見出し画像

mint誕生秘話④(てるまの視点)


はじめに

だいたいnoteを書くときはポエムっぽくなってしまう。もっと知的な文章が書きたい。酒無しでシラフでTwitterに仕事ポエム書ける、自虐も卑下もない、自己肯定感がMAXみたいな、ヒーローが眩しくて、勝てなくて、本当に辛い。ああなりたい。
主人公になりたい。
あわよくば、モテたい。
人生、週間少年ジャンプになりたい。


さて、唯一無二の悲観主義、ラストバッター、てるま(木暮圭佑)です。
青山テルマに似てるからテルマになったので、TLMじゃなくてもてるまです。


さて、「各々のmint設立までの過程noteを書こう!」という声から数週間。
次の日に送られてきた、とにかく仕事の早い白川のnoteドラフトを見て絶望した。もうできてるんかい。

本腰入れて書き出して14日くらい。
全く進まない。140文字以上は苦手なんだ。

白川のnote。多重債務のラッパーのTシャツ着てる金融業とは。
全部消した。しかも、全く進まない。

田島のnote。誕生日、likeを求めるんかい。プレゼント返せ。
再度消した。酒以外、全く進まない。

岡澤のnote。18時リリースって書くな。来週とかにしとけ。
テイストかぶったので、ほぼ消した。あと6時間だけど、全く進まない。


もうやけくそでしかない。きれいにまとめて書くよりも、ババっと書いちゃえばいい。金曜、緊急事態宣言もまんぼうもある中とはいえ、アルコールを入れている人もいるはず。そんな人のつまみになればいい。酒でもご飯でもない。狙うぜ、助演男優賞。


そして、ふざけすぎてもなんだから、同時に読んでくださる方への気持ちは謝辞にしたためた。
安心してほしい。こちらは酩酊のまえ、棘もない。吐き捨てた唾じゃない。きれいに包んだ、純なるのピュアなコメントだ。
正直、謝辞だけ読んでほしい。


---------------------------------------------------------------------------

(一旦CM入ります〜〜)

mintオフィスアワー、やってます。
・起業検討中の方、創業直後の起業家の方、プレシード期の資金調達を検討している起業家の方、ぜひ。


https://forms.gle/3nVaLY9Cg3i1E1pv8

---------------------------------------------------------------------------

独りは寂しい、シングルGPの悩み


“GPとして、ファンドを大きくできるのか?
大きくするために何が必要か?
そして、チャレンジをしていると言えるのか。”


GPとして成長の悩みは尽きなかった。
そもそもティーンエイジの延長からはじまったTLMは常に”我”だった。
岡澤がいても基本は1on1。
社会人経験やチームで働いたことのない俺は、今後の成長に関しての悩みがある。


そして現状を打破する、一個の策としての今回の合体だった。GPとして大きな一手をうつためにはそれしかない。

白川から提案をもらった時、同時にいい一手だなとおもう以上にかなりの恐怖はあった。
そりゃそうだ。お互い、一人でやってたものに対して二人でやっていくなんて普通にリスクが有る。
大きいところから細かいところまで全部潰していった。
今までGPとしては一人、悶々としていたところもあったので、未来を同じ視座で語るというのは、たとえノンアルでも楽しかった (酒が入ってももっと楽しかったが。)


3ヶ月。たかが、3ヶ月かもしれないけれども、しっかりと”脳から血が出るほど”考えた。
別にノリで決めた意思決定ではない。人生で一番考えた意思決定だった。

"
この存在意義をはったギャンブル
大事なもんはもった全部

"

そして無事、mintになった。
バイブスはさておき、TEENAGEの延長の俺はもういない。





と、太宰治を憑依合体させたような気持ちで、小さい脳から文章をひねり出したけど、設立までの過程に関して、そんなに書くことも無い(あと1時間くらいで時間もないwやべい)

プロセスは白川のnoteに書いてあるし、俺の悩みは同じように常に白川と同じだった。同じ悩み、同じ課題に関して取り組んでいった。というのが正しい。


シングルGPからツインGPへ。面白いことができたなと思う。
が、まだ一緒にやっただけ。まだスタートライン。
Still Day Oneということを胸に刻み、やっていこうと思う。
満身創痍だけどやめられないですね。



