maze研 編集長ひらばるのひとりごと

ダイバーシティなカルチャーマガジン|mazecoze研究所。 「あなただけの自由を後押しする」知恵や視点を集めて発信しています。 mazecozeのことが大好きすぎる編集長のひらばるが、メディア運営のあれこれを思うままにしゃべります。http://mazecoze.jp

メディア運営5年目のサイトリニューアルは、そのプロセスが何より楽しくありがたかった。

7/7🎋にWebマガジン「mazecoze研究所」が新しくなりました。 ダイバーシティという、つかみどころのないテーマを追って、はや20年。 その輪郭を探るように、このメディア…

取材現場のビリビリしびれる肌感覚を、シェアしてみたい

こんにちは。mazecoze研究所のひらばるです。 このnoteは、mazecoze研究所全体のnoteとして昨年からはじめたのですが、研究員で敏腕プロデューサーの福留千晴さんから、「…

  • mazecoze研究所オンライン取材同行体験 〜コピーライター安藤寛志さんの対談をのぞいてみませんか?

    mazecoze研究所オンライン取材同行体験 〜コピーライター安藤寛志さんの対談をのぞいてみませんか?

    mazecoze研究所の取材に同行してみませんか?「取材同行体験」第2弾は、コピーライター 安藤寛志さん×maze研ひらばるの対談です✨「地図に残る仕事。」「太平洋に吠えろ。」「もういっぺん生まれてくるとしたら、自分がいいですか。」「小便小僧がいる 小便少女もいる」「最終的にはラブしかないでしょ。」「人生は、ほぼ、文庫になっている。」「見えているものだけが、生きているのだろうか。」(東京コピーライターズクラブwebサイトより引用:https://www.tcc.gr.jp/copitan/id/11021986/)安藤さんのことばを、一度は目に、耳にしたことがあるのではないでしょうか?心と記憶に残る数々のコピーを生み出してきた、コピーライターの安藤寛志さん。mazecoze研究所で新しくはじまる、編集長ひらばるが敬愛する方々と多様性の輪郭を探究していく連載「自由ぽい人とダイバーシティを語ろう」で、安藤さんと対談させていただくことになりました。テーマは「ことばと多様性」。仕事やソーシャルデザインプロジェクトや農やおいしいもの活動などで大変お世話になっている安藤さんと、自由な視点からダイバーシティのこと。そして「ことば」のもつ可能性について、聴いてみたいと思います。ご興味をお持ちいただけましたら、取材に同行してみませんか?お菓子とお茶をご用意して、お気軽にご参加ください^^※安藤さんとひらばるは、東京コピーライターズクラブにて、対談を開催します。取材同行は、オンラインでおつなぎします。【オンライン取材同行体験概要】●体験していただける取材(コンテンツ)自由ぽい人とダイバーシティを語ろう●開催日時:2020年7月1日 (水)14:00〜15:00(開場13時55分)●実施方法:オンライン会議ツールzoomを使用 https://zoom.us/●参加費:1000円(税込)※別途電子チケット発券手数料2%がかかります【取材同行体験の流れ】1)参加のお申込をいただきます・チケット購入はmazecoze研究所のSTORESよりお願いしますhttps://mazecoze.stores.jp・開催前日までに、主催者より「Zoom」のURLをお送りします2)当日、お時間になりましたら、お知らせしたURLよりご参加くださいzoom “開場” 13時55分-(アクセス確認のためのフリータイム)3)取材開始14:00〜15:00 ★取材同行時のお願い★・ミュートにてご参加お願いします
(取材を視聴していただきます)・ご質問等は、zoomのチャット機能に投稿ください
(取材中に一部取り上げたり、記事に組み込ませていただくかもしれません)・終了時間をオーバーする可能性がございます。ご都合に合わせて退出してください・記録と記事内での利用のため録音、録画、スクリーンショット撮影させていただきます。NGの方は、ビデオオフでのご参加をお願いいたします。●対談参加者・安藤寛志さんフリーランスコピーライター/クリエイティブディレクター「4コマ言葉®」更新中https://4komakotoba.jp/home?category=安藤寛志・ひらばるれなmazecoze研究所代表●ご確認事項・聴覚や視覚に障害をお持ちの方、参加する上でサポートが必要な方は、できる限りのサポートをさせていただきますので、お気軽にご連絡ください・チケットは1人1枚必要です・申し訳ありませんが、領収書の発行は承っておりません・お申し込み後のキャンセル、及び返金はお受けいたしかねます。ご了承ください【mazecoze研究所について】mazecoze研究所(まぜこぜけんきゅうじょ)は、「あなただけの自由」を後押しする色とりどりの視点を集め発信する、ダイバーシティなカルチャーマガジンです。https://mazecoze.jp/about【主催】 mazecoze研究所https://mazecoze.jp
    ¥1,000
    mazecoze研究所
  • 【先着5名】mazecoze研究所オンライン取材同行体験 〜だれでもクリエイティブ クリエイティブ・ディレクター田中淳一さんの感覚感性を分解し隊〜の取材をのぞいてみませんか?

