見出し画像

「僕は賢い人間じゃない。でも、愛が何かは知ってるよ。」

不自由なことは増えたけれど、最近の方がゆたかさを感じるのはなぜだろうか。

今日は雨が降ったり止んだりしている。

どうせ外出自粛だし、子どもたちもスヤスヤ寝ているし、急ぐ用事は何もない。
寝ている赤ん坊の隣に、私もごろんと転がった。

額をかすめるひんやりとした風が、気持ちいい。
お腹がいっぱいで、かすかに眠たい。
赤ん坊の頭から、お日様のような匂いがする。

心地よさに包まれた午後。

なんてゆたかな時間だろうか。
私にとっての、ゆたかさ。




『フォレスト・ガンプ』
私の大好きな映画。

主人公のガンプは、私にとっての、「ゆたかな人」だ。

ガンプは知能指数が平均より低かった。
父親がいなくて、母親と二人暮らし。
子どもの頃はいじめられ、石を投げられ、いつも走って逃げた。
青年になってからはベトナム戦争に送られ、命の危険に晒され、怪我もした。

文字だけで見ると、なんとも壮絶な人生だと感じると思う。
しかし、ガンプはへこたれないどころか、どんな時も楽しそうにすら見えた。
いつも自分への誇り、そばにいてくれる人への感謝で満ちていた。
その姿に、私はゆたかさを感じたのだ。
そして、彼と関わった人たちまでも、ゆたかになっていくように見えた。

ガンプは、お金でもなく、健康でもなく、才能でもなく、その人そのままの存在を、大切にしていた。
体、心、考え方、好きなもの、その人をつくるあらゆる全てを、そのまま。

ガンプの言葉を思い出す。

「僕は賢い人間じゃない。でも、愛が何かは知ってるよ。」

ゆたかさとは、何を持っているかではなくて、何を大切にできるかなのかもしれない。

ガンプは、いつも、目の前の人を大切にしていた。そして、愛していた。


いつの間にか雨が止んだ。
子どもたちもそろそろ目を覚ますだろう。

私は賢い人間じゃない。でも、ゆたかさが何かは知っている、気がするよ。



この記事が参加している募集

#ゆたかさって何だろう

9,822件

締切:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるととても励みになります。いただいたサポートは、記事を書くための軍資金にさせていただきます。

私もスキです!
35
保健室の先生だった写真家。二児の母。第14回名取洋之助写真賞奨励賞を受賞。質問受付中▷https://t.co/mEPLAL0Oys?amp=1やどかり保健室▷https://www.youtube.com/channel/UCP4RG8J_v453lreIXaA6bmA/

この記事が入っているマガジン

MIND
MIND
  • 22本

日々、感じていること、思っていること、これからのことを徒然と。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。