見出し画像

YAMI大学・深呼吸学部へ、ようこそ。(入部案内)


YAMI大学は、コロナ情況の中で解体されていく旧来型の教育システムを眺めながら、敗戦後の闇市の中に立ち上がる新しい学びの場です。学校というフレームに価値があるのではなく、教える人と教えられる人とが作り出す学びの時間と空間が大切だと思います。さまざまなテーマにおける「教える人」が中心になって私塾を立ち上げます。基本ツールは、コロナ情況によって一気に普及したZoomです。

 そうした私塾のネットワークがYAMI大学です。大学は漆黒の中にあります。その闇の中で、さまざまな学びの場が瞬間、輝きます。

画像7

画像2

●学部設立趣旨

 コロナ情況が引き起こした最大の変化は、コミュニケーションの現場がリアルからメディアの上に大きく移動したことだと思います。メディアの上で関係性をつくるために必要なことは、言葉です。どこかで聞いたような話を語っていても、リアルな場では、存在感や雰囲気で相手を煙に巻くことは出来ますが、メディアの上では、空虚な言葉は、空虚な実態を表すことでしかありません。メディアの上では、あなたの言葉は、すべての人に見られ、記録されているのです。

 YAMI大学 深呼吸学部は、一人ひとりの言葉に対する考え方を確認し、発語のトレーニングを行います。話し方教室ではありません。コピーライター養成講座でもありません。あなたの実存を、あなた自身の言葉に仮託することを「深呼吸する言葉」と呼びます。

画像3


●入学案内

誰でも参加できます。

毎週土曜日の夜に実施します。橘川の都合で休講の場合もあるので、ご了承ください。

▼必要なものとスキルは以下です。

◇講義はZoomで行いますので、Zoomを使える環境を持っていること。

◇正規受講生は、noteのアカウントが必要です。ない人は、アカウントを登録してください。

◇筆記具とノートをご用意ください。

▼「正規受講生」と「聴講生」があります。

「正規受講生」は、参加受講に応じて、修了資格と、「深呼吸する言葉」の段位試験が受けられます。

◇正規受講生の参加費は、月額1万円です。
noteの有料マガジン「アフターコロナ総研(仮)」(月額1万円)の会員登録をお願いします。


「聴講生」は、スポットで参加出来ます。

◇聴講生の参加費は、月額1000円です。

noteの有料マガジン「橘川幸夫コミュニティ・マガジン(思考note)」(月額1000円)の会員登録をお願いします。

画像6

●上記会員登録をされた方は、「こちら」のフォームで、受講者登録をお願いします。

不明な点がありましたら、橘川(kit@demeken.co.jp)までご連絡ください。

画像4

●教室


YAMI大学・深呼吸学部(note教室)

YAMI大学・深呼吸学部・道場
受講生による、深呼吸する言葉の公開場

▼Facebookの学生サロン
受講生の交流スペースです。

画像8

YAMI大学・深呼吸学部・ゲスト講師について。

画像9

●深呼吸学部の方向性(正規受講生と聴講生)


YAMI大学・深呼吸学部は「学校」ですので、新入生と卒業生がいます。
新しい受講生が来ましたら、先輩たちは、いろいろ手助けしてあげてください。正規受講生と聴講生は、同じ指導を受けられます。

卒業はいつでも辞められるし、永遠の留年生も受け入れます。

卒業の方式として、以下の二つを提案します。

1.頑張って部活動を推進して、自分のテーマで新しい学科を立ち上げる。

*いきなり学科を新設するのではなく、試しに、単独セミナーなどを企画して運営してください。
*自分で一定程度の受講生を集められると思ったら、独立してください。完全に独立してもかまいませんし、深呼吸学部の下で新しい学科を立ち上げる場合は相談してください。
*こちらは、正規受講生でも聴講生でも区別ありません。

▼現在、構想中の新学科は「存在学科」「ひりひりマネー講座」などです。


2.深呼吸歌人の道を進む。

*深呼吸歌人になるためには、正規受講生にて受講してもらいます。
*受講の回数に応じて白帯(初心者から4級まで)を授与します。
*初段になるためには、昇格試験が必要になります



画像5






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
橘川幸夫

橘川幸夫の無料・毎日配信メルマガやってます。https://note.com/metakit/n/n2678a57161c4

顔、ほころぶ。
参加型社会一筋