見出し画像

クラウドファンディングの教科書リサーチ編 「あなたしか売れない商品を1から手に入れれる」輸入ビジネス界の王道 独占販売総代理店契約完全攻略

割引あり

攻略編が完成しました!
2023年12月30日-31日 2日限定で《リサーチ編》購入者は一番お得な価格で購入できるように更新しました!
(1月以降は通常価格になります)

リサーチ編&攻略編を同時購入したい方はセットだと2万円お得です!

日本で自分だけが販売できるブランドを持ちたい方は《リサーチ編》をぜひ購入下さい👇(以下詳細です)

今回のnoteを買うと「自分1人で海外メーカーと交渉して自分だけが日本で売れる状態を作る事ができます。」

つまり”独占的”にあなたが日本でただ1人だけ売れる商品も持てるので輸入販売において圧倒的優位に立てます!


具体的には
「初心者からメーカー交渉始める為の準備方法」
「総代理店契約する為の海外メーカーの探し方」
・「契約する商品が売れそうなのかの見極め方」
・「実際の契約の仕方」

について解説していきます。

解説を元に、今回実際に私が「1日で100万円売ったあるプロジェクト」のリサーチ・マーケ分析・メーカー交渉方法・実際掛かった原価・輸入方法・準備にかかった日数など全て公開しています!

(ただノウハウだけ出しても実践できないと意味がないので苦渋の決断でしたが全て公開する事に決めました!)


だからこそ「クラファン実績者」の3名からも絶賛の声を頂きました!

今回実際にクラファンにチャレンジして実績を残している3名の方にコンテンツのモニターをしてもらいました。
3名とも実績者の方で第一線の方からも絶賛頂きました!

実際の購入者からの声もまとめてみました!

https://togetter.com/li/2004850

ビジネス全般そうですが「基本の原理原則」が最低限理解できないといくら「実践方法」や「攻略法」をお伝えしても使いこなすことができません。

「なぜ購入型クラウドファンディングがよいのか?」
「逆にクラウドファンディングってリスクは無いのか?」
「なぜ海外メーカーの総代理店なのか?」・・・etc

「海外メーカーの総代理店契約によるクラウドファンディング」について理解している前提に今回のnoteを書いて行きます。

分からない方は、

「【億越え連発!クラファンプロジェクト全部網羅したリスト付】累計サポート金額2億円越えのみなみが贈る資金リスク0の最強物販クラウドファンディングの教科書」(公式LINE登録で無料で読めます。)
https://t.co/AsA77AddzF

こちらを読んでから購入してください。

画像77

ここで簡単に自己紹介させて下さい。
私は「クラウドファンディングのページ制作」事業を行っております。
これまで100を超えるプロジェクト累計3億(22年11月23日現在)を超える売上のサポートをしてきました。

実績一覧

国内最大級のクラウドファンディングサイトである「CAMPFIRE」の公式のパートナーでもあります。

公式パートナーとは
「起案者に対してプロジェクトの作成進行サポートができる外部人材としてCAMPFIRE社に公認された存在。」

さらに自身においても、
2020年2月から副業として
「購入型クラウドファンディング」に挑戦して総額2,000万円営利で700万円を超える支援を集めています。

画像44

3つの顔を持ち様々な角度から購入型クラウドファンディングを見てきました!実績としてそれぞれの部分で私以上の存在は正直沢山います。

ただ、全ての視点で「クラウドファンディング」をみてきた人は稀有であり、主婦や脱サラで物販経験0のクライアントから、売上高1兆円を超える法人のプロジェクトまで幅広く関わってきたことから、

