見出し画像

ビビッドな「おいしい!」を伝えたくて

こんにちは。ついに10月になりました。

まったくもって個人的な話で恐縮ですが、
9月末に長く勤めた会社を辞めまして
今月からフリーで働いています。
それに伴い、noteのプロフィール欄も少しだけリバイスしたりしてみました。
これまで勤めた編集部には引き続きこれからもお世話になるし、
何かが大きく変わる、ということでもないんですが、
この
「プロフィールをフリー仕様に書き直す」という作業は、
腹がすわるというか、

自分の名で稼ぎ、食べていくぞ!

という覚悟が固まるものですね。
退職の意思を上司に伝えたのは今年3月のことでしたが、
こんなことなら予行演習として、もっといろんなプロフィール、
書いておけばよかった。
引き続き、ちょこちょこリバイスしていこうかと思います。

さて、
不幸にも最悪な形でフラれて終わった恋愛と、
最高にお世話になった会社からの卒業(私、コレ)に
共通することがあります。
それは、

次はもっと幸せになるしか道はない

ということ。気づいてました?

フラれたのに今もなお、憎らしいくらい好きな人がいたら、
その人に完全に復讐するには、もっと好きな人を見つけるしかないです。
そして、そうなった時には、前の人などもうどうでもいい存在になる。

辞めてからもなお「辞めなきゃよかったかも」と思ってしまうような良い会社なら、
退職後はさらに頑張って活躍するのが、ご恩に報いる最低限の礼儀かと思っています。

ありがたいことにこれまで、
ハイクラスなマダム雑誌の編集部や
トレンド感ビンビンのフードマガジンの編集部で
ありとあらゆる食の風景を見てきました。
そんな幾千もの視点や思いを蓄積して今、考えるのは、

今後、なおざりな言葉で食を伝えちゃダメだ

ということ。

美味しいものを伝えるのに
「すごく美味しいので食べてみて!」は、いくらなんでも乱暴すぎる(インスタ程度なら言いますけどね)。
その裏にある作り手の工夫とか
食材のストーリーとか
食べ手に感じてほしい別視点の味わいとか、
そういったモワモワした情報も、
オリジナルな言葉で表現していかないと

フリーになった意味ないじゃん

と思うわけです。

****************

今後、叶うならば死ぬまで、何かしらの職を得て働いていられたらなぁと思い、
少しでもパフォーマンスを上げてサビない体を作ろうと決意。
先月からパーソナルトレーニングジムに通い始めました。
元々近所のジムには長年通っているんですが、
パーソナルって、初めて。
ものすごくキツイし、翌日の筋肉痛も半端ないのですが、
ここでお世話になっているクミコさんというインストラクターさんの「語彙力」が素晴らしくて、
成果なんてまだ出てないのに
すっかり彼女のレッスンボキャブラリーに魅了されています。

例を挙げると

背骨を1つずつ開いていく感じで!(屈伸)

お尻の穴(失礼)を天井に向けるイメージ!(で反り返る)

片膝から下が地面に埋まってると思って!(片足スクワット)

といった感じ。
筋肉が悲鳴をあげてる一方で
「な、なにその表現の豊かさ!?」と萌えてしまうのです。

たぶん食の伝え方も、目指したいのはここ。
今ここで、最も伝わる言葉を吟味してビジュアルや情報に添えることで、
どこかで知らない誰かがまだ見ぬ食に対して萌えてくださったら……。最高です。

それを目指して、私は辞めたわけですね。
大好きだった会社を。

#料理 #フリー #COMEMO #noteでよかったこと

この記事が参加している募集

noteでよかったこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

フードトレンドのエディター・ディレクター。 「美味しいもの」の裏や周りにくっついているストーリーや“事情”を読み解き、お伝えしたいと思っています。

ありがとうございます、これからもどうぞよろしく!
88
【食の編集&ディレクション】『婦人画報』『ELLEグルメ』(ハースト婦人画報社)編集部を経て独立。明日食べるもの、行くべきレストラン、味わう酒について伝えたいことがあります。https://www.instagram.com/mayukoyamaguchi_tokyo/

こちらでもピックアップされています

#食の仕事
#食の仕事
  • 50本

シェフやソムリエ、料理家、ライター、スタイリストやカメラマンまで、「食べる」を取り巻く仕事は実はかなりのダイバーシティ★ワールド。自分を含め、この業界との関わり方を考えます

コメント (6)
「その人に完全に復讐するには、もっと好きな人を見つけるしかない」
いやいや、まさにこの経験アリです。
「ちょくしょ!離すんじゃなかった!」
っていつか想うわせてやるんだってね。

山口さんのnoteはいつも情報を詳細にかつ的確に表現してあり注目しています。フリーになったということで、これからはちょこっとご本人の色も見せてもらえるのかなとますます期待しています。がんばってください。
わお!独立したおめでとうございます。
山口さんのセンス溢れる審美眼による言葉たち、いつも心に響いて、大きくうなずき首がもげそうです。今後のご活躍も楽しみにしています!☺︎
ハルコさん、ありがとうございます!
力がわいてくる応援メッセージに心から感謝です😊
ハッピーな心持ちというのは、その後も自分の中でリフレインしていく、素晴らしい持ち物だと思います。
食やライフスタイルをテーマに、そういうことをたくさん伝えられたらいいなぁと思っています。よろしくお願いします!
田島さん、首もげそうだなんて、編集者冥利です、ありがとうございます!!笑
田島さんは素晴らしいお料理でいろんな感動を伝えていくのがお仕事。私は何を武器にそれができるかなぁと、楽しく模索していきたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。