見出し画像

三島から1時間以内、夏に最高~な絶景チルスポットをまとめてみた

Minako_週休3日の広報PR

東京から三島へ移住して11か月。先日、三島市観光アンバサダーに任命して頂きました。ご縁に感謝です!

10名で三島の魅力を発信していきます。私は8月末まで「三島の夏」をテーマに!主にこちらのTwitterで呟いてます。

でも今回は三島を離れて、三島から車で1時間以内の「夏に最高な絶景チルスポット」をご紹介。東京から三島までは新幹線で1時間弱。三島からレンタカーでもよし、東京から車でがんばるもよし!参考になれば嬉しいです。

(ハワイが大好きで恋しすぎて一部ハワイに例えすぎてることはご了承ください)

香貫山@沼津 

まずはお隣の沼津、沼津アルプスの香貫山!デニムとスニーカーで楽しめるお手軽登山と絶景です。車で途中まで登ることが出来て、そこから30分~40分程度登山をして山頂へ。秋に行きましたが夏は風も気持ち良さそう!山の山頂とは別で展望台があります。

駿河湾の絶景が間近!
空と海がめちゃくちゃ綺麗です。

画像2

画像5

広い海と空に、風も最高~~~に気持ち良いです!静岡のダイヤモンドヘッドと名付けたい!西側なのでおそらく晴れた日の夕暮れはさらに絶景かと。

ちょっと駐車場が小さいので駐車場に入るまでに混むのが難点ですが、その分、登山者は限られていてゆっくりできる印象です。飲み物は必須!

登山道はこんな感じ。

画像4

三島駅から車で20分です!

富士見テラス@伊豆の国

伊豆の国パノラマパーク、富士見テラスには2ヶ月で3回通いました。ロープウェイで10分くらい、山を越えながら山頂に向かいます。道路や家々を見下ろしながら山を登っていくのは楽しい~

画像8

登りきると、目の前に駿河湾と富士山の絶景が!!!香貫山より海からは遠いですが、高い!めちゃくちゃ気持ち良いです。

画像9

歩きながら楽しめるウォーキングコースがあって、なんと足湯まで!びっくり。最高に心も体も緩みます。

画像10

山頂には展望台もあったり、ロープウェイ降りてすぐにカフェもあり食事もできます。ここで1時間くらいぼーっとおしゃべりしながら景色を眺めていたらすべてのストレスが解放されました。

画像11

ちなみに、晴れてると焼けます!焼けたくない人はちょっとだけテラスを楽しんで、あとは店内へ。もしくはちょい曇りくらいがオススメ!私は太陽が好物なのでひたすらテラスに居ました。

そして、子供たちにはアスレチックもあり、恋人同士には一緒に鳴らす「鐘」があり、駿河湾ではない側の景色もめちゃくちゃ素敵です。

画像15

なかなか盛り沢山なのですが、私が一番気に入ったのは「ボードウォーク」でした。この空間を見たときに久しぶりにトキメキがありました。不思議な空間です。とにかく行ってみてください。ここはほんとに人が増えてほしくない場所。笑

画像14

とにかく最高です。

レモネードが2回とも薄かったのが残念でしたが(多分薄めなんだと思う)、それでも通いたくなる場所でした。あと、ロープウェイの値段が高いので通うのは辛くなり、、3回行っていったんストップしましたが、ネットでクーポンがあったり事前に購入すると安くなるので探してみてください。

画像15

ロープウェイのふもとには、レストランや売店、綺麗なトイレ、広い駐車場があります。

そして、7月にリニューアルするのでめちゃくちゃ期待!!リニューアルしたらまた行きます。場所は、三島駅から車で30分。

オーシャンスパFuua@熱海

ほんとは人に教えたくないんですが、熱海駅構内にも大きく看板が出ているので秘密に出来ないw、大好きな絶景スポットが「オーシャンスパFuua」。どんだけ控えめに言っても最高です。ホテル内のスパです。こちらも2回行きました。

温泉からの絶景は撮れないのでサイトから拝借。インフィニティ温泉!

画像18

オーシャンビューと熱海の街が一望できる最高のロケーションです。

先日たまたま訪れた日には熱海湾で「花火」が、、、!温泉から見ることも出来たのですが、パートナーと一緒だったのでリビングテラスへ。一気に夏のど真ん中へ。

画像19

東向きなので夕陽は見えませんが、空がピンクに染まりながら夕暮れが夜に変わっていく時間が最高です。熱海の街にあかりが灯り、夜景がキラキラしていきます。

花火もあって、完全に目の前は小さな「ワイキキ」。湾の向こう側の山がダイヤモンドヘッドに見えてきたら、そうとうハワイ中毒症状ですね。

スパのリビングは昼寝も出来るし作業も出来ます。

画像20

なんとホテル内のレストランに一回出て食事をしてスパに戻ってくることも出来ます。最高か、、、!レストランの食事もめちゃくちゃ美味しい。オススメはフィッシュ&チップス!