僕ほど色々な側面で「クラウドファンディング」を見てきた人も少ないのではないかと自負しております。

画像78

クラファンが一般的な認知を得たのはほんとここ1-2年の話だと思います。ぼくがクラファンを初めて2年以上前でもビジネス界隈では話題になっており周りの人は、

「いつかはクラファンやってみたい」
「いい商品にであえたらやってみたい」
「落ち着いたらやってみたい」

と話していましたが、実際挑戦したのは2-3人とごく少数でした。

画像79

様々ですが、この中の1つにクラファンという手札が一つでもあれば変わったのになと素直に思います。

クライアントの中でも個人事業で、
初回から売上1000万円を超える売上を達成したり

実績
初めてのクラファン事前集客無しで1000万円越え 引用ːMakuake

せどり関連からクラウドファンディングに挑戦して2回で約700万円の売上を達成して卸売りの商談に入っている人もいます。

実績
おかわりクラファン含めると2商材で1000万円越えの売上 引用ːMakuake

たしかに、クラウドファンディングに挑戦するには、

画像80

といったような方法をしないと情報があまりに少なく挑戦するにはハードルが高いのは事実ありました。
また、クラウドファンディングというプラットフォーム自体がまだ小さく出口戦略が見えないという問題もありました。

ただ、あれから2年経ち私自身

画像81

様々なジャンルで100件を超えるプロジェクトでコンセプト設計・ページ制作・広告集客・ローンチサポートの代行をして携わってきました。
また、クラウドファンディング会社からも認定を受けたことで得られる情報の量・質も大幅に変わり再現度高くサポートすることに成功しました。

満を持して丸8年商社で培った力+2年間どっぷりクラファン市場に浸かったノウハウをこのnoteで網羅的にお伝えしていきたいと思います!

まずは購入型クラウドファンディングの仕組みついて復習

画像1

クラウドファンディングの用語は独特なのでまずは基本をおさらいしましょう。
無在庫予約型ECショップ
をイメージしてもらえれば分かりやすいです。

画像2
引用ːMakuake
画像83


画像84
画像3

以上が購入型クラウドファンディングの仕組みについてのおさらいです。

「経験0」「語学力不要」「クリエイティビティ0」でもチャレンジできる海外メーカーの総代理店契約によるクラウドファンディング

そしてこれらの購入型クラウドファンディングを活かした上で、
「経験0」
「語学力不要」
「クリエイティビティ0」
の方でもチャレンジできる方法として
「海外メーカーの総代理店契約によるクラウドファンディング」というものを以前紹介しました。

画像85

「海外メーカーの総代理店契約によるクラウドファンディング」のやり方まとめ

クラファンの市場を知る

海外の売れている商品を見つける 

日本でも売れる商品か調べる 

契約して自分だけが日本で売れる状態

クラファンでリリース

既に海外で売れているもの・日本にはないものを日本で
自分だけが取り扱えるからこそ爆発的に売れる可能性を秘めています!

画像86

まずクラウドファンディングの市場を最初に解説します。

「現時点までの市場」
「現時点の市場」
「これからの市場」


について理解して欲しいからです。
何故ここが重要かというと「クラウドファンディングの業界」は恐ろしいスピードで変化しております。

1-2年前の情報は既に古い情報であるというのがこの「クラウドファンディング市場」です。

画像6
引用ːMakuake

その為1-2年前のクラファンをみてモノ申している人は既に取り残されていて実態を把握できていません。
参考にMakuakeの掲載件数のグラフをみると2年前と比べて掲載数が約3倍に膨れ上がっています。
他の数値も軒並み急成長しておりクラファンの市場は今なお発展途上の市場と言えます。

画像87

クラウドファンディングの市場は急成長しているといいましたが、
「成長期」というのはいつか絶対終わります.

画像87

いち早く差別化を行った「Makuake」が見据えるのは1兆円市場

いち早く成長している中「差別化」を打ち出しているのがトップを走るMakuakeです。
Makuakeは実はクラウドファンディングサイトではありません。

「応援購入サイト」と呼称しています。

何が違うの?というと、

画像8
引用ːMakuake

「応援購入」=資金調達ではなく=新発売する商品全てがデビューする市場とMakuakeはいっています。

今まで、「クラファン」=資金調達=開発資金が乏しい個人・中小企業が利用するものというイメージがあったと思いますが、

「アタラシイ」価値を提供する新商品のデビューを応援するサイトで、大企業が盛んに参入してくるようになっています。
(Canon,SONY,帝人、パナソニック、富士通等)

画像9
引用ːMakuake

着々とMakuakeは1兆円と言われるECでの新商品販売市場に向けて成長している段階というわけです。

画像87

転売のイメージでクラファンはオワコンじゃないの?

オワコンどころかこれからがスタートです!

