見出し画像

創作》ビルとビルのすき間のビル

「やれやれ、困ったものだね」

そろそろ定年という壁が見えて来た男は、軽く溜息を吐く。
実はその業界では成功をおさめた会社の人事部長だ。

今日は戦力増強の為の面接日。
しかし、困った事に面接を予定している人間が来ないのだ。
遅れるとの連絡は受けているのだが、その後一行に来ない。

「もういい。彼の携帯に連絡して、伝えろ。不採用だ、と」

しびれを切らした部長はそう部下に言う。
もう次の面接者が来る時間だ。

とりあえず、お茶を飲み、気を落ち着ける。
面接者が来るはずの時間。

入って来たのは、部下からの「面接者が遅れるそうです」という連絡。

部長はまた溜息を吐く。
朝からこれで5人目。
遅れるという連絡の後、実際に来た者はいない。

「まぁ仕方ない。辿り着いた人間を採用する仕組みだしな」

ちなみに、その会社の名前は「株式会社忍者派遣サービス」という。

original post:http://novel.ark-under.net/short/ss/82


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

めぇ〜〜♡
2
創造と想像をくりかえす、黒いヒツジ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。