかが伝わってくる。最後まで笑顔の絶える事のないステキなお店だった。



今現在、居酒屋をはじめとした様々な店舗はコロナ禍で大変な危機を迎えている。閉店する店舗にはコロナが直接の原因じゃない店舗もあるだろう。だが、コロナで逆風吹き荒れるなか店舗経営が大変な人もいるはずだ。
現状のままだとこうした昭和の灯りが東京から消えてしまうのではないだろうか。

取り返しのつかない事態になる前に政府にはしっかりとした対策を打ってもらいたい。
当たり前だが「コロナ対策で大量にお金使ったので、税金あげます!」は、もちろんナシの方向でお願いしたい。

画像7

画像8


---------------------------------------------------------------------------

累計100万部突破!あなたの街もきっとある!北海道から鹿児島まで、全国各地のあんな問題やこんな問題を一刀両断!地元民も知らない新たな街の一面も!

大人気地域批評シリーズ!のホームページはこちら ↓

これでいいのか!?地域批評シリーズ
データ分析&徹底取材によって地域の真実の姿や本当の魅力を明らかにする「面白くてためになる」地域分析本。




この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご丁寧にありがとうございます!これからも宜しくお願い致します。
地域本!チイキマニアクス【マイクロマガジン社第一編集部】
累計100万部突破の地域批評シリーズ『これでいいのか〇〇』の情報や作成の裏側をお届け! 熱意ある面白くかっこいい本の新規企画も続々構想中です!