お茶

綾鷹が好き。平成生まれゆとりど真ん中。深夜に書きます。ムラがあります。
  • 映画のワンシーンになりそこねた、ささやかな景色を掬いあげるように。 物語の終わりを見届けたとき、溢れでる感情を隣のあなた
  • お茶の真骨頂(?)、深夜のnoteです。いちばん自分らしい文は、たぶんこういうテンションの文。ぜひ深夜に読んでください。
    4フォロワー
固定された記事

ジムノペディ

こういうの、クズエモって言うのかな 換気扇にあっけなく吸い込まれた声。なんとなく言葉に出してみたかっただけ。深い意味はない。クズエモを書く君が現実でクズエモじゃ…

グレー

雷の音で目覚めた、と思ったけれど、外は快晴だった。夢で雨の日を飼っているから、眠っていても頭の中に雷が鳴り響く。時刻は午前十一時。カーテンからのぞく青空にうんざ…

大人になんかなれない

深夜にこんばんは。 エンドロールの気持ちを教えて、第6回です。第5回では、ふらにーさんがその日暮らしの愛を叫んでいます。ぽつりとこぼれるひとりごとを隣で聞いている…

トロピカル

ぶぉぉぉおんとドライヤーが音をたてている。真っ直ぐな髪を適当に手ですきながら、ひたすら事務的にドライヤーを当てる女が、大きな鏡に映っている。幼い瞳。伸びた前髪。…

始まらなかった昔話『桃太郎』

むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがいました、というのは昔話の始まりにありがちなんだけど、私は住み慣れた部屋に一人で暮らしていました。ねえ、山へ芝…

ねえ、「君」は、実は君のことなんだ

noteって知ってますか? 聞かれて一瞬、不自然な間ができた。ああ、聞いたことある、と答えた私の声は少し上擦っていたかもしれないけれど、目の前の後輩は気付いていない…