クラファンについては、

詐欺じゃないの?
誇大広告ではないの?


と思っている方も多いと思います。

現に昨年「クラファンで3億6000万円を集めた製品」で、
誇大広告で謝罪に追い込まれていた事件が記憶に新しいと思います。

事件を知らない方に簡単に一つの例を説明すると、
プロジェクトの文章に、「10年間試行錯誤を経た集大成ともいえる~」とあたかもプロジェクト実行者が開発したと受け取れる言葉の記載があったのですが、実際は事実とは異なるばかりか、中国のECサイトで全く似た物が4分の1の価格で売られている事が公になり炎上した事件でした。

今やAmazonや楽天よりも厳格化されているプラットフォームと言っても過言ではありません。


事件が起きてから今年の3月にMakuakeは大きく掲載基準を厳格化しました。

《Makuakeの新しい掲載基準》

1.プロジェクトの要素に「アタラシイ」があること

2.実行者にとって「挑戦」や「ストーリー」があること

3.基本条件をクリアしていること

つまり、中国のアリババやアリエクからそのままロゴだけつけてクラファンにどんどん出そうみたいなコンサルが一時期流行っていたのですが、そういった「アタラシさ」が無い商品は全て掲載できなくなりました。

掲載数
引用ːMakuake

その影響で現にプロジェクトの掲載数は減少しています。

さらに

・誇大表現の禁止(景品表示法の厳格化)
・Makuake独自の禁止ワード

これらも厳格にみられるようになり、もう事件の時のような誤解を招く表現を含めて全て出来なくなりました。

えっ。審査がめんどくさいならクラファンってやっぱり避けるべきじゃないの?と思ったそこのあなた。

それは大きな間違いです。

・誇大表現の禁止(景品表示法の厳格化)
・Makuake独自の禁止ワード

この2つに関してはEC事業者全てが取得しておくべき知識です。

何も罰則がないからといってよく違反している事業者を見ますが、
年々消費者庁の目も厳しくなっているので、
むしろ審査した上で指摘してくれるMakuakeはありがたい存在です。

・法規制上全うな出品が担保されている
・法規制についての知識がつく

この2つはクラファン以外のEC事業をしていく上では誰も指摘してくれず、
気づいたら罰則対象にという事も珍しくありません。

だからこそクラファンをEC事業の1番最初にやるのはおすすめです。

2023年に向けてMakuakeはさらに”アツい”プラットフォームになります!

画像146
引用ːMakuake

今年は規制の年。

掲載者の人が胸を張って出せる安心安全なプラットフォームになりました。

そして2023年は「プロモーション強化の年」と位置付けており、Makuakeはかなりの資金を投入する予定です。

これはチャンス以外のなにものでもありません。
自分ではなく企業がどんどん広告費を使って自分の製品のプロジェクトを宣伝してくれるということです。

これは市場へ先行参入するからこそのメリットです。
ビジネスに置いて参入のタイミングは重要です。
来年に向けて今からでも遅くありません!

過去人気が高かったジャンル/製品カテゴリから傾向を掴みましょう!

画像87

2021年流行った製品カテゴリ

画像87

2022年流行った製品カテゴリ

画像88

引き続き40代、50代男性が心揺さぶられる商品の人気が根強いですが、
「季節性商品」や「美容関連の女性向け製品」、「調理器具」とカテゴリの裾野は広がってきています。


これはさっきいった「新商品デビュー市場」を目指しているMakuakeの戦略が効いてきていることをさしています。

画像89


画像90

GREENFUNDINGはM2層の男性にターゲットを絞った展開をしている為、Makuake、CAMPFIREと比較して案件数を絞っております。
その為、基本的には法人(または法人の計画のある事業者)だけの掲載となりますが、基本的にMakuakeに掲載できれば初めてはOKです。

資金リスクは0は嘘?大きな売上を狙う場合はリスクも出てきます!


クラウドファンディングは資金リスクが全くないというビジネスではありません。クラファンの性質上、「注文→入金→製品を作る」という順序なので仕入れ資金に対する心配はありません。

ただし、売上を多く狙おうと思うとリスクもついてきます。

なので自分の資金状況と売上目標を考えて挑戦していきましょう!

