見出し画像

まずは1000人に届けたい

4/25から始まった、中高生向けオンラインキャリア支援授業「ミライドアプロジェクト」。休校の影響で十分な進路指導やキャリア教育が受けられない中でも、進路選択の時は確実に迫ってきます。社会人ボランティアによる対話型授業で、様々な職業・生き方と出会い、自分の将来を考えるきっかけの場を作っています。

もともとは、団体の授業コーディネータースタッフと、生徒との対話をする社会人ボランティアパートナーが、中学校や高校に出向いて授業を行なってきました。集まれないからオンラインでやってみよう!と言ってスタートしたミライドアプロジェントでしたが、いざスタートしてみると、全国の中高生やその親御さんから申し込みがあり、今必要としている人にきちんと届ける必要があると感じました。

そこから、月2回の実施で今期中に1000人の中高生に授業を届けることを目標として掲げました。

しかし、現在団体の運営メンバーは1名のみ。あとはボランティアスタッフによって賄われています。現在の体制では、月に1回授業実施するのがやっという状況です。体制を強化し、1000人の中高生に授業を届けるため、ご賛同くださる方からの寄付のご支援の受付を開始しました。

コロナが落ち着いて学校が始まっても、先生・子どもたちは教科カリキュラムを行うことで精一杯かもしれません。それでも、進路選択は迫ってきます。どんな選択肢があるかもわからないまま、ひとつずつ決断を迫られてきます。自分はどんな風になりたいのか、どんなことが好きで何をやってみたいのか、そんな問いかけを受ける時間はないかもしれません。

私たちは、様々な大人との出会い・対話を通じて、子どもたちが自己を見つめ、自分の将来を考えるきっかけや気づきを作りたい。「もっといろいろな選択肢があることを、誰か教えてくれたらよかったのに」。そんな風に思うことなく、自分で決めた道を描いて、時には描きなおして、これからの自分の人生を歩んでもらいたいと活動しています。

画像2

きっかけはコロナでしたが、オンラインで日本中の子どもたちと繋がれるようになった今、もっと多くの子どもたちに機会を提供したいと考えています。

1000人はスタートライン。まずは1000人の中高生と出会い、そしてサポートしてくださる方たちともっと活動の輪を広げていきたいと思います。
NPO法人アスデッサンのサポーターとしてご寄付の支援をしていただける方はこちらをご覧ください。



次回の授業は6/6(土)です。
まだまだご参加いただけますのでぜひご覧ください。
>>授業の申し込みはこちらから

運営団体について
一人ひとりが自分らしい未来を描ける社会を目指し、2011年より活動する教育系NPO法人です。多様な大人との関わりを通じて、全ての中高生の可能性を拓くことをミッションに掲げ、中学校・高校への社会人講師派遣による出張授業や、多様な大人の生き方に出会えるWebサービスの運営など、キャリア教育支援活動に取り組んでいます。

公式HP: https://www.asdessin.org
公式Twitter:https://twitter.com/NPO_Asdessin
公式Facebook:https://www.facebook.com/npoasdessin
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

当団体の活動に共感いただける方はぜひサポートをお願いいたします。いただいたサポートは、子どもたちへのキャリア学習の機会提供に大切に使わせていただきます。

スキありがとうございます!
6
日本中の大人と話そう!中高生向けオンライン授業「ミライドアプロジェクト」 休校中も、進路選択や将来について情報を得て考える機会が失われないよう、社会人との対話から未来を拓く扉を創ります。https://www.asdessin.org/miraidoor(NPO法人アスデッサン)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。