現代語訳「玉水物語」(その三)

 こうして月日が過ぎ、八月になった。
 秋の訪れを告げる初鴈《はつかり》の鳴き声が身に染みる心地がして、玉水は寂しさが込み上げるのを感じていた。
 養母からはいつも便りが届き、実の親よりも愛されていた。普段着と一緒に美しく感じのいい衣装が送られてきたが、手紙には恨み言がしたためられていた。
「どうして、たまには我が家に帰って、わたしたちを慰めてくれないのですか。あなたのことが心配で、いつも夜に寝覚《ねざ》めてしまいます。わたしたちは生みの親ではないので、あなたは疎遠なままでいても平気なのでしょう」
 玉水は手紙の返事を書いて送った。
「わたしもお母さまやお父さまのことが心配で、お二人のことを思わない朝はありません。本当の親ではないとおっしゃるのは、ひどくつらいとことです」
 養母は受け取った手紙を読んで、「あの子の言い分は確かにもっともだ」と涙を流した。
(続く)

【 原文 】 http://www.j-texts.com/chusei/tama.html


※Amazonで現代語訳版「とりかへばや物語」を発売中です。

7
古語⇔現代語。「水谷悠歩」の筆名で古典の現代語訳やオリジナル小説を書いています。 https://www.amazon.co.jp/~/e/B07BKYX47V/