ブックストアエイド図書券のお取り扱いについてと近況など。

ブックストアエイド、当店にもたくさんのご支援ありがとうございました。ご支援いただいた図書券ですが、遠方の方もいらっしゃると思いますので、通販でもご利用いただけるようにしたいと思います。ウェブショップをご利用の場合は、銀行、コンビニでのお支払いを選んでいただき、お名前またはご登録いただいたニックネームとブックストアエイド図書券ご利用の旨を備考欄にお書きください。のちほど、図書券の金額分お引きした代金をご連絡させていただきます。

もちろん、店頭でのご利用やSNSで紹介した本(古本、新刊問わず)をご購入希望の場合も直接お知らせください。こちらには、お名前とニックネームをいただいていますのでご使用になられたい金額とともにお名前もお知らせください。また、本だけでなくオリジナルグッズ(現在はトートのみ)のご購入にもお使いいただけます。使用開始の8/1以降、期限が切れてしまった場合も個別に対応させていただけたらと思います。こちらもご遠慮なくお伝えください。

7月も後半に入っても依然コロナは落ち着かず、古本市も再開は未定、店舗もゆっくりな営業が続いています。ブックストアエイドでの多大な支援、そして当店をご指定いただいたみなさんの温かいお気持ち、本当に励みになっています。ありがとうございます。

当店の近況としては、今月頭に京都府の古書組合に加盟しました。マヤルカを始めてもうすぐ7年。古本の仕事はやればやるほど足りないところや強化したいところばかりが見えてきて、修行期間を経ていないわたしはますますずっと入りたいと思っていたもものの、日々の忙しさに追われてなかなかゆっくり考えられず、このコロナで時間ができたタイミングでまた新しい道に進んでみようと決心しました。

もちろん、店舗営業もそのままですが、古書組合加盟によって自分の店や本の仕事の幅をきっと広げられると思います。慣れるまでの間は臨時休業なども多くなるかと思いますが、何卒お付き合いいただけたらと思います。よりよい店を作れるよう、しっかり精進いたします。

しばらくの間、店舗はこれまでの金曜定休に加えて火曜日もお休みいたします。その他の臨時休業予定についてはSNSにてお知らせいたしますのでご確認いただけたらと思います。

店頭、ウェブショップともにZINE3号を配布中。店主の日記は今回で最後となります。7月に出す分はいまうっすらとコラムの内容が浮かんでいるので、また近々まとめたいと思います。ご希望の方はお気軽にお声がけください。

二階ギャラリースペースでは、トルコのスチーム風呂、ハマムで使われるコットンのタオルやタイ、インドの生地など販売中。コットンのタオル、とっても気持ちいです。大中小とありますので、ストールやタオルケットがわりにも。

おしゃれなインド綿は計り売り。洋裁をされる方などぜひ。わたしも以前、インド綿でブラウスを作ってもらい、汗をかいてもさらっとしているところが気に入って毎年夏は大活躍しています。こちらもしばらく開催しております。おなじみアルファベットさんプレゼンツ。アルファベットさんの選ぶ品の確かさにいつも感動します。

noteの更新、気づけば久しぶりになってしまいました。日々変わる情勢、次から次へとおこる信じられないようなニュース、疲れてしまいますね。わたしも元気でいなくちゃとか、心を静かに保っていよう、なんて思っていますが、やはり気を抜くと今日何もできなかったなあ、なんて日が続いています。

先日、久しぶりに美容室に行ったら、もう10年以上ヘアカットをお願いしている美容師さんに、「なかむらさんはいつも変わらずにいてくれるのがいいなあと思って」と言ってもらいました。確かにある年齢を越えた頃から、自分の選択のだいたいに納得していることが多いなあと思います。できることもできないことも、なんだかどちらにも意味があるような気がするのです。この年になると。長年付き合ってきた自分への信頼感というのもあるのかも。こういうことできない自分すらかわいいね、みたいな。笑

この先の見えなさも、もう少し前だったらもっと焦っていたような気がしますが、今は前向きな意味での諦め。目の前のできることと、長期的にやりたかったことを少しずつやろう、と思っています。最近はまっているのは、お気に入りの図書室の本を、片っ端から全部読もう、と思っていること。ぜんぜん進みませんが、一つの分野を片っ端から制覇しよう、というのはなんとも楽しい意気込み。どうせ今はなんの結果も出ないだろうし、やりたいことにじっくり腰を据えたいと思います。

久しぶりの映画はこちら。大好きな「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ監督作品。公開をずーっと待っていました。直前に予習で読み返した「若草物語」、大人になって読むとこんなにも?というくらいに面白い。映画も何から何までよかった。「ミッドサマー」のフローレンス・ピューも本当によかった。あんなに役柄のポテンシャルを活かせる女優さん、なかなかいないのでは?フローレンス・ピューのエイミー、最高の新境地でした。ああ思い出しても胸がいっぱい。映画を見た方とぜひお話したいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
京都・一乗寺にあるマヤルカ古書店の店主です。もっと本と人生のことを考えたくなりました。お店のお知らせも少しだけ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。