謝辞

アプリコットベンチャーズを応援してくださる方へ

はじめまして&こんにちは、TLM、現mintの木暮と申します。
 白川さんと一緒になるといったとき、「誰?」「こいつかよw」という意見を思った方もあるかもしれません。 知らない方にはより認知ができるよう、ネガティブな意見の方にはなるべく良い意見を持っていただけるよう、精進していきます。


mintは今までのApricotではありません、と同時に今までのTLMでもありません。二人のGP、2×2=4人のチームの今までの系譜を追ったファンドです。mintとして、2×2がもっと大きくなるようなGPに、そしてかつ、より良いキャピタリスト、木暮圭佑を魅せれるよう、僕としても頑張っていきたいとおもっています。


何卒宜しくおねがいします。



TLMを応援してくださる方へ

いつもありがとうございます。この度、TLMはApricotさんと一緒になることになりました。

と同時に、強く言いたいのは「僕はTLMと名乗らなくてもテルマであり、木暮圭佑である」ということです。もっと大きなTLMとして羽ばたくために、今回この意思決定をしました。
いつもどおりのTLM”らしさ”を残すために白川(さん)にかなりわがままを言わせていただいたところもあります。


なので、逆に今TLMを知ってくださる方があれば、mintになることによって僕個人のそのイズムやカルチャーが今後失っているようであれば、ぜひ教えて下さい。
成長するために、すべてを答えきれる、というわけではないですが、僕がより良く暴れられるようにやっていきたいと思います。


 やったるぜ。



どっちも知らない方へ

わざわざ辺鄙なnoteを見ていただいて、ありがとうございます。
ひょっとすると、リリースやnote、応援してくださる皆様のRTでこの記事を見ていただいたかもしれません。


僕らはVCという仕事していて、まだまだちいさいファンドであり、より一層チャレンジしてきます。
次回もしかしたら僕たちの名前を聞いてくださったとき、少しでも今より良いファンドになり得るようがんばります。


いつかどこかで名前を覚えていただければ幸いです。
宜しくお願い致します。


二人のことを応援してくださる方へ

こんにちは。この度、今後のTLMはApricotと一緒になってmintになりました。
基本的に皆様からポジティブなコメントとシェア、メッセージ、本当にありがとうございます。
励みになりましたし、ビビりました。もーちょい知らない人から叩かれるかなと思いました
(プレシードってワードも爆誕させちゃってすいません!)


さて、これはいろいろなところに書かせて頂いてる通り、自分で言うのもなんですが、大きなチャレンジだと思っています。ナイストライ!で終えるのか、僕らがVC業界の歴史に名前を刻むのか、腹をくくって戦わなきゃなと思ってます。

とはいえ、mintになっても白川さんは問題は無いと思いますが、私は私。今後も引き続き、いやむしろTLMのときよりも皆様に御迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、何卒宜しくおねがいします。

ガッキーと星野源くらい、暖かく二人を見守ってくれれば幸いです。
(ツイッターやらなにやら、皆さんの愛のあるコメントに返信ができてなくてすいません)




終わりに

本当にここまで読んでいただいて、ありがとうございます。
mint四者四用のnote、いかがだったでしょうか
(まだの方は全員分読んでね!シェアもしてね!)


これが今の僕たちmintです。
きっと1年後、3年後、5年後、また別の形でのもっとより良いmintを見せられると思います。
それは個々の成長もあるかもしれないし、そもそも新しい人が入っているかもしれない。まだぜんっぜんわからないんです。ミントなのに真っ白。

僕もこれからの未来にワクワクしているし、もっとワクワクできるように、もっと仕掛けていけるように、がんばります。




---------------------------------------------------------------------------
(最後にもう一回CMです)

オフィスアワー、やってます。
・起業検討中の方、創業直後の起業家の方、プレシード期の資金調達を検討している起業家の方、ぜひ。

https://forms.gle/3nVaLY9Cg3i1E1pv8

---------------------------------------------------------------------------




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
mintは、プレシード/シード期に特化した、独立系ベンチャーキャピタルです。