[カレリア民話] なまくら娘ハティッコのお話(HÄTIKKÖ-TYTTÄREN STARINA)
見出し画像

[カレリア民話] なまくら娘ハティッコのお話(HÄTIKKÖ-TYTTÄREN STARINA)

Kieli

なまくら娘ハティッコのお話

 昔、ふたり姉妹がいました。1人はものぐさで、名前をハティッコ(なまくら)と言いました。もう1人はヴィルック(てきぱき)といい、すべての仕事をこなしていました。

(ある日)てきぱきヴィルックは洗濯物を洗っていました。凍った湖の穴へ衣服をすすぎに行きました。彼女は洗濯棒を持っていましたが、湖の穴に落としてしまいました。娘は洗濯棒を追って穴に飛びこみました。すると、湖の底から広い道が通っていました。娘は洗濯棒が見つからなかったので、道に沿って進んでいきました。道の先はある家に通じていました。(娘は)家へ向かいました。

 家には、鉤のようなあごをした婆さんがいました。婆さんは尋ねました。
―どこから来たんだい、娘さん?
娘は答えました。
―あの、上空の世界からです。
―何しにここへやって来たんだい?
―仕事と、食事を求めて来たんです(彼女は洗濯棒を探して来たとは敢えて言わなかった)。
―あたしんとこには仕事と食事があるよ。

 そうして(老婆は)娘に食べ物や飲み物を与えると、言いました。
―家畜小屋に行くんだ。牛たちの乳をしぼって、きれいにしてきておくれ。
牛たちは洗われておらず、フンや泥まみれでした。娘は牛たちをお湯で丁寧に洗いました。餌を与え、乳をしぼり、小屋に戻ると婆さんに牛乳を持っていきました。
 婆さんは家畜小屋に行くと、牛たちに尋ねました。
―新しい女中はどうだい、ちゃんと食べさせてくれたかい?
牛たちは言いました。
―丁寧に洗ってくれて、ご飯をくれて、暖かい飲み物もくれて、乳しぼりも丁寧だったよ。

 婆さんは、丁寧な仕事に満足し、娘に食べ物や飲み物を与えました。
娘は尋ねました。
―次は何をすれば良いでしょう?
婆さんは言いました。
―サウナを暖めて、子どもたちをきれいに洗っておくれ。
彼女は行ってサウナを暖め、水を温め、ヴァッツァ(※)を準備しました。小屋へ戻ると言いました。
―おば様、サウナの準備ができました。
婆さんは白樺樹皮の容器にカエルの子どもやトカゲを入れて、言いました。
―この子どもたちを洗ってきておくれ。

 娘は(サウナに)行くと、良い子たちだわ、と思いました。娘は子どもたちを1匹ずつ、清潔な水で洗い流すと、白樺樹皮の箱におさめました。子どもたちを小屋の婆さんのもとへ連れていき、かまどの近くに置きました。婆さんは子どもたちに尋ねました。
―ちゃんとサウナで良くしてくれたかい?
子どもたちは言いました。
―良くしてくれたよ。あなただって、こんなに僕らを丁寧に洗ってくれたことはないね。僕らをみんな1匹ずつ洗い流してくれたんだ。
婆さんは言いました。
―さあ、娘よ、もうお帰り。あたしんとこにはこれ以上仕事はないよ。

 (婆さんは)娘に報酬として、2つの宝箱をくれました。娘は片方の手に1つの箱を、もう片方の手にもう1つを持って出発しました。向かう途中で、洗濯棒も見つけました。家に帰ってくると、なまくらハティッコが尋ねました。
―どこに行ってたの?
彼女は言いました。
―洗濯物をすすいでいたら、洗濯棒を落としちゃったの。それを探しに行っていたのよ。道に沿っていったら家に行きあたって、そこで女中をしていたの。この宝箱は報酬に頂いたのよ。

 娘が宝箱を開けると、1つには金が、もう1つには絹織物が入っていました。
 なまくらハティッコは、自分もそこへ行って同じような宝箱を報酬としてもらってこようという気になりました。彼女はわずかな洗濯物を洗い、すすぎに行くと、洗濯棒を穴から湖の底へ投げ込み、自分も追って飛びこみました。道沿いに進むと、姉妹がいたのと同じ家へ行きつきました。家では婆さんが尋ねました。
―どこから来たんだい、娘さん?
―あそこの上空の世界からです。仕事と食事を求めて来たんです。
婆さんは言いました。
―あたしんとこには仕事と食事があるよ。

