#ミスiD2021

私のアイドル活動は高校一年の冬に始まり、今日までの約7年間、4度のグループ変遷、ソロ活動、1度目のミスiDなどを経て、あらゆることをやってきました。

活動変遷(より詳細→ https://collections.id/tsukihi/ )
1.熱量と熱狂、多幸感と笑顔、激しい体育会系パフォーマンスを極めた「RYUKYU IDOL」
2.AKB48に魅せられた社会学者のプロデューサーのもと、バラエティ活動も盛んに行い、ファンと親しい距離だった「PIP(Platonics Idol Platform)」
3.サブカル的でアイドル文化を俯瞰的にとらえた芸風のソロ活動「もかろんちゃん」
4."ライブ活動"以外のアイドルのあり方を垣間見せてくれた「本とうたた寝。」
5.楽曲派の「RAY」と、個人の夢を運営方針やグループの規模にとらわれずに叶えられる「collections」という仕組み

センターもエースも干されも経験したし、今の私からは想像しにくいかもしれませんが1〜3ではいじられキャラでした。
1度目のミスiDでは、そうしたいじられキャラに押しやられてしまっている「私がなりたい私」をどうにか出していくこと、そしてアイドルとミスiD的活動を両立できないかを考えて活動していました。

こうして振り返ってみると、かなりの"アイドルとしてのパターン"を網羅してきたように思います。

今、明日のミスiD2020卒業式を前に、アイドル、ミスiDの文化、双方を見渡して感じたことを書いていきたいと思います。


昨今のアイドルの「アイドルらしさ」や「男性の欲望」に対するアンチ的振る舞いと、それらへの「アイドルなのに◯◯してる」という評価には、正直もう食傷気味です。漏れ出た恋愛事情についてファンに寛容を求めることや、祝福しないファンは大切に思っていないファン、という空気にも違和感があります。
確かにフェミニズム的にはそれは"女性の解放"だろうし、それを受け入れられない男性は未熟かつ権威的、ということになるのかもしれないけど、アイドル文化はその本態として、そういったフェミニズム的文脈を"横に置く"から面白いのだと思います。
そういう"正しすぎる"世界とは違う男女のあり方、人間関係があると見せてくれるから楽しい。
今、私は女性アイドルー男性ファンの関係を前提として話していますが、LGBTQ+含めた他のどんな組み合わせだって同じことが言えます。
さまざまな意味で不公平で、非対称で、不平等な、だけどどこかに聖性がある、尊い関係というのがあると私は思っています。


このご時世、「私らしく生きる」は転化して、「他人の人生に口を出すな」「周りの言うことなんて無視すればいい」という正しさを作り上げてしまった。
「あなたはそのままでいい」「自分の人生を好きに生きればいい」そういった言葉でアイドルは肯定をするけれど、その世界に他者はどうやって存在しているんだろう?また、批判やたしなめに対する「嫌なら見なければいい」「ありのままの私で肯定してくれる人が推してくれたらいい」というスタンス。
それらはあえて対比するならアーティストの生き方で、アイドルの生き方(特定の誰かではなく、みんなに好かれるという"異常"な生き方)ではないように思います。だから今、その"異常"な生き方こそが作り出す、熱量や面白さがどんどん減っているんじゃないかと思います。


私がなりたいのはみんなにウケるキャラクターではないし、特定の職業でもありません。
私は、私を変える仕組みをつくりたい。
いろんな形になり続けたい。何かへのアンチとしてではなく、周囲への反発とかでなく、変わっていきたい。
私のアイデンティティに、大人への怒りも社会への不満も、そして孤独も特段必要ない、と言えるよう。


私はずっと、自分の泥沼思考パターンは家庭環境のせいだと思ってきました。そういった呪いの矛先が人それぞれにあることでしょう。そこへ周囲からの「あなたは悪くない。その呪いは正当なもので、あなたはそのままで十分愛される。」、そんな寄り添うような言葉があったかもしれません。
しかしそういう言葉こそが新しい呪いを生み出してしまう。きっとみんなも気づいている。私は私だと叫び、好きなように生きると宣言し、自分の感情を正しいものと絶対化してTwitterでバラまいても、何も埋まらない。そう気づいているのに、その狭間で泣きながら、また何かを曝け出すことに必死になっている。環境を呪う限り、自分への呪いは解けない。それもわかってる。誰かからの好意を受けても、アイドルになりファンに好かれても、埋められない。わかってる。でも埋められないなら呪うしかない。どうしたらいい?

私はミスiDをそういった呪いのジレンマ、今まさに、私が抜け出そうとしているそのジレンマの場から、次の場に移したい。
きっと答えはシンプルで、単純に、本当に単純に、自分以外の「自分をまるっと肯定してくれない」他者が必要、ということ。

今の自分を、呪いと一緒にいつのまにか否定して、依存させてくれないまま、変えてくれる体験。
呪いを解く目的で集めた人や物やステータスは、呪いを解くことができない。だから"本当の私"を曝け出さなければ始まらない、そういう思考自体がきっと落とし穴で、呪いが解けない限り動けないなんてことは絶対にない。
世界があなたを受け入れる方法はいくらでもあって、「全てを受け入れる」以外の受け入れ方もきっと無数にあるんだと思う、たぶん。

だから、環境を呪うことに知らず知らず疲れている女の子に、もう呪わなくていいと声をかけたい。よく呪ったね、と言ってあげたい。
それがどれだけの労力を要するか、自分を呪うことと同等の苦しみか、他でもない私自身がいろんなものを呪ってきて、十分すぎるほどに知っています。今でも呪いは解けていません。
しかし、私は決めています。これから先、呪っていない自分に気づいた時には、許してあげると。


アイドルはみんなに好かれる職業ですが、それ以上にみんなを好く職業です。
私は女の子に伝えたい。何らかの抑圧からの解放だとかを理念に生きていく必要はないし、"世界に反発してあるがままに生きる人間"だとかを神様にする必要はない、と。
そして何より、自分を神様にする必要はないのだと。
それが私の目指す、アイドルとしてのあり方です。概念ではなく、意志で存在する、アイドル。


もっと簡単に人を頼り、他人について好きに語り、他人から好きなように語られる。無責任にアドバイスされ、反発しながら確かにそうかもと思う。泣いたら「泣いてもいいんだよ」と同じくらい「メソメソするな」と言ってもらう。無意味に支えられて感謝して、勝手に望まれて偶然に応えて、自然に裏切って理由なく与えていく。


明日の私は、私が決めない。
きっと私は、私がなりたいようにならない。
でも主人公は私で、そうやって幸せになっていく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
53
RAY https://r-a-y.world/ で活動しています。「ドキュメンタリー映像をのこしたい」→ http://collections.id/documentary
コメント (1)
肯定することが、肯定することに繋がらないもどかしさのようなものは常に感じていて、それが悩みどころでもありました。
否定しても肯定しても(否定する気はさらさら無いですが)、月日さんの中で腑に落ちないと何も変わらないし、肯定することで却って腑に落ちてくれないこともままある。
自分の中で落とし所を見つけないと「呪い」からは解放されないのかもしれないけれど、解放されてもいいし、解放されなくても良い。
そんなのは瑣末なことであり、月日さんが月日さんとして幸せでさえあれば、幸せを感じてくれさえすれば、どちらでも良いのだ。 どちらでも良い。
ファンと言うか客と言うか、そう云うものである我々は、傍観する他無い訳で、傍観する中で、対象の幸せを願い祈る。
経過として結果として、月日さんが幸せでありますように。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。