見出し画像

デザイナーのキャリアとか面倒な話をゲームっぽく考えてみた。

グロースハッカーとは、マーケターにエンジニアのハイブリット。

グロースハッカー(著:ライアン・ホリデイ氏 / 2013年)で一部分を要約すると、上記のようなことが書いてありました。
意味としては、マーケ活動もエンジニアの能力で自動化し、金・時間を使うことなく商売を成功に導ける、らしいです。


この文を読んだ時、ドラゴンクエストなどのRPGゲームによくある「上級職」をなんとなく思い出しました
例で言うと、戦士と魔法使いを修めると、魔法剣士になれる、というような。
マーケティングとエンジニアリングを修めると「上級職:グロースハッカー」に転職できる→わりと面白く聞こえます。
・マーケター:データを見て、合理的な改善を行う。データの収集や解析には金時間が必要
・エンジニア:その手で様々なものを作り出せるが作り出したものの活用とさらにその先にあるコミュニケーションや経営は専門外の人も多い。
→うまくデメリットを消せているように思います。

私の本業(基礎職)はデザイナーであるため、マーケ、エンジニアが本業の方がどう思うかはわかりませんが、個人的にはしっくりはきました(というより面白いと感じました)

で、

デザイナーの上級職ってなんだろう?という妄想をする記事です

意図としては、私はもともとキャリアとかスキルとかいうと疲れるというか、ようわからんというタイプの人間でたまたまいろいろやったり、できるようになったりしただけなので、こういう話をするときは面白さがあってもいいのではというぐらいです。
※ドラゴンクエストだけではなく、その他ゲームでもでもそうなのですが、上級職が必ずしも強いというわけではないので、そこはゲームも現実も一緒かなと。


私の属性としては、現状、経営、デザイン、語学、海外みたいなスキル感でブランド・デザイナーと称したりしています。

上級職の命名はさておき、職業の内容は割と最近出てきているな、リアリティがあるなと思います。ただその職にはまだ命名や正しい評価はされていないかなと。

まあ、楽しくキャリア・上級職を妄想してみましょう

上級職①デザインエンジニア

エンジニア×デザイナー=デザインエンジニア
最近のデザイナーは、エンジニアリングもできる人が多いので、この職種の人々はソフトウエア業界では特に増えていると思います。スタートアップなどのクイックで合理的な動きを求められるとき、余計な素材やコミュニケーションをせずに、UIやLPなどを作れる頼もしい存在。

一方で、ハード側までやれる人は稀でたまにいるとびっくりします。

デザインエンジニア(ソフトウエア)は、若い人も多く、需要も多く、給料などは普通から高めで今後も需要は減らないのではないかと思います。

デザインエンジニア(ハードウエア)は、意図的に育成されない上級職なので、好きな人や才能のある人がたまたまやっている。でも、ハードとソフトを組み合わせてサービス作るスタートアップなどからするととても欲しい存在
需要が少なめだけど、とても高価なイメージ

上級職②UX・UIデザイナー

マーケター×デザイナー=UIデザイナー(UX・UIデザイナー)
UIデザイナーは私のような古風なグラフィックデザイン出身者からすると遅録べき存在でした。デザインは割とさくっと作り、一方でビジュアル作りは弱め。しかし、その裏には緻密な調査や素早い改善が回っている。

UXデザイナーは別の種類の職業という人もいますが、どちらかというと経営色が強い
感じですね。

引き続き、需要はあり続けるのではないかと思います。しかし、UIには驚きがないことがベストな業界だとも思うので、比較的安定してきている→一人二人のUXUIデザイナーの中にスター選手を作る理由が乏しい=特別に休養や待遇をあげる意味がないように思います。

そのため、より上級な地位を得るためには、それぞれが工夫をしてUIトレースと何が違うのか?固有の価値は何か?を開発できるようなスキルが必要になるのかもしれません。

上級職③ブランド・デザイナー(or 経営デザイナー? or コンサル・デザイナー?)

マネージャー(経営者)×デザイナー=ブランド・デザイナー
国内において、経営・数字とデザイナーは、ほぼ対極の位置にいると思います。デザインとアートがかなり近い雰囲気です。この二つの専門を修めて、実行する人々国内にはあまりいません。
経営をみながら取捨選択し、デザインのアウトプットまでもっていく人々問答無用で、すごい体験をつくりにいくUXデザイナーとも近いかもしれません。

この極みは、経営でありながらタイポグラフィを修め、パソコンに対して、グラフィックのあるインターフェース(GUI)を導入したといわれるappleのスティーブ・ジョブス氏でしょうか。その後もiphoneなどのデザインをこだわり抜き、商業的にも成功し続けています。
どちらかというと経営者に近いので、国内で需要が伸びるかどうかはまったくの謎です。そもそも雇われるというタイプではないのかもしれません。

上級職④海外風デザイナー

プランナー×デザイナー=海外風デザイナー
前の記事でも話したのですが、海外案件は国内に比べると金がないので、企画で盛り上げないととデザインも何もなくなってしまいます。

そこでこれは面白いというものを思いつきつつ、デザインとして完成までもっていける人が無数にいます。

国内でもとりあえず広告に金を積むような体力もないところや合理的思考を持つ若い企業も増えると思うので、今後需要は増えるのではないかと思います。
しかし、海外ほど給料がもらえるかどうかは、未だ不明です。