 (老婆は)娘に食べ物や飲み物を与えると、家畜小屋へ行くよう命じました。
―行って、牛たちに水をやり、乳をしぼってきておくれ。
娘は家畜小屋へ行きました。冷たい水を前に押しつけ、しっぽを、乳を、角を引きちぎり、さらに牛たちを罵りました。そうして家に戻りました。
―こちらが牛乳です、仕事は終わりましたよ!
 婆さんは家畜小屋へ行くと、牛たちに尋ねました。
―女中はどうだったかい?
牛たちは、誰もが何かしらの害を受けていたので、痛みの中泣いていました。
婆さんは尋ねました。
―お前たち、何を泣いているんだい?
牛たちは言いました。
―女中は冷たい水を押しつけて、私たちみんなをしばらくの間苦しませるほどに痛めつけましたよ。

 婆さんは家に戻ると、女中に言いました。
―サウナを暖めてきておくれ。
 娘は(サウナへ)行くと、少しだけ暖め、煙が残ったままサウナ炉の蓋をバタンと閉めました。家に戻ると、婆さんに言いました。
―サウナの準備ができました!
 婆さんは子どもたちを、カエルやトカゲたちを白樺樹皮の容器に入れると、サウナに入れてくるよう命じました。娘は子どもたちをサウナに連れていきました。サウナは煙で満ちていました。(娘は)カエルとトカゲたちを(別の)白樺容器にいっぺんに投げつけると、上から冷たい水をかけました。まったく暖かくなんてありません。(娘は子どもたちの)しっぽを、足を折り、目をえぐりました。子どもたちは泣き叫びました。婆さんは尋ねました。
―女中はどうだい、ちゃんとサウナに入れてくれたかい?
子どもたちは泣きながら、半分が殺されて、残りも痛めつけられたと言いました。
婆さんは言いました。
―もうお帰り。あたしんとこにはこれ以上仕事はないよ。

 娘が出発するとき、婆さんは2つの宝箱をくれて、言いました。
―家に帰ったら、納屋の敷居でこれを開けるんだ。そうしたら、財宝でいっぱいになるよ。

 こんなにも美しい宝箱に入った素敵なものを手に入れたことに満足しながら帰ると、納屋へ行きました。そうして宝箱を開けると、1つには火が、もう1つにはタールが入っていました。納屋に火が起こり燃え始めました。なまくらハティッコは、煙でタールのように真っ黒になってしまい、一生そんなような姿で過ごすことになりました。
 これでおしまい。

※ヴァッツァ: 白樺の若木を束ねて作るサウナ箒。身体を叩いて血行を良くするために使われる。

HÄTIKKÖ-TYTTÄREN STARINA

Oli kakši čikkuo. Toini on laiska. Šen nimi on Hätikkö. Toini on Virkku ta ruatau kaikki. 

Virkku-tytär pesi pyykkie. Mäni avannolla huuhtomah vuatteita. Hänellä oli pualikka. Še kirpoi avantoh. Tyttö hyppyäy avantoh pualikalla jälkeh. Järven pohjašta läksi levie tie. Tyttö ei löyvä pualikkua ta läksi tietä myöte mänömäh. Tien piäššä tulou talo. Mänöy taloh.

Talošša on koukkuleuka akka. Akka kyšyy:
- Mistäi olet, tyttön?
Tyttö vaštuau:
- Tuolta olen yläilmoilta.
- Mitäpä šie tänne läksit? – kyšyy akka.
- Läksin työtä-ruokua eččimäh. (Ei ruohi šanuo, jotta hiän läksi pualikkua eččimäh).
- Miula on työtä ta ruokua.