1発で大きな売上を出したい人向け!

画像91


リスク少なくコツコツ積み上げていきたい方向け

資金に余裕がない方は1回目は極力コストを掛けず挑戦しましょう!

ページ制作を自分で行い広告を全く掛けない場合はサンプル費しか掛かりません!商品の仕入れ資金は先に入金されるのでほぼリスク0でスモールスタートでもOKです。

クラウドファンディングはプロジェクトを積み重ねる毎に「きちんと価値提供」していればファンが増えていき大きな売上に繋がるので自分が掛けれるお金と相談して継続できる体制を整えましょう。

ファンを作るプラットフォームがクラウドファンディングの本質です!


クラウドファンディングは爆発力のあるプラットフォームですがその本質は回を重ねる毎に「ファンを作っていける」ところにあります.

クラファンは心理学的にファンが出来やすい構図になっています。

この最たる例が「SYRINX合同会社」という会社です。
この会社はファンのレビューを商品に開発に活かして毎回クラファンをやる事で「新規顧客開拓」と「ファン化」を同時に実行しています。

当初700万円位の売上が今では1回プロジェクトを行うと5000万円近く集まるまでに成長しています。

タイトルなしere
引用ːCAMPFIRE machi-ya
タイトルなしere


1発屋で終わり?資産性こそクラファンの真価です

クラファンってでも1発やって終わりでしょ?という声を多く耳にします。私から言わせればそれは「ネット物販しか知らない人」が言っている狭い世界の話です。

クラウドファンディングは「ファン」を作りながら売上を増やせるプラットフォームと話しましたが、クラファンのゴールは「大手量販店」との取引や様々な「小売店での取り扱い」での売上拡大です。

クラファンは「アタラシイ」ものがあつまるECプラットフォームなので、メディアからの注目度は年々増しています。
メディアに掲載された時の爆発力は想像に難くないと思います。

何より自分の扱った商品がメディアに出た時のやりがいは何にも代えがたい経験になります!
僕の場合はめざましテレビに出たり、大阪のほんわかテレビに出た際は芸能人が自分の取り扱い商品を使いながら突っ込んでくれるのを見て家族に即自慢しました!(笑)

クラファン終了後はECで販売していくのもいいのですが、最近は「卸売」の取引数も多くなっていると感じます。
当然クラファンの知名度だけではなく、展示会出展や自分で営業しないと決まらない場合もありますが、「総代理店ビジネスはあらゆる販路の起点」なので「卸売り」「EC」とメリットデメリットを選択しながら販売を進める事ができ「事業の継続性」がしっかりあるビジネスです。

国としてもクラウドファンディングを推奨しており最小限のリスクでクラウドファンディングに挑戦できます。

画像93

①小規模事業者持続化補助金(22年8月現在)

小規模事業者持続化補助金とは、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取り組みや、業務効率化の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助いたします。

簡単にいうと新しい販路への挑戦をする時には国が補助しますよというものです。クラウドファンディング自体も新しい販路と認められるので、補助金の申請をする事ができます。

補助金は年度の国の予算によっても異なるので、

中小企業向け補助金・総合支援サイト ミラサポ+
https://mirasapo-plus.go.jp/

で都度確認頂ければと思います。
簡単に概要を書くと、22年度は

補助金額
・上限額50万円(低感染リスク型ビジネス枠は100万円)
・補助率3/4
・使える項目 広告費・LP制作費・コンサル費用も補助金対象となります。

デメリットがあるとすると事前に申請をしてから費用を使うことができるのに約2か月かかるのでスピード感を持ってやりたい人にとっては不向きです。

また書類作成に時間がとられるので,
メーカーとのブランドとして契約をして2回目3回目のクラファンが見えている場合は予め申請しておくと良いと思います。
(ちなみに僕は書類作成を成果報酬で外注して申請しています。)

➁クラウドファンディング助成金(22年8月現在)

こちらも簡単に説明をすると、クラウドファンディングを実施した際、プラットフォームに支払った手数料・広告費用等の2分の1上限40万円が助成されるといったものです。

Makuakeだと手数料が20%とモール型と比べて高いのがネックですが、助成金を使う事で利益が残りやすくなります。
こちらはプロジェクト終了後の申込の上、Makuake掲載していれば予算があまっている限りは対象になるので申請しないとかなり損になります。

