見出し画像

30代になれて良かった


先週、webショップをつくってみました。


これまで「わかる人わかれば良い」と、逃げとも言えるスタイルでフードアートの制作してきました。


けれど、以前よりもシンプルに、創造することが楽しくて。もう少しノックしやすい扉をつくりたいなと思ったんです。


その「ABOUT」に書いたメッセージが結構気に入ったのでnoteにも残しておきます。



Mineko Koyama |小山嶺子
食べものと様々な素材を組み合わせて、ストーリーを表現するフードアーティスト。


お声がけいただいた土地のパーティーに出向き、その場のキッチンをお借りして料理を提供しています。


料理はすべて、クライアント様のストーリーから発想をし、入念な思考を重ねて制作しています。


“食べる”ことで完成する、たった一度限りのアート作品。


なんだか凄そうなことを言ってみましたが、元は映画が大好きで。


「映画を観た後、なんだかちょっと自分の人生まで良くなったような気がする」という、高揚感を料理にすることからスタートしました。


そしていつしか、こう考えるようになったんです。


【“食べる”という本能的作業にストーリーを重ねることで、生き方そのものに栄養が行き渡る。】


20代のわたしは、なんとも言葉にできない焦燥感に押しつぶされまいと、遠くの誰かに向けてその理念を表現し続けてきました。


若者らしい青臭さは、制作を重ねるとともに柔らかな心持ちへと変化しました。


30代に突入し、感性を育むと自分の半径1mだけで、十分ごきげんになれると気づきました。


半径1mの“好き”を深掘りすることで、あなたの人生のヒントになれるよう、贈り物のようなオンラインショップを立ち上げました。


あなたの明日が、ほんのちょっと幸せになりますように。願いをこめて。


___________________________

20代で出会い、その後数年ぶりに再会する人には、30代の女は廃れていくようにも感じるのかもしれません。


でも、人によっては変化するからこそ魅力的にも見えるもの。 


わたしが制作する“食後アート”と同じ。(単なる残飯と思う人がいれば、なんて美しいんだ、と言ってくれる人だっている)


怖がらず、着々と、今日も明日も40代に向かってみようか。

画像1


Live, Love, Laugh, and Be...HAPPY.

2021.02.19
Mineko Koyama

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Mineko Koyama

サポートしていただけることに心から感謝いたします。いただいたお金は、活動資金や出版活動に利用させていただきます。

あ、今日いいことあるよ。
4
Food |Mixedmedia Artist ◻︎映画から連想する料理cinemanma ◻︎Food Art Team SPINHOLIC 🍳Numazu⇄Tokyo https://linktr.ee/minekokoyama