Šyöttäy, juottau tyttären. Šanou:
- Mäne liäväh. Lypšä lehmät ta ašeta hyväsistä.
Lehmät ollah pahanšiivoset, šitašša. Tytär lämmittäy vettä ta pešöy ne hyväsistä. Lehmät ruokkiu, lypšäy, tulou pirttih, tuou maijon akalla.
Akka mänöy liäväh. Kyšyy lehmiltä:
- Mitein uuši piika ruato, hyvinkö ruokki?
Lehmät šanotah:
- Hyväsistä pesi, ruokki, lämmintä juomista anto, hyväsistä lypši.

Akka šyöttäy, juottau tyttären hyvällä mielin, kun niin hyväsistä ruato.
Tytär kyšyy:
- Mitäpä nyt on työtä?
Akka šanou:
- Lämmitä kyly ta peše hyväsistä lapšet.
Hiän mänöy, lämmittäy kylyn, vejen kuumentau, vaššat laittau valmehekše. Tulou pirttih ta šanou:
- Kyly on, täti, valmis.
Akka panou tuohiropeheh šammakon poikasie ta čičiliuškoja i šanou:
- Mäne peše nämä lapšet.

Tytär mänöy ta ajattelou, jotta hyvät on nämä lapšet. Tytär pesi lapšet yksitellen, valo puhtahalla vejellä, pani ropeheh. Toi pirttih lapšet akalla. Nošti kiukahan korvalla. Akka kyšyy lapšilta:
- Hyväsistäkö kylvetti?
Lapšet šanotah:
- Hyväsistä. Šie et ole meitä ni konša niin hyväsistä peššyn. Hiän pesi ta valo meijät kaikki yksitellen.
Akka šanou:
- Nyt, tyttön, mäne poikeš. Miula ei ole enämpi mitänä työtä.

Antau tyttärellä palkakše kakši lipašta. Tytär läksi, otti yhen lippahan yhteh käteh, toisen lippahan toiseh käteh ta männeššäh löytäy i pualikan. Tulou kotih. Hätikkö-tytär šanou:
- Missä šie olit?
Hiän šanou:
- Huuhoin pyykkie, kirvotin pualikan. Läksin šitä eččimäh. Jouvuin tietä myöt'e taloh. Olin šielä piikana. Nämä lippahat šain palkakše.

Tyttö avuau lippahat: yheššä on kultua, toisesša šulkkuo.
Hätikkö-tyttärellä rupei mieli tekömäh, jotta pitäy hänenki lähtie šinne ta šuaha palkakše šemmoset lippahat. Hiän pesi vähäsen pyykkie, mäni huuhtomah, loi pualikan avannolla jiän alla ta iče hyppäi jälkeh. Mäni tietä myöt'e šamaseh taloh, missä oli ollun sisär. Talošša akka kyšyy:
- Mistä olet, tyttö, mitä läksit tänne?
- Tuoltahan yläilmoilta. Läksin työtä-ruokua eččimäh.
Akka šanou:
- Miula on työtä ta ruokua.
Šyöttäy, juottau šen tyttären. Käšköy liäväh:
- Mäne juota ta lypšä lehmät.

Tytär mänöy liäväh. Trähni kylmyä vettä eteh, miltä hännän, miltä nännin, miltä šarven kiskou ta vielä noituu lehmie. Tulou tupah:
- Täšš on maito, työt on ruattu!
Akka mänöy liäväh, kyšyy lehmiltä:
- Mimmoni on piika?
Lehmät itetäh tušissah, kun hiän kellä mitäki pahua ruato.
Akka kyšyy:
- Mitä työ itettä?
Lehmät šanotah:
- Šemmosen piijan laitoit, mikä trähni viluo vettä eteh ta meijät kaikki vaivasilla päivillä löi.
Tulou akka pirttih. Šanou piijalla:
- Mäne lämmitä kyly.

Mänöy tyttö, pikkusen lämmittäy, šavun keralla pačkuau kiukuan pellin. Tulou pirttih, šanou akalla:
- Kyly on valmis!
Akka panou lapšet – šammakot ta čičiliuškot – tuohiropeheh ta käšköy kylvettämäh. Tyttö viey kylyh lapšet. Šiel on šavuo. Pačkuau šammakot ta čičiliuškot ropeheh yhtäaikua. Viluo vettä piällä. Eikä šen paremmin kylvetä. Katkuau miltä hännän, miltä jalan, puhkou šilmät. Lapšet itetäh, karjutah. Akka kyšyy:
- Mitein piika kylvetti?
Ne itetäh ta šanotah, jotta puolet tappo ta loput šuatto vaivasiksi.

