Masaya Hotta

堀田カーペット株式会社代表取締役。北海道大学経済学部卒業後、トヨタ自動車株式会社調達部で8年勤務し、家業である堀田カーペットに2008年に入社。現在に至る。
    • 「COURT」のこれまでとこれからと

      • 7本

      2016年にウールラグブランドとしてデビューした「COURT」について、どのようにして生まれ、これからどうなっていくのか、綴っていきます。ブランドが生まれ、この先もしかしたら消滅してしまうのか、またぜんぜん違ったブランドとして成長していくのか?1つのブランドにスポットをあてて、ブランドを維持発展させていくための、ヒントを見つけていきたいと思います。

    • カーペットビジネスについて

      • 4本

      「カーペット業界」、「インテリア業界」とはそもそもどんな業界で、どんなビジネスモデルで成り立っているのか?を綴っていこうと思います。

    • 堀田カーペット株式会社のこと

      • 11本

      堀田カーペットのことを、たくさんご紹介していきたいと思います。いわゆる、「会社案内」ではない、会社案内を目指してnoteを更新していきます。

    • 日々の出来事

      • 8本

      良く「社長ってどんな仕事してるんですか?」など、僕自身のことを聞かれることがあるので、こちらでは僕の日々の出来事を、出会い、旅を中心に書いていきたいと思います。

    • 普通のことを少しだけうまくやるコツ

      • 5本
      • ¥500

      「新事業」でも「テクノロジー」でもない、普通のことを少しだけうまくやれれば、企業を未来に繋げていける。そんなロールモデルになる!それが今僕が堀田カーペットで実践していることです。そのノウハウを、自分自身の頭の整理のためにまとめたnoteです。

    • すべてのマガジンを表示
+8

COURTのいま「2021年」

デビューシリーズの「フィッシャーマンズ 」から第二弾の「ローカルウールン」、第三弾「カレッジ」までトントン拍子で進んできたCOURTのブランディング。しかし、次の第四…

+6

COURTのはじまり③

COURTのはじまり③ COURTの第一弾シリーズ「フィッシャーマンズ 」がデビューするのは2016年2月。今回は、ブランドのトーン&マナーとものづくりの方向性がやっと見えてか…

+2

COURTのはじまり②

COURTは2016年にデビューします。現在のCOURTアートディレクターであるドロワーの池田さんが最初のプレゼンをしてくれたのが2014年初夏。ローンチまで2年ほどかかったこと…

堀田カーペットの現状とこれからと。その3「お客様」

市場、流通、の話を書いてきましたが、次は「お客様」の話です。「お客様」の話は、「流通」の話でもあり、「ターゲット」の話でもあり、「開発の優先順位」の話でもありま…

堀田カーペットの現状とこれからと。その2「流通」

カーペットは、人工芝やカーマットなど、様々使われ方がすることを前回の記事で書きましたが、ここでは堀田カーペットが主戦場にしている、いわゆる「カーペット」の流通に…

堀田カーペットの現状とこれからと。その1「市場動向」

現在、堀田カーペットの現状は、先行き不透明で非常に厳しい環境にある。という話は、別に堀田カーペットに関わらず、多くの会社が直面しているのだろうと思います。一方で…