翠川裕美( Webサービス KATALOKooo 代表 )

株式会社シロアナ/株式会社モンキーブレッド代表 現在、KATALOKooo(カタロクー)というWebサービスをやってます。KATALOKoooは新しいカタチの「カタログ」。創作活動を仕事にしている人をサポートする仕事を作っています。 販促企画から小売オペレーションも作ります。

メンバーシップに参加

日々、モチベーションが上がるように特化したサロンです。 モチベーションクリエイター歴20年の翠川を中心に、モチベーションをあげるためのサムシングを共有していきます。 ひとりだと、なかなかテンションあげるのって難しいもの。 集まった人たち・コミュニティの力で、全員でモチベーション上げていこーーーーー!

モチベーションあげ隊員

¥888 / 月

子どもと一緒にあげ隊員

¥888 / 月

翠川裕美( Webサービス KATALOKooo 代表 )

株式会社シロアナ/株式会社モンキーブレッド代表 現在、KATALOKooo(カタロクー)というWebサービスをやってます。KATALOKoooは新しいカタチの「カタログ」。創作活動を仕事にしている人をサポートする仕事を作っています。 販促企画から小売オペレーションも作ります。

メンバーシップに加入する

日々、モチベーションが上がるように特化したサロンです。 モチベーションクリエイター歴20年の翠川を中心に、モチベーションをあげるためのサムシングを共有していきます。 ひとりだと、なかなかテンションあげるのって難しいもの。 集まった人たち・コミュニティの力で、全員でモチベーション上げていこーーーーー!

  • モチベーションあげ隊員

    ¥888 / 月
  • 子どもと一緒にあげ隊員

    ¥888 / 月

マガジン

  • #お店 記事まとめ

    • 2,219本

    思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

  • 日経COMEMO

    • 11,421本

    日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

  • きらきらしてないと死んじゃうんです

    株式会社モンキーブレッド / 株式会社シロアナの代表の翠川裕美が思うことを書き殴る、心の叫び

  • みんなの!全肯定マネージメント

  • ママはえらいよ

    ママが超絶えらいので、讃えていくためのマガジン

最近の記事

社員に視野をぐっと広げてもらうための『文化度レベル』を向上させる方法

先日ある起業家の方と新年会をしていたら、「社員の文化度ってどうやってあげるの?」という話になった。 この問いに対する私の答えは、「まず1つ、自分で買うしかないんですよね」でした。 ここでいう「文化度」というのは定義こそ難しいが、自分の目の前にある業務以外に対して視野を広げることにつながるものだと考えている。日々の暮らしに関わるものを扱う業種にとっては『文化度レベル』を上げることは必須だし、というかもはや人間が作っている時点ですべてが人間の日々につながると思うので言うなれば

    • 3人の子どもの子育て中に気がついた、自立したチームづくりのコツ「真ん中を活かすこと」

      コロナ禍も4年目を迎え、オフィスへ出社するスタイルに戻った方も増えてきているようです。オンラインとオフラインをいったりきたり、顔を合わせることが増えてくると、この3年の空白によって関係性構築、マネージメント面など、ルールやセオリーがいろいろリセットされているような感じがしている方も多いのではないでしょうか。 私はKATALOKoooというクリエイターをサポートするプラットフォーム事業をしているのですが、もともとコロナ前からスタッフとのやりとりも基本はリモートで行ってきました

      • 仕事はプロジェクト単位?時間単位?働き方休み方の多様性

        こんにちは!KATALOKoooの翠川です。最近は、ECの仕事にとどまらずブランドの運営とマネージメントの相談役をしています。マネージメント時に共に働く人材が、仕事をどう捉えている可能性があるのかを知らないと温度感にズレが生まれ問題が一向に解決しません。 働き方は休み方、仕事と生活のバランスは昨今多様性が生まれ人それぞれです。とても久しぶりの投稿になってしまいましたがCOMEMOからのお題、 に答えてみました。 導入が進みつつある週休3日制についてどう思いますか。自分の