    【先着5名】mazecoze研究所オンライン取材同行体験 〜だれでもクリエイティブ クリエイティブ・ディレクター田中淳一さんの感覚感性を分解し隊〜の取材をのぞいてみませんか?

    mazecoze研究所の取材に同行してみませんか?こんにちは。mazecoze研究所 編集長のひらばるです。mazecoze研究所 は、活動をスタートして2020年で5年になります。記事数は200を超え、これまで取材の機会をとても大切にしてきました。取材は、お話を聞かせていただく方が積み上げてきた知恵や工夫や努力や挫折も含めた人生そのものを凝縮して教えていただくとても贅沢な時間です。私にとっては、取材そのものが一大イベントで、「最高に心動かされるこの体験を、自分だけで味わうのはもったいない」といつも思っていました。取材の場で体感できる空気や記事になる前の情報を何かの形でシェアできないかなぁ、と。現在、新型コロナウイルス感染拡大防止の目的もあり、多くの取材をオンラインで実施するようになりました。オンラインでなら、オンラインだからこそ、取材に同行していただくことができるかもしれない! そう思い、「だれでもクリエイティブ」プロジェクトメンバーのみなさんに相談し、今回初めて取材同行体験の機会を設けることになりました。先着順で、取材に同行いただける方5名を募集したいと思います(不慣れのため、実験的に少人数でやってみます。開始時にドタバタしましたらすみません!)イベントに参加する感覚で、気楽にご視聴いただければと思っています^^こんな方にご参加いただきたいです✨・地域のクリエイティブを担う方・全国の土地や人や自治体の魅力を発信する役割を担う方・クリエイティブのものがたりづくりや思考法に興味がある方・mazecoze研究所のことが好きな方!mazecoze研究所の取材に参加してみませんか?ご興味をお持ちいただけた方は、お早めにチェックお願いいたします^^【オンライン取材同行体験概要】●体験していただける取材(コンテンツ)「だれでもクリエイティブ」・企画の説明:https://mazecoze.jp/empathy/7137・すべての記事:https://mazecoze.jp/tag/だれでもクリエイティブ●開催日時:2020年6月26日 (金)13:00〜14:00(開場12時50分)●実施方法:オンライン会議ツールzoomを使用 https://zoom.us/●定員:先着5名●参加費:1000円(税込)※別途電子チケット発券手数料2%がかかります【取材同行体験の流れ】1)参加のお申込をいただきます・チケット購入はmazecoze研究所のSTORESよりお願いしますhttps://mazecoze.stores.jp・開催前日までに、主催者より「Zoom」のURLをお送りします2)当日、お時間になりましたら、お知らせしたURLよりご参加くださいzoom “開場” 12:50〜(アクセス確認のためのフリータイム)3)取材開始13:00〜14:00 ★取材同行時のお願い★・ミュートにてご参加お願いします
(プロジェクトメンバーによる取材を視聴していただきます)・ご質問等は、zoomのチャット機能に投稿ください
(取材中に一部取り上げたり、記事に組み込ませていただくかもしれません)・終了時間をオーバーする可能性がございます。ご都合に合わせて退出してください・記録と記事内での利用のため録音、録画、スクリーンショット撮影させていただきます。NGの方は、ビデオオフでのご参加をお願いいたします。●今回のテーマ作品:登米市の”登米無双”https://youtu.be/ueWeZKjb2wQhttps://youtu.be/p4qMfnJjW5Uhttps://youtu.be/EXO5xATu19k※ご覧いただいた上で参加いただいたほうが楽しめると思います!●プロジェクトメンバー・田中淳一:株式会社POPS クリエイティブ・ディレクター・福留千晴:地域と食のしごとNORTHERN LIGHTS代表・坂本彩奈:株式会社POPS プランナー/プロジェクトマネージャー・ひらばるれな:mazecoze研究所代表●ご確認事項・聴覚や視覚に障害をお持ちの方、参加する上でサポートが必要な方は、できる限りのサポートをさせていただきますので、お気軽にご連絡ください・チケットは1人1枚必要です・申し訳ありませんが、領収書の発行は承っておりません・お申し込み後のキャンセル、及び返金はお受けいたしかねます。ご了承ください【mazecoze研究所について】mazecoze研究所(まぜこぜけんきゅうじょ)は、「あなただけの自由」を後押しする色とりどりの視点を集め発信する、ダイバーシティなカルチャーマガジンです。https://mazecoze.jp/about【主催】 mazecoze研究所https://mazecoze.jp
    ¥1,000
    mazecoze研究所

大好きな「Terroir愛と胃袋」を応援したい&石田恵海さんのコラムを読んでほしい大特集!

撮影:砺波周平さん 読んで応援、しませんか? こんにちは。mazecoze研究所です。 2016年から人気コラム「山梨移住でつくる暮らしと仕事」を書いてくださっている、石田…

「ダイバーシティって何ですか?」

ダイバーシティプランナーという仕事 こんにちは。mazecoze研究所のひらばるです。 当研究所では、普段フリーで活動する研究員が「まぜこぜ」を合言葉に集い、メディア運…

「チョコレートで魔法をかける」。多様な作り手が連携して生み出す久遠チョコレート

mazecoze研究所のひらばるです。 2月、そう、バレンタインです。 本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、ご褒美チョコ、さまざまに楽しいチョコレート祭り月間でございます。 …

ソーシャルデザインの鍵は、誰かのためにと自分のためにをかけあわせた持続可能性

ソーシャルデザインについて改めて考えたくなりました こんにちは。mazecoze研究所のひらばるです。 ここ数年でよく聞くようになった言葉にソーシャルデザインがあると思…