画像21

ボリュームが多めなので注意。また、スパの途中でレストランに行く場合には、奥の「海が目の前の席」には行けないのでこちらも注意。

新入社員っぽい方々が沢山いましたが、ぎこちなさも微笑ましくて、接客も素晴らしくて施設はめちゃくちゃ綺麗だしとにかく最高です。

場所は熱海の南がわ。三島駅から車で45分。熱海には電車で行けるし、熱海駅からバスもあるみたいです。本当は人に教えたくないけど、絶対に無くなってほしくないので宣伝!

大室山@東伊豆

東伊豆の人気観光地。伊豆シャボテン公園やぐらんぱる公園とも近い、小さな火山。2人乗りリフトで登るのでそれがまず楽しい!

画像24

山頂では、クレーターの淵をぐるっと歩いて回ることが出来ます。ゆっくり歩いて30分くらいぶらぶら出来ます。「君の名は」に出てきたとこじゃん、と話題だそうです。風が気持ちよく、東伊豆の海が絶景です。

画像25

画像26

春先に行ったので風が強くちょい寒でしたが、ずーーっと景色を見ながら歩けるので最高に気持ち良かったです。

画像26

リフトに乗るまでだいぶ並ぶのですが、並ぶ価値はあります。

あとは、ふもとの「さくらの里」も芝生の上で寝転ぶことが出来てとっても気持ち良いです。ここも最高です。広くて、時々マルシェなどもやっています。

画像28

三島駅から車で1時間です。

小室山@東伊豆

大室山よりちょっと北へ。
文字通り小さな山で、リフトは1人乗り~!

画像24

山頂は10分もあれば余裕でぐるっと一週できちゃいます。大室山より低いし小さい!でも、絶景はあなどれません。

画像27

画像28

カフェもある小室山。このカフェがチルスポットとして最高です。店内でも楽しめますが、晴れてたらぜひ「ウッドデッキ」へ。屋根とか無いんで日焼けしますが、気持ち良いのでウッドデッキに座って東伊豆の海を眺めるのがオススメ。(ここはラニカイのピルボックス感があります、、、!)

画像25

画像26

カフェメニューにはドリンクと袋入りのナッツなどちょっとつまめるものしかなく、「食事」はないのでご注意を。

あとは、大室山と違って、徒歩で登ることも降りることも出来ます!登りはリフトを使い、帰りは歩いて降りてみました。そしたら「恐竜公園」なるものがあり最高に楽しかったのでご紹介。もちろん子供たちを連れた家族ばかりでしたが、大人も楽しめます。笑

画像28

リフトのふもとにはレストランもありました。周囲に他に遊ぶところが無いことくらいが注意点。でも車で別のところに行けば良いので全然問題無さそうです。小室山はリニューアルしたばかりだそうなので、これから人気になるだろうな~と思います。三島駅から車で1時間です。

浄蓮の滝@天城

さて次は、上から眺める絶景ではなく下から眺める「滝」をご紹介。こちらも最近2回行ったくらい気持ちの良い場所。中伊豆の天城にある浄蓮の滝です。

画像28

画像32

大きくて流れる水の量がすごい!「名爆」と書いてありました。めちゃくちゃ迫力があり、見とれます。

水しぶきがすごいので夏にはとても気持ち良いと思います。わりと長めの階段を降りていくんですが、滝に近づいていくと気温が下がって、ひんやりするほどに。ただただみとれます。

滝から流れる川沿いでは「鮎釣り」ができます!毎回釣りを眺めてますが、みなさん釣れているようです。(釣れた瞬間は見れず、、)

画像28

これまでご紹介した施設と違ってなんの費用も必要ありません。駐車場に車を止めて、階段をひたすら降りていけばたどり着きます。(釣は料金必要)駐車場にはお土産やレストランやトイレも。

帰りの登りの階段がしんどいのでご注意を。若者は余裕そうでした。苦笑 
三島駅から車で45分です。

滑川渓谷@天城

さいごに。めちゃくちゃ最高な、浄蓮の滝の少し上流にある滑川渓谷です。全然人がいなくて驚きましたが、夏には少し増えるのかも?本当は本当に教えたくないスポットですが、混雑しなさそうなくらい広いのでコソッと最後に書いておきます。

画像30

綺麗な水が流れる川沿いをひたすら散策できます。整った道路(車が通れるような)のウォーキングコースもあります。緑が気持ち良く、静寂の中で川を流れる水の音がひたすらに。

水がエメラルド色の場所もありました。

画像30

樹齢450年の「太郎杉」まで歩いてみました。
ゆっくり歩いて往復1.5時間くらい?

画像31

専用駐車場はありませんが、みなさんが車を停めている広場的な場所があります。売店やトイレなどもない、ただただ自然の場所なのでご注意を。近くに先程の「浄蓮の滝」があるのでそこで諸々済ませるのがオススメです!
三島駅から車で50分。

次はキャンプとか

今回は三島から1時間以内の夏に最高~な絶景チルスポットをまとめてみました!実はまだまだありますが、記事内の写真容量が足りなくなったので今回はこのへんで。泣

東京から新幹線で1時間の三島まで来て頂くと、そこから自然を堪能できる遊び場への選択肢はめちゃくちゃ広がります。キャンプ場も沢山あるので今度はキャンプ場の紹介もしたいなと思います。

ぜひ三島から色んな場所へ遊びに行ってみてくださーい!

Twitterでも、三島を中心に「三島らへん」のことを呟いてます~









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!