見出し画像

2020年をニーズシートで振り返ってみる

先日、鎌倉パーマカルチャーランチというイベントで、素敵なごはんをいただきながら、1年を振り返る機会がありました。

振り返りのために使われたシートはNVC(共感コミュニケーション)で使われるニーズシートのみ。これだけ。

http://reminiscences.jp/wp/wp-content/uploads/NeedsSheet.pdf

この中から、「今年、どのニーズが満たされたか」「来年どのニーズを満たしたいか」に印をつけて、それぞれ発表していきました。

私が今年一番満たされた主なニーズは、

・Rejuvenation (いのちの力がよみがえる)

・Aliveness(生き生きさ)

・Well-being(心と体の健康)

この3つ。

今年1年は、本当に心が元気になった。そして体も元気を取り戻した感覚がある。

その過程には、

主にNVCを通して、「理解する・される」「受け入れられる」「聞いてもらう」ことによって「嘆き」「癒し」「発見」があり。そんな「学び」を経て、今「希望」に溢れている、という感じです。

他にもたくさんのニーズが満たされたし、もう少し見つめ直したいなぁというニーズもたくさんあります。

画像1

(↑青字が今年満たされたニーズ。黄緑が来年満たしたいニーズ)

そして、来年に向けて大事にしたいことは、

本物であること。Authenticity. 

まだまだ、受け入れられない自分の部分もたくさんあるし、隠している部分や上手く取り繕っているところもあります。なぜなら、正直であることによって、誰かとのつながりがなくなってしまうんじゃないか、と怖れているから。

過去に捨ててきてしまった部分や、まだ人を選んで見せている部分を、拾い集めて、統合したい。そんな部分を、優しさ暖かさ、信頼とともに受け入れて、自分に正直に生きたいなぁと。

でも、正直さを持つことで、誰かを傷つけるんじゃないかと思ったとき、ちょうどこんな動画を観ました。

「正直さ」というと、「何でも思ったことをそのまま言う」という意味にとらわれますが、NVCでは自分の気持ちや感情を観察することを大事にします。この動画で紹介されているように、正直さとは「あなたってブサイクだね」と相手や目の前のことに価値判断を下すことじゃなく、「どうして自分がそう感じたのか」と寄り添い、観察し、「そうか、彼女の笑い方が自分には何について笑っているか分からなくて、モヤモヤするんだ」と気付くこと。

そうして自分に寄り添えたとき、「何が面白いと思っているの?」と、興味を持って聞くことができるかもしれません。

そうすると相手も「実は緊張していて」と、本心を話してくれるかもしれない。そうやってコミュニケーション、つながりが生まれてくる。

…と、理論で分かっていても、なかなか日常に落とし込めないのが正直なところ。

まずは焦らずに自分の気持ちに気付くことから始めたいけど、その方向性には希望があります。

Honesty for Connection, not for Separation. 

そう思って、こんなポスターを作りました。笑

画像2

これを来年のテーマにして、家のどこかに貼りたい。

そして、最後にNVCの創始者のマーシャル・ローゼンバーグの言葉を紹介します。

Every judgement is a tragic expression of an unmet need. 

「どんな評価やジャッジも、満たされていないニーズが痛々しく訴えている声である」ということ。

そんな「評価の声」を「ニーズ」に翻訳する表を作ったので、一年の締めくくり、振り返りにもぜひご活用ください!

良いお年を!







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとう♡
暮らしをつくること。世界を巡ること。言葉を紡ぐこと。「ことばのたね」として英会話・翻訳を行っています。https://kotobanotane.com/