Akka šanou:
- Mäne nyt poikeš. Ei ole työtä enämpyä meilä.
Tytär lähtöy pois. Akka antau kakši lipašta. Šanou:
- Kun mänet kotihis, avua nämä riihen kynnykšellä, nin še tulou täyši eluo.

Tytär mäni hyvällä mielin, jotta nyt hänellä on tavarua näin kaunehissa lippahissa, ta mäni riiheh. Niin hiän avai lippahat: toisešša oli tulta, toisešša tervua. Riihi šytty palamah. Hätikkö- tytär tuli niin muššakši šavušta, kuin terva, ta šemmosekši jäi koko ijäkšeh.
Siihi še loppu.

単語

hätikkö [形] のろのろした, だらしない
virkku [形] きびきびした, 活発な, 素早い
huuhtuo [動] すすぎ洗う, 洗浄する
koukku [名] 鉤, フック, 火かき棒
ylä- [頭] 上の
asettua [動] 置く, 据える, 食事を出す, 安心させる, 調律する
šitta [名] 肥料, 糞尿
laittua [動] 準備する, 用意する, 服を着る
šammakko [名] カエル
valua [動] 注ぐ, 流す
kylpie [動] 蒸す,サウナに入れる, サウナで入浴者をヴァッツァでたたく
trähnie [動] 押しつける
kiskuo [動] 破る, 引き裂く, ちぎる, はぎ取る, 引き抜く
noituo [動] 魔法をかける, 呪う, 罵る
tuška [名] 痛み, 苦しみ, 深い悲しみ
vaivani [形] 病気の, 弱々しい
pačkata [動] 打つ, たたく, (ドシン・パタンと)音を立てる
pelti [名] ペチカの煙突につける蓋

出典

所蔵:ロシア科学アカデミー カレリア学術研究所(KarRC RAS)
採取地:カレヴァラ地区のアロヤルヴィ(ペトロザボーツクで録音)
採取年:1947年
AT 480 (旧AA 480A)

日本語出版物

確認中。

つぶやき

以前紹介した「 おじいさんの娘とシュオヤタルの娘」と同話型になります。旧番であるアールネ番号だと、バリエーションが分かれますが。

おじいさんの娘とシュオヤタルの娘」の場合は、優しさの恩返しとして動物たちが仕事を手伝ってくれたり、悪の手から守ってくれますが、今回のお話では、単純に主人公の仕事への向き合い方のみが評価されている点から、比較的古いバリエーションであると考えられています。

このバージョンはカレリアの口承伝統叙事詩、民話の語り手として著名なマリア・イヴァノヴァ・ミヘーエヴァ(Maria Ivanovna Mikheeva/Мария Ивановна Михеева;1884-1969)から採取されました。彼女はこのお話について、「祖母から聞いた。子どもたちに働いてもらいたいときに語り聞かせた。」と述べています。お話を聞いた子どもたちは、しっかりお手伝いしてくれたのでしょうかね。

ミヘーエヴァは詩や物語の創作にも長けており、著作物も残されています。
その分、彼女が語る民話にはオリジナルの創作部が含まれていることも多く、古くからの言い回し表現か、彼女の創作かは注意深く考察する必要があります。

2010年には、ロシア科学アカデミー カレリア学術研究所に所蔵されている、彼女が語った74の民話をまとめたカレリア民話 - マリア・イヴァノヴァ・ミヘーエヴァのレパートリー(N.F.オネギン編, KarRC RAS, 2010)が出版されており、カレリア語(ヴィエナ方言)、ロシア語の両方で楽しむことができます。

>> KARJALAN RAHVAHAN SUARNAT(カレリア民話)- もくじ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Passipo! Kiitoš! ありがとうございます!
Kieli
自分の基盤であるフィンランド,憧れやまないカレリア。多くの伝統を共有しながらも,その伝統が異なる方向へと新たに「創造」されていく双方文化から目が離せません。しばらくは主にカレリア語独学記録,カレリア民話の和訳、ときどき伝統楽器カンテレやカレリアの音楽について綴っていきます。