野阪 拓海

ライター/編集者。教育と多様性あたりが興味のある分野です。アニメ・Vtuber・コーヒ…

野阪 拓海

ライター/編集者。教育と多様性あたりが興味のある分野です。アニメ・Vtuber・コーヒー・サウナが好き。ライティングや編集の情報も発信していきます。https://twitter.com/nosaka_t

マガジン

  • 伝えられなかった言葉たち

    オブラートに包もうとしたけど、なんか突き破った

  • ライター・編集者の備忘録的な何か

    見習い編集者がライティング・編集について学んだことをアウトプットするマガジンです。同マガジン「1時間で書くブログ記事」と併せ、平日1本提供します。

  • 進捗ダメです

    進捗がダメすぎると捗るマガジンです。オチとか、学びとか、そういうのを廃して、とにかく書きたいことを書くだけ。

  • 1時間で書くブログ記事

    インプットしたことをアウトプット(整理して、発信)する習慣を身に付けるために始めたマガジンです。同マガジン「ライター・編集者の備忘録的な何か」と併せ、平日1本更新します。内容は教育、ジェンダー、多様性、ライフハックなど。

最近の記事

  • 固定された記事

Web編集者の仕事まとめ

「編集者の仕事について教えてほしい」 先日、友人からこう頼まれたとき、僕は少し困った。というのは、編集者の仕事は多岐にわたり、いくつか種類があるからだ。 ひょっとすると、ライターから上がってきた原稿を直したり、締め切りを管理したりすることが、編集者の仕事だと思っている人もいるかもしれない。もちろん、それも大事な仕事であるが、氷山の一角でしかない。 どう答えるか悩みあぐねた挙げ句、ひとまず編プロに所属するWeb編集者の仕事について答えることにした。本記事では、その内容を少

    • 「編集」と「創作」の違いがわからなかった話

      最近、お仕事で寄稿コラムの編集をする機会が増えた。 寄稿コラムの進め方は、書き手にテーマだけを伝えて自由に書いていただいたり、構成を組んで認識を擦り合わせた上で書いていただいたりとさまざま。 ただ、一般的なインタビュー記事とは大きな違いがある。それは「編集の自由度」である。 コラム記事には「余白」が少ない通常、インタビュー記事は1時間くらいの話の一部を抽出してつくられる。文字起こしでは20000字あっても、記事では4000字にまとめられていたりする。そのため、「何を切り

      • ライター・編集者、野阪拓海のポートフォリオ(随時更新)

        最終更新日:2023/06/21 有限会社ノオトのお仕事 有限会社ノオトは2019年に15周年を迎えたコンテンツメーカー(編集プロダクション)です。特にWebコンテンツの受託制作に力を注いでいます。 自社メディアとしては、品川経済新聞、#ライター交流会 などがあります。そのほか、コワーキングスペースやコワーキングスタジオ(貸し会議室・インタビュースペース)など、いろんな事業をやっています。 以下、そんな会社で僕がしている・していたお仕事です。 品川経済新聞(自社メディ

        • 仕事を受注したいライターさんのためのTwitterプロフィールの書き方

          9月にnote書く宣言をして、はやいものですでに月末。このままだと有言不実行になってしまうので、とにかく書きたいことを書いていきます。 今回のテーマは「仕事を受注したいライターさんのためのTwitterプロフィールの書き方」。編集プロダクションやオウンドメディアなどの編集者は、Twitterでライターさんを探すことがあります。 僕自身、最近よくTwitterでライターさんを探しています。その中で感じるのが、編集者に見つかりやすい or 仕事をお願いしやすいプロフィールの書

        • 固定された記事

        Web編集者の仕事まとめ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 伝えられなかった言葉たち
          野阪 拓海
        • ライター・編集者の備忘録的な何か
          野阪 拓海
        • 進捗ダメです
          野阪 拓海
        • 1時間で書くブログ記事
          野阪 拓海