特典ːリーフレット申請マニュアルがあるので購入者で希望者に配布します。

このように国や中小企業庁は新しい製品の開発や販路拡大を応援する為に、色々なクラウドファンディングに使える補助金や助成金があるのでこういったものを使えば、ただでさえ無在庫にて失敗のリスクは少ないのにさらに減らすことができます。

初めての挑戦はたしかに不安や心配も多いと思いますが、
構造的にも制度的にもここまで優遇されているビジネスは少ないので今こそ挑戦すべきチャンスだと思います!

画像94
画像95

売れるカテゴリの広がりと会員数も増えていますが同時に掲載数も増えているのでライバルは多くなっています。

しかし、そのほとんどがクラウドファンディングの特徴を認識せず、ローンチの仕方をしらない「弱いライバル」ばかりです。

実際に新着プロジェクトを見てみて欲しいのですが、盛り上がっているプロジェクトは1日に3-4件しかないと思います。


つまりは「正しい方法」でクラウドファンディングを実践すれば上位16%に入る事は容易にできます。

画像96

いやいや。最初に「クラウドファンディングの挑戦ってハードルが高すぎる!なんてもう言わせません。」って自分で言ってたじゃないかと思うと思います。

でもよくよく冷静に考えてみてください。

画像97
画像97

あらゆる信用が無いのに簡単なわけはない!

画像98

全てにおいてお客さんから見た時に、
既存のブランドや製品に対して圧倒的不利だと思いませんか?

ただ実態として、

・ノーブランドが1億円以上売れていたり
・自分が取り組もうと思っていたプロジェクトが1000万円売れている実績が有る

こういった結果から、

《84%が勘違いする誤った理解》

・他のプロジェクトで1000万円売れていて、うちの製品の方が性能がいいので最低1000万円以上売れるといった根拠のない計算をしていたり

・色んなノーブランド品が売れているので、
とりあえずクラウドファンディングに出せばそれなりに売れると思っている


これらの考えは
「ありえないくらい甘い認識です!」

実際にまずはその結果の違いを見てください!

画像99

失敗したプロジェクトは開始3日目以降はほぼ売れませんが、
成功の16%のプロジェクトは3日目以降も売上の波ができ、
トータルで大きな差がつきます。

これらは実は「Webマーケティング」のノウハウをクラファン用にアレンジして詰め込んで準備していった結果なんです。

あああああタイトル

何の準備も無しにとにかくクラウドファンディングにプロジェクト掲載する。これは最も愚策と言えます。

広告は有料の広告だけではありません。
また、先ほど言ったようにクラファンは本来あるべき「信用」が空っぽな状態からスタートするECです。
何の準備も無く臨めば、利益は自分で価格設定できるので確実に残りますが、売上は数万円~数十万円にとどまってしまいます。

画像101
画像101

事前集客で広告に30万円使ったのに、蓋を開いたら結果20万円しか売れなかった・・・
こんな例を良く聞きます。

なぜこんなことが起きるのか?
それは大きく2つ
・「オンラインではどうしたらお客さんに製品を売れるのか?」

「クラファンなのになぜ広告を回すか?」
という本質的な事を知らないからです。

本質の理解が無ければクラファンだけが享受できる、
「費用対効果」の良さがでませんし、
全く売れず0円という事態になる可能性もあります。

そもそも「広告」とは売れる土台がある製品を、
さらに売る為の手段です。
Webマーケティングの基礎無くして広告を回す人はお金をドブに捨ててるのと同じです。

また、「クラファンには特化した広告の方法が明確に存在します。」
この「広告の判断基準,回し方を知らない」状態で広告を回しているケースもたくさん見受けられます。
(広告代理店にお願いしている人でも良く見ます。)

それではいくら広告費を掛けても「売上」は出るかもしれませんが「利益」は出ません。

画像102
あああああタイトル
画像103

これらの「4つの型」+「商品力」があって初めてクラウドファンディングは成功します。
どれか1つ掛けても成功しません。

ただこれは「商品力」/「魅力的な商品コンセプト」/「ベネフィット」と売る商品の魅力があって初めて発揮します。
だからこそこのコンテンツはリサーチに注目して深堀していきます。