        • エシカル消費は流行らずバズらず、静かなムーブメントになるべき理由

          こんにちは。文化をつなぐ小売の未来を勝手に背負うこと10年、KATALOKoooの翠川です。 エシカル消費と聞いて何を思いますか?日経電子版で「エシカル消費」と検索すると、2021年になってからは27件、2020年は26件、2019年は16件の記事が上がってきます。ちなみに、一番最初にワードが出てきている記事は、2010年9月のものでした。 エシカル消費、「お金がないと無理→「なんか胡散臭い」問題エシカル消費の話をすると、反応が下記のように分かれます。 ①エシカル消費っ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • #お店 記事まとめ
          noteマガジン 他
        • 日経COMEMO
          日経COMEMO公式 他
        • きらきらしてないと死んじゃうんです
          翠川裕美( Webサービス KATALOKooo 代表 )
        • みんなの!全肯定マネージメント
          翠川裕美( Webサービス KATALOKooo 代表 )
        • ママはえらいよ
          翠川裕美( Webサービス KATALOKooo 代表 )
        • スモールビジネス界隈のSDGs事情
          翠川裕美( Webサービス KATALOKooo 代表 )

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • <毎週開催>呼吸ワークショップ夏の陣!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • モチベーションネタ共有!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • フィジカルを鍛えてパフォーマンスを維持したい。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • モチベーションについて話したことメモ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • <毎週開催>呼吸ワークショップ夏の陣!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • モチベーションネタ共有!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • フィジカルを鍛えてパフォーマンスを維持したい。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • モチベーションについて話したことメモ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          OMOは絶対、オムニテックが小売の未来を担う

          こんにちは。文化をつなぐ小売の未来を勝手に背負い、クリエイティブな才能を持つ人好きが高じてKATALOKoooというオンラインショッププラットフォームをやっております翠川です。 最近は、小売業界どっぷり&現場のオペレーション重視派ながらオンラインの事業をしていていることを生かして、企業のブランドディレクションやブランドのECディレクションを請け負うことがとても増えました。どっちも詳しい、反復横跳びがオリジナリティの私です。この種はなかなか交わらないようで、ここを行ったり来た

          親の死に直面したとき、父の娘・3人の子の母親を両立するのが難しかった備忘録

          今年の6月、かねてから癌の闘病中だった父が亡くなりました。2016年12月にステージ4の胃癌が発覚してから、手術後肝転移で余命半年といわれながらの4.5年、宣告より9倍も長く時間をくれました。 このtwitter(はじめて聞いた父の恋バナだったためより強く感じる突拍子のなさ)の他にも、 事業を始めるときに資金の相談をしたら「金借りちゃえよ!」と勧めてきた父、 大学時代二人でLAに行ったとき大喧嘩をし「ずっと生意気だと思ってた」とチャイナタウンで言い放ったり、エピソードがのほ

          目には目を、SDGsにはきれいごと志向を

          こんにちは。KATALOKoooというオンラインショッププラットフォーム事業をしています翠川です。先月発売のFRaU SDGs MOOKで、新しいはたらき方という特集で取材していただき、大好きな編集者の藤井志織さんに「"きれいごと"が機動力になる」と見出しをつけてもらいました。これまで、正直者が馬鹿を見ない時代の到来?!とずっといってきてましたが、きれいごと勝利の時代にアップデートされつつある気がする今日この頃。 私は基本、頭の中がお花畑で、現実的な指摘に一度焼き尽くされも

          SNSは、承認欲求を満たすものでなく明るい未来へ導いてくれるツールになるという予言

          こんにちは。オンラインショッププラットフォーム KATALOKoooを運営しています、翠川です。約3ヶ月も間が空いてしまいました…。3ヶ月間何をやっていたかというと、大きな変わりはないのですが個人的にはClubhouseの登場にかなり揺さぶられました。1月末に「ウェイウェイしてない私たちのためのClubhouse利用法」という投稿も書いたのですが、3ヶ月間どっぷり使ってみた Clubhouseの醍醐味は、偶然そこに居合わせた人たちの「集合知」を得られるというところだと断言でき

          インフルエンサー新時代のはじまりの風は、もう吹いてる。

          こんにちは、KATALOKoooの翠川です。偉そうにも、#インフルエンサーで売る時代は続くのか という投稿募集のコメントをさせていただいたり、同内容のウェビナーに登壇させていただきます。 弊社は、オンラインが苦手なブランドや作家をサポートするプラットフォームをしているのですが、昨年の11月からインフルエンサー企画として、メディアを始めました。 コロナ自粛の昨年4-5月に、ブランドは全てのリアル店舗での営業やPOP UPイベントが中止になり、全在庫をオンラインショップで販売

