見出し画像

創作》晴れ時々ネコ

ある朝、ネコの鳴き声で目が覚めた。

うちにネコは居ない。
近所で時々見かけるが、そんなに多くはない。

気になって窓を開けると、よく晴れた空からネコが降っていた。

意味がわからないと思うが、オレにもよく分からない。
三毛、黒、白、キジ、茶トラ、さばトラ、、、などなどなど、
あらゆるネコが空から、
キャットタワーの上から降りてくるように軽やかに、雲を足蹴にひょいひょいと、
降ってくる。

昔、ブタが降る絵本だかなんだかあったなぁ。
それのネコバージョンかな、なんて、
寝ぼけた頭をかいた。

寝起き。
そうだ、これは夢だ。
こんな非現実的なこと、あるわけがない。

そう思ったところで目が覚めた。

やはり夢だった。

とはいえ、あのモフモフにまみれたら、
とてつもなく気持ちが良いのではないだろうか。
ブタではなくネコだったのだから、
せめて思う存分にモフッてから目覚めたかった。

そう思いながら窓を開けると、
庭を埋め尽くさんばかりにネコがいた。

辺りを見回すと、そこら中がネコだらけ。
夢じゃなかったのか?
それともまだ夢の中にいるのか?

オレは思案した後、とりあえずモフッてから考えることにした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

めぇ〜〜♡
6
創造と想像をくりかえす、黒いヒツジ。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。