画像104

私自身、物販経験は0の状態でいきなりクラウドファンディングに挑戦をしていたのですが、再現性高く結果を残す手法を確立するまで2年かかりました。

先ほど

・他のプロジェクトで1000万円売れていて、うちの製品の方が性能がいいので最低1000万円以上売れるといった根拠のない計算をしていたり

・色んなノーブランド品が売れているので、
とりあえずクラウドファンディングに出せばそれなりに売れると思っている

この考えは
「ありえないくらい甘い認識です!」

と言いましたが実はこれは2年前初挑戦前に僕が思っていたことでした・・・

でもこう考えてしまうのも仕方ありません。
実際にMakuakeのページを見てみると、自分が取り扱う製品よりスペックが低く、価格が高いものが1000万円売れているんです。

「自分のはいい商品だからもっと売れる!」
と思うのは当たり前の流れだと思います。

当然事前に色々リサーチはしましたが、
「正しいクラファンローンチ」までの流れは本当に情報が少なかったんです。
それは今もそうです。

「事前集客」は大事らしい

そんな言葉が独り歩きして「事前集客」を見様見真似で行って失敗している人が後をたちません。

ぼくは、ページ制作会社という立場もあり、1000万円を超えるプロジェクトの舞台裏を何度も見てきました。
また、キュレーションをしていて失敗例沢山見てきました。
両面を見てきたおかげで、そのフローを言語化して誰にでも使えるようにノウハウ化することができました。

そのノウハウをnoteでは、惜しげもなく公開したいと思います。

【注意】クラファン成功へのロードマップの内今回のnoteでは「リサーチだけにピックアップしています。」

本noteでは上のロードマップの内「商品リサーチ」に特化して書いたコンテンツです。

「7項目あるうちの1項目しかないのに前編が終わるの??」

と思われるかもしれませんがそれほど「リサーチ」は重要です。
ただ、日本に販売していない商品を見つけるだけなら小学生でもできます。

だからこそ「クラファンコンサル」は成り立っているとも言えます。
但し、私は本業のクラファンのページ制作サービスのビジネスモデルとして、「お客さんが成功」しないと「次の仕事が来ません。」

だからこそ、「プロジェクト実行者」ではなくクライアント様の案件でも
「とにかく成功にこだわってきました。」

「とにかく成功にこだわってきた」からこそ2年間この仕事に特化して成り立っていますし、クラファンの会社からもその成果を認められています。

当然、これまで失敗した例もあります。

もちろん僕も魔法使いではないので、全てのプロジェクトを成功させてきたわけではありません。

但し、失敗してきたプロジェクトには大きな共通点があります。
当然我々の力が及んでいなかった部分もあるとは思いますが客観的に見た共通点です。

・商品の新しさだけにフォーカスしてお客さんに何のメリットもない
・実行者自身「プロに任せて出せば売れると思い行動していない」

このnoteはただのリサーチ方法が書いたコンテンツではありません。


リサーチについては多くの人が間違いっている認識があります。

「日本に無いモノだから売れる」は大きな勘違いです。

だからこそこのnoteでは、

・ただリサーチ先を教えて
・リサーチ方法を教えて
・契約の結び方を教える


といったいわゆるただノウハウだけを羅列したnoteではありません。

① 新商品のローンチに特化したWebマーケティング
➁ 1人の商社マンとしてのビジネススキル

輸入物販をやる人が持っていないと成功しない
スキルが最短距離で身に付くnoteです。

たった今

レベルが高そう・・・
ハードルが高そう・・・
自分にはちょっとまだ早い・・・

と思った方はご安心ください。

副業として大きな成果が欲しい、事業化を視野に入れている人にとってはまず1回でも自分の商品を市場に出してみる事が重要です。

ただ、いきなり「自分だけの商品」を市場に出すといっても何から始めていいかわからないですよね?
しかも、挑戦には有在庫の売れないリスクもある。

その面、
クラウドファンディングはあらゆる条件が限定化されており
初心者にこそ挑戦してみて欲しいです。

【お任せください】クラファンでお客さんに商品が届くまでの全工程を全て「みなみ」が伝授します!