番外編:上級職⑤エンジニアマネージャー

エンジニア×マネージャー(経営者)=エンジニアマネージャー(世界最強の経営者)
現状、新しい会社で、勝ちまくってるサービスや企業の代表はこのタイプだと思います。元祖はビルゲイツ氏で、現在は、インドIIT出身の超経営者達です。
自分たちで作り、経営し、改善し、圧倒的データ、資金、人材を集めて、国を跨いでシェアを獲得し切ってしまうようなサービス群です。
このような人々は、合理性を背骨にしており、これからも合理的に最強であり続けるのだと思います。



そのためか、、、?
最近はデザイナーのようなはっきりしないものを扱う人による逆転劇への期待も高まっているのかもしれません。
そう考えると、デザイナーの未来はRGPゲームのエンティングようにドラマチックなものなのかもしれません笑
そう思えば、ちょっと楽しい気分になれるかも、、と言うような記事でした。
※上記は、私の独断と偏見なのであしからず。

ではまた:)

twitterフォローしてくれたら喜びます!
https://twitter.com/msy_i

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

Twitterのフォローもとても嬉しいです!https://twitter.com/msy_i

励みになります!twitterもやってますので応援お願いします
144
ブランドデザイナー/CEO (d-2-m.com)。アジアで活動。元JWT上海、DDBシンガポール、電通、DeNAなど。中国史上初カンヌ金獅子受賞者。世界水準の現代ブランド論。ASACなどアクセラで中小・新規企業のブランド専門メンター。ご連絡:hello@d-2-m.comまで

こちらでもピックアップされています

デザインの周辺知識
デザインの周辺知識
  • 83本

デザイナーが得ておくべき情報のまとめ(直接的というより斜め上の情報で、レベルアップ用)

コメント (4)
興味深い記事をありがとうございました。
前二つの記事も拝読致しましたが、海外(英語圏)のデザイン市場の相場について気になる点があったので、もしお時間があればご教授頂きたいです。

>>海外案件は国内に比べると金がないので、企画で盛り上げないととデザインも何もなくなってしまいます。

この記述から「デザインに対してつけられる予算が日本の相場よりも低いのだろうか?」という印象を受けました。ただ、二つ前の記事の「クリエイティブの会社内地位が高い」という話とは逆にも思えます。

キャリアの観点からは「平均的に日本の方がいい環境で、上と下の開きが大きい」とのことでしたが、『デザインに対する予算・報酬の相場』自体も国内よりも海外(英語圏)の方が低いのでしょうか?
キシバカエンさん、ご質問・コメントありがとうございます。
確かに分かりにくかったですね。申し訳ありません。

①デザインに対してつけられる予算が日本の相場よりも低いのだろうか?
デザインというより、それを含めた販売促進などのプロジェクト全体に支払われる金は、海外は圧倒的に低いです。差の原因として、日本の人件費、物価の高さに加え、日本はプロジェクトに対してお金を払うことに拒絶感がないなども影響してるものと思われます。

②クリエイティブの会社内地位が高い
これは、日本に比べて全体の予算は少ないのにクリエイティブに支払われる金額は、割合的も大きいですし、金額的にも時に日本の給料を圧倒的に超えることもあるという意味です。理由は、同じデザイン職、クリエイティブ職でも、責任や役割が異なっているためです。


まとめると、日本はメディア(媒体)に、海外はアイディア・実行(デザイナー)に金を使う。突き抜けた人は海外の方がもらえる。給料アベレージは国内の方が高いということであります。
参考:上海2015年、平均月収9万。クリエイティブディレクターの月収120万〜
ご参考までに。
石坂昌也さん、お忙しい中丁寧にご返答頂き感謝申し上げます。

いえ、ざっくばらんなnoteだからこそ(デザインが門外漢の私にとっては特に)こうした記事に出逢えたとも言えるので、こちらはひとえにありがたいです。

なるほど……非常に興味深く拝読させて頂きました。私は経営やコンテンツ産業を中心に、国際的な市場の差異の分野に関心があるのですが、「日本はプロジェクトに対してお金を払うことに拒絶感がない」というのは初めて伺う視点で。
(日本は低価格で高品質を求める、という論を多く聞き、特に研究、人材、イラストなどで海外よりも低い相場という印象がありました)

上述のお話からは、「広告産業における相場感」の違いを感じました。日本で大手広告代理店がかなり高い地位を占めてきたことにも関係するでしょうか。(個人的に少し研究してみたいと思います)

もちろん産業毎に、また一国一国でそれぞれ違いはあるのだと思いますが。その視点で改めて調べてみると国内外の市場的差異について違った掘り下げ方ができるかもしれないと思えました。

大変勉強になり、また触れる機会の少ない貴重なお話でした。
ありがとうございます!
日本のデザイナーやイラストレーターには待遇に満足をしていない人も多いと思いますが、海外ではもっと仕事がないイメージですね。

日本で大手広告代理店がかなり高い地位を占めてきたことにも関係するでしょうか。
→まさに、その通りでございます。日本だけの特殊な環境と言えます。

国ごとに違いはありますが、広告やブランディングはグローバル系企業がうまくコンパクトに定着しています。だいたい支社ごとに300人ぐらいをマックスにして、勢いのある都市ごとにぽんぽん支社を作り、現地を中心とした才能を集めます。

こちらこそお読みいただきありがとうございます。また機会があればお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。