見出し画像

#29 運を良くしたい? その2

関本ゆかり··metronom··

#28 運をよくしたい?その1 

皆さんいつもありがとうございます😊

その1からの続きです

運は 貯金のようなものにも似ている
と 前回お話させて頂きました

とは言っても
この地球上にある「運」というイメージのことは
なんとも 多角的で壮大なものだと思っていますので  この場で私が書くことはほんの 小さな一角度からみた個人的な意見だと思って頂けたら幸いです


「運」は貯金にも似ていますが お金と違うのは
無意識下の世界 で 常に流動している という点

貯金なら 自分の意思で動かす意識があっての流動ですけどね


私たちが生きているだけで
知らぬ間に増える 溢れる
知らぬ間に減る なくなる

という感じでしょうか

こうなると やはり 減るのは嫌なものですね 
笑 

少なからず欲が出るのが人というものですからね
(  欲は「悪」ではありません😊)


では 
「運貯金」を どうしたら減らさずにいられるのでしょう

 前回 大きくわけてお話した
メインバンク、サブバンクを覚えていますか?


・メインバンクは 自分自身の魂の輪廻が繰り返される中で貯めてきた「運(人生サポート力)
そして 
・サブバンクが 自分自身が輪廻する中で「身内」になった者たちの 要は先祖が貯めてきたもの といったものです

~メインバンク の事~

ここまで 私の個人的な意見を書いていたら お察し頂いているかもしれませんが

「運」は ”善行”  とか ”徳を積む” という事で 貯まるような気がしませんか?

わかりやすい例ですと
人に親切にすること  ともいえますが

親切にすれば全て貯金となるか といえば それは 違うようで

難しい点は

「自己満足」では ならない点でもあります

例えば
親切を  見返りを求めてやった事だったり  
本当は 相手のためにならない 大きなお節介だったり。。等

この判断は どうにも 私たちにその判断のつけられるものではなくて

最終的には〝 神様〟が 判断するようなものなのだそうです

**人のためにと自分ばかりが動いて
人をダメにしてしまうのは 
よくない事ですもんね
**

そんな感じです

~運を減らさないために~
とは 書きましたが

結局 自分が出来ること 無理のない範囲で 隣の人 隣の人、、 自分の生活範囲内で 困っている人がいれば 手をさしのべ  自然に 誰かの心の負担を減らすお手伝いができたらよいんですよね

ボランティアも募金も そうです

自己犠牲になっては ならないんですね


運をupさせよう
運を貯めよう

色んな考え方がありますが 

ちょっと深いところでいえば

自分を愛せるような行動をする

自分を愛せるような行動をしていると 
してよい親切
してはいけない親切

からだが 自然に動くと思っています


なので 意気込んで 運気アップを狙わずとも

まずは お手伝いを必要としているところに
出来る範囲で手を差し伸べ
そして 何よりも  心を向けることなのかなと 思います

(自然に向いていると思いますが)


そして! 
霊能者らしいことを申し上げますと


良いことをした人には
(良いこと=人が安心できる 明るい気持ちになれる ポジティブなこと)
精霊のような存在が 集まります

この精霊が多い人は
なぜか 「ラッキー!」と声がでてしまうような 出来事も多いのですね

加えて そういう方は
ラッキー!があると ちゃんと周りに何倍返しも出来る方が多い

ただただ ラッキーに溺れるだけではないんですね。

この精霊は すぐに増えて すぐに居なくなるような面もあります

人が安心する事ができる人=良いことが自然にできる人

この精霊も手伝って 
運があがるのだと 
私は そう感じる事がよくあります。


人の事に気づける人は
人に親切ができますね

人の事に気づける人は 心にゆとりもありますね
ゆとりがないと親切も辛くなります


*┈︎┈︎┈︎┈︎

さて 今回はメインバンクの
自分で できる運の貯金のお話でした

次回はサブバンクの事を お話いたしますね


いつも ありがとうございます😊




YouTubeをきちんと始めました
 今後運の話もしていけたらと思います

https://youtube.com/channel/UCJmZpXnoJOvNAF681_LS7gw


よろしければ お越しください
また チャンネル登録 応援のイイネも して頂けたらとても嬉しいです

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
関本ゆかり··metronom··

いつも応援くださりありがとうございます! 私が発するものが少しでもお役に立てられたなら幸いです サポートは有難く頂戴し 一部は 私が接触している動物保護団体や様々な事情で学ぶ機会を奪われた子供たちの元へ寄付いたします