見出し画像

みんなでアート

2019年 秋 逗子市で行われたアートフェスティバル企画の中で 自然にいつの間にか福祉 障害 を口にする人たちが集まりました。

きっかけは やまなみ工房のドキュメンタリー映画を上映したい!そんな一言から。

映画にドッキングする形で 車椅子や発達障害モデルたちのファッションショー 片腕のマジシャン 障害のあるピアニスト演奏 認知症音楽団など多数のパフォーマーたちが 揃い それぞれが集まり 一日がかりで表現しました。

2019みんなでアート_200616_0021

2019みんなでアート_200616_0027

2019みんなでアート_200616_0069

画像4

温かく刺激的で 障がい者もスタッフもまざりあい笑いあう 素敵なひとときが生まれました。

アートやファッションは間違いなく 知りえなかった人同士をつなげ 人と人とのバリアを下げてそして消していく大きな力を持っています。

そのことを信じて また今年2020みんなでアートは 力いっぱいの表現をしていきます!


2019みんなでアート_200616_0081

画像6

画像7


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます^ - ^
14
逗子の共生社会を体感するイベント『みんなでアート』をZAF2020で開催。 障がいがあっても 認知症でも 高齢でも 子どもでも 大人でも 自然に混ざり合い一緒に楽しむ、 当たり前の風景が逗子にあります。

こちらでもピックアップされています

逗子アートフェスティバル
逗子アートフェスティバル
  • 47本

逗子アートフェスティバルのマガジンです。

コメント (1)
初めまして
フォローいただき有難う御座います。
宜しくお願い致します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。