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          せめて安らかな最期を

          高校からの親友が死んだらしい。 「らしい」というのは、ぼくは彼の死体をまだ目にしていなくて、本当に死んだか判断しかねているからだ。彼はもう7年近くうつ病を患っていて、LINEをすればしきりに「死にたい」「もう死ぬ」といった言葉を口にしていた。なかばオオカミ少年のような行為をしていたから、彼の死をまだ信じられないでいる。 逝去を知らせてくれたのは、彼のTwitterアカウントだ。彼の母親を名乗る者が、彼の死と告別式の有無、生前付き合いのあった者への感謝を伝えていた。嘘にして

          せめて安らかな最期を

          日々腐らないこと

          いきなり暗い話で申し訳ないが、今年の下半期は落ちぶれていた。 なんにもやる気にならなくて、更新すると決めていたnoteもやめてしまったし、フォロワーを増やすと意気込んだTwitterも手につかなくなった。というより、それらに精を出すあまり本業が疎かになり、いろんな人に迷惑をかけてしまったのだ。それで一時中断してみたら糸がプツンと切れた。いろんなモチベーションを失ってしまった。 本当ならもっと本や記事を読むべきなのに、取材ごとに反省して次に生かすべきなのに、みんなが仕事しや

          日々腐らないこと

          ライター・編集業界を知るためのWebメディアとは?

          前回の記事の続きです。 駆け出しのライターさんやメディア初心者のWeb担当者さんの中には、業界内で評価の高いWebメディアを知らない人も少なくない。そのため、参考となるコンテンツや業界の動向を知るための情報のストックが少ない。 そんなわけで、業界を知るために有効なWebメディアをまとめておくことにしました。 好きなら、正直なんでもいい紹介の前に元も子もないことを言うと、自分が好きだなぁと思えるメディアならなんでもいいと思います。それはWebに限った話ではなく、雑誌やテレ

          ライター・編集業界を知るためのWebメディアとは?

          どうすればコンテンツの良し悪しがわかるのか?

          以前出した記事のなかで、「メディア経験のないWeb担当者はコンテンツの良し悪しがわからない。だから、意図せず炎上させてしまったり、誰にも響かないものを出してしまう」ということを書いた。 文章の書き方や取材の仕方については、わかりやすくまとめられた本がある。それらを読んでしっかり経験を積めば、一定レベルのコンテンツを出せるようになると思う。 しかし、そのコンテンツは読者にとって面白いものなのか、使われている表現は誰かを傷つけたりしないか、事実と意見を取り間違えていないか、と

          どうすればコンテンツの良し悪しがわかるのか?

          複業って実際どうなの? 藤村能光さん×大宮千絵さん×中神美佳さんが語る「複業事情」イベントレポ #worktalk

          複(副)業、パラレルキャリア、時短勤務、リモートワークなどなど、ここ最近は働き方の話題が尽きない。 「人生100年時代」と言われる中で、ますます多様化していく働き方。ぼくらはこれからの時代において、どんな働き方をしていけばいいのか、どんなアクションを起こせばいいのか。 そんなこれからの働き方をみんなで妄想するトークイベントが開催されたので、お話を聞いてきた。 本記事では、イベントの様子と感想などを、備忘録として簡単にまとめる。ほぼリアルタイムレポなので内容がわかりづらか

          複業って実際どうなの? 藤村能光さん×大宮千絵さん×中神美佳さんが語る「複業事情」イベントレポ #worktalk

          「エッセイ広告」の可能性

          弊社(ノオト)が運営するエッセイ投稿サイトShortNoteで、「エッセイ広告」を公開した。記念すべき第一回目のゲストは、イラストレーターであり、オモコロライターとしても活躍されている室木おすしさん。 このエッセイ広告は、同じく弊社運営するニュースメディア「品川経済新聞」の記事広告と連動する形で公開された。広告を出していただいたのは、五反田ヒルズにある「立喰ずし 都々井」という寿司屋さん。そんなわけで、ゲストには寿司に関するエッセイを寄稿いただている。 そもそもなぜエッセ

