見出し画像

忘れていいよ。

娘のパンツデビューと祖母のオムツデビューは同じ頃だった。

画像1


娘が歩くようになった頃、祖母がアルツハイマー病になった。

娘がよく話すようになった頃、祖母は施設に引越しした。



画像2


私は、東京都の下町に生まれ育った。

集合住宅の4階に私たち、7階に祖母が住んでいた。


画像3

画像4


我が家は父子家庭だったので、毎日の夕飯の支度や日々の細々としたことは、祖母が世話をしてくれた。

私にとって祖母は、母親的存在であった。

私が娘を出産した時も、真先に病院に駆けつけてくれた。




そんな祖母がアルツハイマー病と診断された。


画像5

画像6



症状は進み、やがて施設に入居した。

私は、娘を連れて、祖母の住む施設に通った。

心のどこかで、「私のことは忘れないかも。」なんて淡い期待を抱いていたが、
あっさり忘れた。

会うたびに「あんた誰?」と聞かれるようになった。


画像7


祖母と娘は仲が良く、まるで歳の近い友達のように見えた。


画像8



祖母が娘の世話をしようとしたかと思えば、娘が祖母を守っているような時もあり、いいコンビだった。

画像9

画像10




娘が3歳になる少し前、祖母と娘と三人で桜を見に行った。

私も、きっと二人もすごく楽しくて、たくさん笑った。


画像11


後日、その話をしたら、祖母はもちろんだが、娘もそのことを忘れていた。

娘はまだ、もの心がついていないのだ。



甘いものが大好きな、88歳と3歳、二人の女の子。

画像12


一人は、みるみる記憶がなくなる。
一人は、もの心がついていない。


忘れる二人。


画像13

画像14


二人が過ごしたこの時間は、どこに残るのだろう。

私だけが知っている時間。


画像15



祖母は、徐々に、出来ないことが増えていく。
娘は、すくすく成長して、出来ることが増えていく。

別の方向へ向かう2本の曲線が、交わっているこの瞬間のこと。


画像16


祖母は、忘れてしまう。
娘も、覚えてはいないだろう。

「でも、大丈夫。忘れていいよ。私と写真が覚えておくから。」
そんな言葉をかけて、シャッターを切っている。


画像17


画像18



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるととても励みになります。いただいたサポートは、記事を書くための軍資金にさせていただきます。

また遊びに来てくださいね。
54
写真家やどかりみさお/アマヤドリ代表 若者のための家、ステップハウスを三浦半島につくりたい。ポートレートを愛してる。 ■やどかりみさおポートフォリオ https://www.yadokarimisao.com ■質問相談 https://t.co/mEPLAL0Oys?amp=1

こちらでもピックアップされています

写真作品
写真作品
  • 3本
コメント (3)
やどかりさん、こんばんは。はじめまして。
お写真拝見して、じーんとしてしまいました。
僕の祖母もアルツハイマー病でした。
僕は初孫で一番かわいがってもらっていて、だけど中学生の時に「このおじさんだれ?」と言われた。僕がまだ子供だったから、そのコトバを受け入れられなくて、その時祖母にひどいことを言っちゃった。後悔しています。思い出させてくれて、ありがとうございました。
かとしんさん、はじめまして。
読んでくださり、そしてコメントをくださりありがとうございます。

かとしんさんのおばあさまも同じ病だったのですね。
偶然ですが、私も初孫でとてもかわいがってもらっていました。
ですので、「だれ?」という言葉の衝撃というか、自分にとってのショックの重さは今でもリアルに思い出します。
かとしんさんのコメントを読んで心がぎゅっとなりました。
愛してもらった大切な人だったから、ショックも大きかったですよね。
一緒におばあちゃんにありがとうを伝えたいですね。
やどかりさん、こんばんは。
お返事ありがとうございます。
やどかりさんの仰る通りで辛かった。けどひどいことを言ってしまったことも心が痛かった。今回改めてありがとうを伝えることで、綺麗事かもしれないけれど区切りをつけられそうです。ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。