クラウドファンディングを実施してから、終了後までざっとこれだけのフローがあります。
これらのフローを「リサーチ編」、「クラファン攻略編」で全て網羅し紹介します。
※クラファン攻略編の同業他社・競合への流出を防ぐために購入は審査制になります。

・実行者としてのクラファンリサーチの確かな選定基準
・ページ制作会社として最適解のクラファンの構成の型
・元商社歴8年の貿易のプロが教える初心者でもできるフォーワーダーとの取引
・土日のどちらかわずか1日で数百件の配送ができる国内配送の方法
・経験0からでもできる卸売りの営業方法


これらがすべて解決します。
網羅レベルはコンサルを遥かに凌駕すると思います。

正直クラウドファンディングに挑戦する方以外の方がみたら、
誰しもがクラファンコンサルできるレベルまで昇華出来ると思います。

このnoteでは
まず全ての工程に関わり、
1番大事な「商品を持つこと=総代理店契約の方法」について解説していきます。

”自分だけの商品”を持つためのロードマップはこちら!!

▲この内容が全て網羅されています!

このnoteでは商品リサーチ~サンプル取り寄せ/独占販売契約締結までの解説をしています。
行動力のある早い人だと2週間~1か月位で日本でただ1人あなただけが販売できるブランド・商品を持つことができます。

それも海外で実績があり既に完成されている商品をです。
これがいかにビジネスとしてズルいことか想像してもらえばわかると思います。

端的に言うと、海外で売れている商品を日本であなただけが売れるんです。

画像106

そしてなによりこれを在庫を持たずして行う事ができるのが
「クラウドファンディング」です。

画像107

ただし、
ここで最後に確認させて下さい。
クラファンを小金稼ぎと思って軽い気持ちで挑戦しようとしている人がいれば、クラファンはおススメしません。

クラファンは今や運よく何百万円稼げるものでは決してありません。
抜け道や裏技というわけでも決してありません。


クラファンはやる事も多く、勉強が必要なスキルも多くあります。
(全て外注に任せて進めることができると楽になりますが自分で理解していなければただお金を垂れ流すだけになります。)

確かに、在庫リスクもなく、利益を得る事はできると思いますが、
あまりにそれだけではもったいないです。

本気で
「事業の一枚の手札として使いたい」、
「副業だけどいずれ独立したい」、
「自分で商品を持つビジネスをしたい!」

という人には圧倒的におススメです。

クラファン1回行うだけで「ビジネス戦闘力」がうなぎ上りに上がります。
何故なら、「マーケティング力が集結したビジネススキーム」だからです。
具体的には、

・リサーチ力・・需要のある商品を分析する市場調査力
・認知拡大の為の施策・・広告運用、SNS運用
・販売促進の為の施策・・卸売の一般常識、展示会など
・プロダクトローンチのファネル構築力・・新商品発売の動線作り

一般のメーカーが行う業務をスモールに展開する必要があります。
大変ですが経験としてビジネス戦闘力が大幅にあがります。

逆にクラファンでやるそれぞれの要素を理解していないと何かに依存することになります。
Amazonや楽天のプラットフォームに依存したり、外注のスキルに依存したり、運に依存したりします。

しっかりと自分でスキルを身に付けながら行動する覚悟がある人
又は
自分のアイデアを形にする仕事をしたい!
こんなものがあれば漠然と頭にはあるけど行動に移せていない人にはおススメします!

【特典】即実践できるように契約に至るまでの
”全フォーマット”をご用意しました!

契約までに必要なすべてのフォーマットを用意しました。
当然使い方の解説も全て本編では行っています。

実際に行動して「実践」して欲しいという想いから全てご用意しました。
全て商社時代に使っていたものを、クラファン用に自己の経験とあらゆる実行者を見てきた経験を元にアレンジしたものになりますのでここでしか入手できません。

※足りないフォーマットがあれば随時追加していきます。

特典①なぞって記入するだけでOK!輸入独占契約書のひな形

みなみも実際に使用している契約書のひな形をプレゼントします!
契約書にあなたが書く部分が指示されているのでそれに沿って記入するだけ!
独占契約の際、契約書は「先出し」が基本です。

相手から出されると「ビジネス的な内容確認」の他に「リーガルチェック」をしないといけません。
ココナラやランサーズでお願いは出来ますがコストが掛かるので特典のひな形を使ってメーカーからサインを貰うだけでスッと契約を終わらせてしまいましょう!
相手の契約に対するハードル感を見て契約書は「完全版」と「簡易版」の2種類を用意しています!