          「エッセイ広告」の可能性

          思い切って、録音なしの取材をしてみる

          取材しているときに、ノートにメモをとるのか、ICレコーダーで録音だけするのか、パソコンでタイピングするのか、タブレット端末でメモ書きをするのか。 取材時の立ち振る舞いは、業界内ではよく議論される。メモを取ると相手の話しを遮ってしまうとか、パソコンを置くと取材対象者との間に壁が生まれてしまうとか、タブレット端末は遊んでいるように見えるとか。 ノオトでも、取材時にパソコンを開くのは、基本的に避けられている。新入社員が経験を積む「品川経済新聞」では、持っていくのはエクセルで作っ

          思い切って、録音なしの取材をしてみる

          記事ストック、していますか?

          みなさんは、「良いな」と思った記事をストックしていますか? 僕はEvernoteクリッパーやPocketを使って、お気に入りの記事をいつでも読み返せるようにしています。理由としては、内容をしっかり理解するためはもちろんですが、記事を書くときに参考にするためでもあります。 「参考にする」というと聞こえは良いですが、ある意味「パクり」みたいなものです。僕は決して文章が上手いわけでも、構成ができるわけでもありませんが、「パクる」ことにおいては、それなりに上手いのではないかと思っ

          記事ストック、していますか?

          オウンドメディアには編集者が必要だ

          「何を当たり前なこと言っているんだ、お前は」 と言われそうなタイトルだが、小さい企業が作るオウンドメディアには、いまだに編集者不在のところも少なくない。 その原因には、やはり構造的な問題がある。そして、この構造的な問題を解決しない限りは、業界全体として良い方向には行かない。 お金はないけど、広報したいそもそもなぜ企業はメディアを作るのか。まずはそこから説明しよう。 基本的にスタートアップにはお金がない。しかし、自分たちのサービスを広めたり、人を集めたりするにはお金がか

          オウンドメディアには編集者が必要だ

          商品化する教育

          「大学教育が商品化している」 僕の知るかぎり、最も優秀な院生の友人がそう嘆いていた。 「教育の商品化」とは、客(学生)を呼びよせるために授業内容を簡略化したり、目を引くような俗っぽいものにしたりすることを指す。彼女の出身大学では、そういう気運が高まっているというのだ。 「教員は学生を舐めすぎている。学生は高い能力を持ち合わせているのに、その能力に見合った(あるいは期待を込めて、その能力より少し上の)講義をしない。『今の学生はどうせ勉強しないんだろ?』と言わんばかりに、単

          商品化する教育

          後発の記事だからこそ、面白くできる

          「編集ってすごいなぁ」と、改めて感じた仕事だった。 近年、ベンチャー企業が急増している五反田。この地に拠点を構えるベンチャー6社が品川区と協定を結び、「シリコンバレー」ならぬ、「五反田バレー」を設立したという旨のニュース記事だ。 「五反田バレー」設立のニュースは、NHKをはじめとした有名メディアにも取り上げられており、見比べると各社のカラーがよくわかる。 先に挙げたように、弊社(ノオト)が運営する品川経済新聞でも、このニュースを取り上げた。ただ、スケジュールの都合や僕の

          後発の記事だからこそ、面白くできる

          友人・知人インタビューのススメ

          くいしんさんが出した記事が、駆け出しのライターにとって、非常に実用的な内容だった。 昨年11月に独立し、6月末に編集ブティック「QED」を立ち上げたくいしんさん。「QED」のメンバー募集を行ったところ、たくさんの応募があったそうだ。同記事はその選考に漏れてしまった人たちへ向けて書かれたもので、僕自身も駆け出しの身として参考になること、共感できることが多くあった。 その中でも特に共感したのは、「友人・知人に取材した記事をつくろう」という項目。これは僕も経験のあることなので、

          友人・知人インタビューのススメ