0542.わたしからあなたへの最高のプレゼント
見出し画像

0542.わたしからあなたへの最高のプレゼント


エンタメ・ファスティング2日目。え、なんのためにやっているのかって?そんなの楽しいからに決まっている。「楽しい」はわたしにとって最大の正義だ。

初日から楽しかったけど、今日も楽しかった。なにが楽しいって、スマホを手慰みにしない、まではまあうまくいくのだけれど、PCで仕事をしていてメールチェックなどをしていると、ふと受信トレイに『Does Jungkook have a nose job?』『What do you think of Blackpink's Lisa's solo "Lalisa?"』というタイトルのメールが現れて、え、ジョングク、nose job?美容整形?だの、ブラピンのリサちゃんのソロいまいちなん?だのと、まんまと釣られて開きそうになってしまうところだ。

海外のメディアでのKPOP動向が自動的に転送されてくるようにしているので、普通にGoogle翻訳片手に熟読しそうになっていて「あれ、これどう考えてもネットニュースやんけ」と気づいてやめた。
スマホはSNSさえオフにしておけばそうそう誘導はされないものの、受信トレイはナチュラルに開いてしまって、そのままぬる〜っとネットの海へと沈んでいってしまうのだった(とりあえず購読解除しておいた)。

そういう自分の、ぬる〜っとした無意識の動きに「ハッ」と目覚めるのがおもしろい。シリコンバレーの脳ハッカーたちの好きにはさせないわよ!みたいな(笑)。

あまりにもBTSを見ていないから、朝のニュースで国連スピーチの様子を見ただけで合掌して拝みそうになってしまった。


ものすごく大きく習慣を変えているわけなので、動き方もとてもダイナミックに変わる。というか、ダイナミックに地味になる。

「仕事以外なんもやることねぇ」といきなり途方に暮れた初日の真夜中に目が冴えてしまったので、いわゆる積読のまま読む機会を逸していた『朗読者』を読み始めて、夜明けとともに読了した。あんなに「読みたいなあ。でも時間ないんだよな」と思っていたのがうそみたいだ。


秋の気配のする深夜、家族が寝静まったひっそりとしたリビングで、たまにあたたかいココアを淹れたり淹れなおしたりしながら読むにふさわしい名著だった。エンタメ・ファスティング期間が終わったら映画版も観てみたい。

なんとなく、海外文学作品ってすきま時間に読みにくいし、SNSにおける言葉の世界と相性もよくないので、呼吸のようにスムーズに行ったり来たりができない。わたしはネットスラング大好きだし、子どもたちがどんどん日本語を破壊していくことも「ただそれは起こっていることだ」としか思わないけれど、海外文学作品って同じ言葉でありながらも異なる世界線のものなので、オンとオフを切り替えるように往来できるものではない。

これから来月までの一ヶ月の間、「ああ、わたしにもっと時間があればできるのに」ということが、きっといろいろできるのだろう。
なぜなら、わたしがわたしに時間を作ってあげる、という機会を提供しているからだ。わたしからわたしへの、最高のプレゼント。

時間はある。時間はいつでもある。わたしたちはきっと、ちゃんとやりたいことができて、行きたいところに行けて、会いたいひとに会えて、自分の役務を知ってまっとうできるだけの、ちょうどぴったりの”一生分”という時間を携えて生まれてきている。


だが、われわれが手にしている時間は、決して短くはない。むしろ、われわれが、たくさんの時間を浪費しているのだ。じっさい、ひとの生は十分に長い。そして、偉大な仕事をなしとげるに足る時間が、惜しみなく与えられているのである。ただし、それは、人生全体が有効に活用されるならの話だ。人生が贅沢三昧や怠惰の中に消え去り、どんな有用なことのためにも費やされなければどうなるか。ついに一生が終わり、死なねばならぬときになって、われわれは気づくことになるのだ――人生は過ぎ去ってしまうものなのに、そんなことも知らぬまに、人生が終わってしまったと。つまり、そういうことなのだよ。われわれは、短い人生を授かったのではない。われわれが、人生を短くしているのだ。われわれは、人生に不足などしていない。われわれが、人生を浪費しているのだ。


いったい、どうしてこんなことになってしまうのだろう。それは、あなたたちが、まるで永遠に生きられるかのように生きているからだ。あなたたちが、自分のもろさにいつまでも気づかないからだ。あなたたちが、どれだけたくさんの時間が過ぎてしまったかを、気にもとめないからだ。あなたたちが、まるで豊かにあふれる泉から湧いてくるかのように、時間を無駄使いしているからだ。たぶん、そんなことをしているうちに、あなたたちの最後の日となる、まさにその日がやってくるのだろう――まあその日だって、[自分のためでなく]別のだれかや、別の用事のために使われているわけだがね。あなたたちは、どんなことでも、死すべき人間のように恐れる。そのくせ、どんなことでも、不死なる神のように欲するのだ。

セネカ. 『人生の短さについて 他2篇』 



ライティング・ライフ・プロジェクト第8期生の募集は満席となりましたので締め切りました!ご関心をお寄せいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
次回、メルマガと公式ラインで募集します。


<世界観と表現>ビジネスコーチング、満席につき受付終了しました!
次回枠は近日発行予定のメルマガで、数名募集します。




ボディートーク新規枠、10月は満席となりました(リピーターの方はいつでも予約可です)。


公式ライン!9月は「エンタメ・ファスティング」月間をやってます。
ご登録してくれたら泣いて喜んで、超なついて(?)、超応援します。


だいたいサービスの受付はこちらでやってます。今はちょうど1000人くらいの規模感です。


ライティング・ライフ・プロジェクトを完結されて、ファシリテーターになりたい方向けのコースです。次回は9月頃スタートの週末コースを予定しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
さめじまみお

文章を書いて生きていくと決めました。サポートはとっても嬉しいです。皆さまに支えられています。あと、直接お礼のメッセージを送らせていただいておりますm(_ _)m

かむさはむにだ!
ライティング・ライフ・プロジェクト考案。「やりたいことをストレートにやれる身体」がモットー。執筆、ボディーワーク、ライター、コーチ業。BTS / サカナクション / 吉本ばなな / 村上春樹 / 上橋菜穂子 / 大人計画 / 菊地成孔...世界の美しさと命の躍動を愛おしむ日々。