特典➁ スライド全22ページで解説する海外総代理店リサーチの決定版

この資料をパソコンの右に印刷しておいて頂ければリサーチをすぐ始める事が出来ます!

・使うツール一覧
・ただのGoogle検索のリサーチだけでライバルに差をつけるテクニック
・1回の連絡で満足するのはNG!
・みなみ流海外メーカーにコンタクトする基準値とその方法
・【経験者に口外禁止】禁断の高成約率既存メーカーの探し方

をまとめた資料です!
この資料1つあれば、物販経験ない人でもすぐリサーチを開始できます。

特典③ 6000件越え!海外総代理店リサーチと組み合わせて使うと最速でメーカーが見つかるMakuake全プロジェクトリスト一覧 

特典➁の【経験者に口外禁止】禁断の高成約率既存メーカーの探し方と組み合わせる事で最速で契約可能メーカーが見つかります!

ここで話せることがありません!
購入したら1番にお試し下さい!

特典④気づいたら赤字?を避ける為の輸入ビジネスの完成版原価シート

意外とクラファン挑戦者に多いのがどんぶり勘定でプロジェクトに臨んで蓋を開くと赤字になっていること。
輸入ビジネスは変動する費用の要素が多いので確実に「原価を把握すること」が重要です。

クラファンだから重要とかではなく輸入ビジネス者全ての必須スキルです。本編に各項目の解説や計算の目安値を入れているので表に入力していくだけで「ざっくりと原価の概算」も出来ますし、「正確に原価計算」することもこのシート1つでできます。

特典⑤プロジェクト管理用の年間スケジュール表

こちらは「サンプル発注」~「クラファン掲載」、「クラファン後の卸売への営業計画」を年間スケジュールとしてまとめたものです。
「これからクラファンに挑戦する日程感の把握」と「海外メーカーのPRの強力な武器」になります!

使い方も簡単!私自身が過去行ったスケジュール感で記載しているのでそのまま日付だけ今の期日に合わせればOKです!

メーカー交渉の時に、「このスケジュール表」を出すことでしっかり私は長期的にあなたとのパートナーシップについて考えますよ?とアピールすることができ契約の成約率がぐんと上がります!

特典⑥実際にMakuakeで1日に100万円売り上げたプロジェクトのマーケティング分析シート付き


このnoteはよくあるノウハウだけ書いてあるコンテンツではありません!
実際に1商材で合計600万円売り上げたプロジェクトの事例の「マーケティング分析」を全て公開しています。
「ツール」や「裏技」に頼らないマーケティング力による地力を付けたい方は実際プロジェクト前考えていた事と結果が同時に見れるのでこの特典だけでも価値ありだと思います!

さらに「見て終わりだと意味がありません!」
「あなたが実践できて結果を出して初めてこの資料は意味を持ちます!」

あなたが1からマーケティング分析できる雛形シートもセットで付いてきます!このマインドマップを順番に埋めていけば自ずと「コピー」や「ターゲット」が浮き上がってきて成功に近づく事間違いなしです!

さらにTwitterに感想をシェア投稿してくれた方限定!


レビュー特典者限定で本編で解説しているリサーチ先のサイト一覧が全部で19個載っています!
リサーチ先はアメリカ、ドイツ、台湾、韓国が中心ですが、その他ヨーロッパ圏、北米圏など世界様々です!

今や海外クラファンでの代理店権取得は競争率が高くなっているのでそれを避けたリサーチ先も全て公開しており、その効果を最大限高める「最新のMakuakeプロジェクトリスト」や「GREENFUNDINGのプロジェクトリスト」も貰えるのでぜひ手に入れてください!

”メーカーとの契約締結まで辿り着いた方全員”
にみなみが添削します!


続きをみるには

残り 2,097字 / 11画像

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?