月金帳

47

第48回往復書簡 おやつ、16時

石田千 → 牧野伊三夫さんへ  この半月、あれよと日がすぎた。  眼の不調から、脳神経科…

第47回往復書簡 柿の木

牧野伊三夫 → 石田千さんへ  夏にのびた柿の枝を切って、その葉で柿の葉ずしをつくってみ…

第46回往復書簡 もくせい、7時半

石田千 → 牧野伊三夫さんへ  いちじくの実のりをさがしながら町を歩いてみたら、きんもく…

第45回往復書簡 収穫の日

牧野伊三夫 → 石田千さんへ  庭のいちじくを収穫する。枝にならんでついていた小さな実に…

第44回往復書簡 ラジオ、6時から

石田千 → 牧野伊三夫さんへ  古楽の楽しみのこと、うれしく拝読しました。  牧野さんと…

第43回往復書簡 ラジオとハム

牧野伊三夫 → 石田千さんへ  師匠の嵐山さんから、ご著書の『窓辺のこと』を雑誌で紹介し…

第42回往復書簡 朝顔、6時25分

石田千 → 牧野伊三夫さんへ  牧野さんは、早起きのご様子ですね。  朝の散歩は、さわや…

第41回往復書簡 アラ

牧野伊三夫 → 石田千さんへ  通りを歩いていて、突然腹の底からあらん限りの大声を出して…

第40回往復書簡 照り焼き、19時45分

石田千 → 牧野伊三夫さんへ  夏が終わったので、伸びた髪を切った。  風呂場で、髪をぬ…

第39回往復書簡 すわぶる

牧野伊三夫 → 石田千さんへ  朝、玉川上水の雑木に散歩に出ると、土に、ごわごわの毛糸帽…