見出し画像

【2月中キャンペーンあり】Hubbleとクラウドサイン連携で契約書業務がかなり便利になります!

こんにちは。クラウドサインの三科です。今日のお知らせは、以前にプレスリリースもさせていただいていたHubbleさんとの連携。

Hubbleとは?

Hubbleは、ワードで修正した契約書のバージョンを管理できて、かつ、複数人で同時に編集することも可能なツールです。

アライアンスの仕事をしているので、契約書の法務相談や先方との交渉をすることが多いのですが、メール添付してやりとりするのは結構面倒...。どのバージョンが最新だったのか毎度確認する辛さを味わっております。

Hubbleだと、使い慣れたワードのUIで編集して誰がいつ更新したかわかるので、今までの苦労が嘘のよう。

実際、今回のプレスリリースもHubbleさんと当社で共同編集して進めました。法務ドキュメントに特化したサービスではあるものの、プレスリリース管理でもかなり使えそう!

Hubble連携で何ができるの?

Hubbleで契約書を作成・チェックした後にクラウドサインで締結するのが、とてもシンプルな操作で実現できます。

完成した契約書のバージョンをクラウドサインにアップロード。
いつものクラウドサインの送信画面に遷移するので、いつも通り送信可能です。

2月中限定の3ヶ月無料&利用料半額キャンペーンもやっているので詳しくは資料請求をしてくださいね!詳しい情報をお届けするウェビナーも開催。

Hubbleさん、そしてクラウドサインのマーケティング・CS・営業・アライアンスチームの皆様、ご協力をありがとうございます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
弁護士ドットコム株式会社クラウドサインのアライアンスPM。 新卒でトレンダーズ株式会社に入社し、企業のSNSマーケや調査、NHKラジオでのトレンド情報発信、WEBメディア編集長などを経験。 趣味はコーチング(10年)、オールラウンド部(毎月新しい事にチャレンジする部活)。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。