静岡県 難波副知事が語るオープンデータの重要性
見出し画像

静岡県 難波副知事が語るオープンデータの重要性


2021年7月3日に発生した熱海市の土砂災害に対応されている静岡県 難波副知事が、実感のこもった言葉で語るオープンデータの重要性

難波副知事の経歴:2013年国土交通省大臣官房技術総括審議官※技官トップ、2014年に退官後、静岡県副知事 

7月15日に行われた難波副知事の会見動画、21分からの総括コメントでオープンデータの重要性についてコメントされています。

以下、難波副知事のコメントの要約です。

 総括として、オープンデータの重要性。時代が変わったことを痛感。
 データを県庁に閉じずオープンにすることで、外の人がサポートしてくださる。
 昔であれば権威ある先生を集めた委員会をこれから立ち上げるが、データをオープンにしているので、すでにいろいろな方がどんどん解析してくださっている。これが凄い参考になっている。
 昔のような自前主義だと外注して解析する必要があるが、オープンデータにすることで日本中、場合によっては世界中から解析して助けてくれる時代。
 オープンイノベーションだと口では言っていたが、オープンデータがここまで力を発揮するとは思っていなかった。
 取れたデータをどんどんオープンにすることで、解析してくれる人同士が話合う。論争するのではなく、お互いに改善していく。本当に時代が変わったことを実感している。


(その後の質疑応答も41分〜オープンイノベーション、54分〜盛り土の不法投棄は目視ではなくデータで自動解析する時代、59分〜オープンデータとコミュニティの話)

関連記事

2021年7月静岡県熱海市の土石流災害に関する空間データの可視化と共有

瀬戸先生による、静岡県や民間からオープンにされているデータと、それらを活用した可視化や解析のまとめ。

熱海土石流、3D分析で究明進む 「盛り土」を早期発見
専門家ら、オープンデータを活用

熱海土石流から数日で「バーチャル被災地」公表、新しい災害対応が根付く予感 | 日経クロステック(xTECH)

静岡県庁職員 杉本さんと産官学の有志による「静岡点群サポートチーム」の構成メンバーリストも。

熱海の土石流災害、現場の3Dモデルを有志が公開 ドローン映像を基に作成


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!