          ウェイウェイしてない私たちのためのClubhouse利用法

          こんにちは。KATALOKoooの翠川です。来ましたね、Clubhouse。 日本に入ってきて数日間はしばらくスタートアップ界隈のRoomが乱立してましたが、この1-2日で入ってくる人たちが変わってきた雰囲気がありました。Clubhouse の使い方 how to や お仕事用には素晴らしい記事が続々出ています。 これまでの各SNSの黎明期と違ったのは、新しいSNSが始まったとき反応がすこぶる悪かった私のまわりの人たちが、すぐに入ってきたこと…!これは、SNSはやってもや

          「安い」を優先せず「文化を作る」を選ぶ勇気

          今年も、いろいろなものを買いました。KATALOKoooというオンラインショッププラットフォームを使って、中小規模のブランドや作家さんが、「作りながら売る」を簡単にすることをサポートしているので、「思いを込めて作られたもの」を日々目にしています。 7年前から10,000円以上のものは、直接繋がっている人や企業からしか買わないチャレンジをしているのですが、案外全然できてしまっていて、来年からは金額を下げてみようかと目論んでいます。 安いを優先してると文化は死ぬかもしれないこ

          2021年の絶対勝者は、感情ファーストで動ける人。

          こんにちは。KATALOKoooの翠川です。 先月こんな投稿をしたら、割と反応をいただきました。ありがとうございます。 この投稿の後にも、様々なバズや炎上を見かけましたが、どれもここのところの、 良い話題は、「読み手にエモさが沁みてバズる」 スッキリしない話題は、「相手の感情を無視して炎上」 だと感じました。 感情ファーストでバズる可能性大?!上記の投稿の直後、コロナの状況が悪化する前にと、必要な人たちと直接会う機会を作ったのですが、オンラインで打ち合わせしていてこち

          リモート続きで落ちてない?3つの〇〇力

          リモートが当たり前になって、早8ヶ月。オンラインで打ち合わせを始めたとき、最初に感じていた違和感が、顕著に形になって現れてきている気がする。 「なんか、私しか話してない。リアルより対話になりづらいなー。」 この違和感に対して、当初はなんとなく危機感はありつつ、まあでも話聞いてもらえるならいいかなどと思っていたし、1対nと話す相手を増やしていくのには、「発言してないけど満足度高い」というのを実現できるなら便利だなと思っていた。それが8ヶ月経ち、差がなく仕事を積み重ねている人

          さよなら東京本店、オンラインショップが本店になる日

          こんにちは。今日もリアル(小売)とオンライン(IT)を反復横跳び、KATALOKoooの翠川です。 今回はお題投稿。 元のMinimal代表山下さんはマーケティング的に考察されていますが、私はど現場感のある投稿をしておきたいと思います。 毎年、ハロウィンが終わるとクリスマスがはじまる!大繁忙期!気づいたら年明け、という流れなのですが2020年の11月は例年と違う雰囲気に溢れていて、そのことを絡めて書いていきます。#そのお金どう使いますか より #お金どう使われますか に

          D2Cを邪魔するのは、日本人の性質だという考察

          こんにちは。KATALOKoooの翠川です。オンラインショップのプラットフォームを事業にしています。それにも関わらず、ITより小売にどっぷりな私が最近、取り組み先さんや取引先さんの現場に出て心に思っていたことがあったので、まとめていったら、壮大気味な投稿になってしまいました。 その中で、最初に一番に気づいたことは、前半に出てきている「日本でD2Cが盛り上がりにかける3つの原因」です。リアルに感じているこの性質・体質が、小売・製造業界をIT化を進めさせない循環になっている。要

          どうしようもない小売業界における、D2C事情2020

          こんにちは。KATALOKoooの翠川です。 この投稿をしてから、1年半が過ぎました。このときはもちろん「新しい生活様式」なんて誰も想定しておらず、この短い期間で、小売業界の状況はまた変化しています。コロナ以降、小売業界が元々抱えていた問題がすごいスピードで顕在化したようなこともあります。小売業界における、D2Cというキーワードは、どうなっているのでしょうか。 日本のD2C事情、D2Cはサブスクとセット…?! 「D2C(Direct to Consumer)」がビジネス的