見出し画像

幸せに生きることを考える

幸せな働き方や生き方を考えていて、紹介してもらい最近読んだ本を紹介します。

フィンランドは、安定した経済とインフラや教育、社会保障の充実、国民の健康度の高さなどから、幸福度が世界1位と言われているらしいです。

フィンランドって冬はマイナス30度にもなるし、太陽がほとんどでない日もあるみたいだし、人口は約550万人(だいたい兵庫県の人口と同じくらい)で決して多くはない。

そんな環境で幸福度を感じて生きていくためにフィンランド人が大事にしているのは

Well Being = 身体的、精神的、社会的に良好な状態にあること

だと言います。

そのためには具体的に

・効率的に、柔軟に働く(熱心に働くために有給休暇を100%取得する、働きやすいオフィス環境を整える、フレックスタイムを採用する)
・家族やパートナー、自分ひとりの時間を大事にする
・趣味やスポーツに熱心
・日曜日や休暇は自分の心と体をリセットしたり、人との関係性を築くために使う
・シンプルで機能的、心地のいい衣服、家、空間を整える(ex. キャンドルを炊く、暖炉を囲む、サウナを活用する)
・DIYやアウトドアをお金をかけずに楽しむ
・キノコ狩りやベリー採集を通して、自然の中で恵みを得る喜びを感じる
・サステナブル、持続可能で継続可能なものに価値を置く(ex.長く使える質のいいものを買う)
・シンプルでスペースを取る人とのコミュニケーション(相手に自由な選択肢を与えるのかフィンランドで最高のおもてなし)を大事にする

などが紹介されています。

安定した基盤があること、バランスを保つゆとりがあること、それぞれの幸せに合わせた生活を追求できる選択肢があること、学び続けられる環境などが幸福度が高いと言われる原因なのかと思います。

わたしがドイツに住んでいて、フィンランドと似ているなと思うこともいくつかありました。

例えば、仕事の効率を重視してプライベートの時間を必ず確保すること、熱心にスポーツや環境保護に取り組むこと、長い冬に備えて家の環境作りを大事にすること、有給休暇は必ず取ること、など。

自由で選択肢があるということは個人がそれぞれ考えて行動するということ

個人主義で放任主義でもあると思います。

また興味深かったのは、フィンランドでは

「シス」=困難に耐えうる力、努力してあきらめずにやり遂げる力、不屈の精神、ガッツ

という言葉が多く使われるということ。

幸福というふわっとした言葉とは対照的だけれど、フィンランド人がこのシスを大事にしてきたからこそ厳しい環境で発展し、経済を成長させ、国民が幸福を求め続けられる仕組みを築いてきたのかなと思いました。

世界中がコロナの危機に直面していている今も、わたしたちは変化せざるをえない状況です。

その時にそれぞれのWell beingを保つことが頑張る原動力になれば、困難を乗り越えていけるんじゃないかと思いました。

Well Being = 身体的、精神的、社会的に良好な状態にあること

わたしのWell Being は、あまり無理せず考えすぎず、内なる声を大事にして、元気に協力して生きていきたい。

みなさんのWell Being はどんなんですか?

人生哲学を探す旅を続けます。

***

今日も平和で、素敵な1日を。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

誰もが自分を大事に生きられる世界が好きです。サポートしてもらえたお金は、フォレストヨガのトレーニングのために使わせてもらいます💛

調子はどうですか?💛
32
ドイツ在住7年目。いまを忘れないために、毎日書いています。身体を動かすことと、空を見上げることが好き。

こちらでもピックアップされています

読み返したい記事
読み返したい記事
  • 13本

心に響いた記事をまた読み返すために。

コメント (2)
フォローありがとうございます。
フィンランドの考え方。こうやって文にするとすごく人として当たり前のことばかりなんですけど、改めて大事だなぁと思います。でもほとんどの人が実践できていないという今までの悲しい事実も浮き彫りになりますね。(きっとこれからは変わるでしょう!)
一方でシスという考え方も強くあるとは初めて知りました。環境というのはどこでも厳しい面があるわけで、豊かな生活は楽観的な一方の思考だけでなく、やはり耐える強さを兼ねそなえるってことも必要ですよね。ラオスでも乾季の暑さ土の乾き、雨期の大雨と耐えることは多いですが、耐えることが当たり前であればそれはストレスに繋がらないのだと実感しています。
素晴らしい記事をありがとうございます
Kohlさん、ラオスは乾季と雨季で大きく環境が変わるんですね。耐えることが当たり前であればストレスに繋がらない、そういう風に捉えられるようになればいいなと私も思いました。当たり前のことを受け入れるって、難しいです。だけど、耐える強さの源になるのかなと思います。「耐える強さを兼ね備える」、素敵な表現ですね。考えさせられるコメントをありがとうございます😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。