花嫁のためのブーケ。
見出し画像

花嫁のためのブーケ。

ミツトリヒトギのヤナギモト

ブーケ・ド・マリエと呼ばれる、花束。
自然の情景をすべて包み込んだような、
大地のエネルギーを感じる、あたたかいブーケ。

素敵!という感動と、
どうなっているの?というびっくりと。
花嫁の未来のしあわせを願いながら束ねていく。

アネモネとスイートピーのブーケ・ド・マリエ。

昔から、わかりやすく可愛らしいものがとても苦手で
ピンクや黄色のフリフリしている可愛らしいものを喜べない、
とても扱いづらい子どもだったなという自覚はある。
好きなものを伝えきれないもどかしさを、ずっと抱えていた。

自分の結婚式でも、
緑ゆたかな葉や枝を束ねた大ぶりのブーケを持ちたくて
色々な写真と共に伝えていたつもりだったけれど、
当日私を迎えてくれたのは、
お花をふんだんに使った如何にも結婚式風のブーケで
目にしたときに、少なからずがっかりしたのを覚えている。

だからこそ、
「好きな世界観」を目にした今、
自分の手で表現できることを目指そうとしているのだと思う。

#ヒトギの庭であそぼう
#ミツトリヒトギと花仕事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ、ありがとうございます!!好き!
ミツトリヒトギのヤナギモト
アートディレクター柳本真穂とデザイナー田部井眞子の2人からなるデザインユニット、「ミツトリヒトギ」。 「育ちゆくもの」をテーマに、今にも動き出しそうな生命力を感じるデザインを生み出しています。そんなふたりのことや、感じたこと想っていることなどを呟き貯めていく場所。