見出し画像

4年目ライターがTwitterでお仕事をもらうためにやっている5つのこと

「フリーライターって、どうやってお仕事もらうの?」

わたしがよく質問されることです。

わたしは今年ライター4年目、基本はWeb媒体で記事を書きつつ、最近では紙媒体やイベント系の広告コピーなどのお仕事も受けています。

ライターを始めたばかりの頃は、クラウドソーシングを通じてお仕事をもらっていました。

現在もクラウドソーシングは少し使っているけれど、今持っているお仕事のほとんどが、Twitterやブログ経由でいただいたものです

ピーク時は毎日1件以上のお問い合わせがきたことも。普通の月は、だいたい月4件ぐらいの新規お問合せがあります。

「これからTwitter経由でもお仕事をいただきたいな」と思っているライターさん向けに、わたしがTwitterでお仕事をもらうために気を付けていることを5つ書きたいと思います。

この続きをみるには

この続き: 5,267文字

4年目ライターがTwitterでお仕事をもらうためにやっている5つのこと

マツオカミキ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

スキもサポートも、とても嬉しいです!励みになります!

「スキ」が、書く力になります!
13
自分らしく、楽しく生きるのがモットー。考えるのと書くのが仕事。ここでは「書く」について更新しています。著書『心をいやす2人キャンプ』芸術新聞社より発売中。