見出し画像

夏らしい、黄色いバラはいかが? 〜夏にぴったりな佐藤ローズ〜

ハイブリッドティーローズを、黄色で折ってみました。
(前回の記事はこちら)

使ったのは、ヴィヴァルディの「CANARY YELLOW(カナリアイエロー)」。

目の覚めるような、鮮やかな発色が特徴です。

嬉しいのは、とても頑丈なこと。
「何をしたら破れるんだ?」と不思議に思うくらいです。
思い切って、ガシガシ折っていけます。
サラサラした肌触りも気持ちよく、楽しんで進めることができました。

さて。
今日は、先日から量産しはじめた「ガク」に注目してみましょう。
**❶「緑系」のバリエーション
❷カールさせてみました
❸余談:ヨダレとの戦い **

♦︎♦︎♦︎

❶「緑系」のバリエーション
ガクに使ったのは、先日買ったタント紙。

12種類の緑色が入っているので、折ったバラに合う色を探すのも楽しくなります。

今回のチョイスは「濃いめ」。
黄色いバラが派手になりすぎないように、「視線の落としどころ」として意識しました。

爽やかなライトグリーンでも良いのですが、こっちの方が全体に落ち着きが出て、大人っぽい印象になります。

裏返すと、夏野菜みたいですね。
赤いバラの時も「トマト」に見えたのですが…
皆さんも見えますよね!?

❷カールさせてみました
バラの横顔をネットで検索すると、花はもちろん、ガクにも色々な形があるんですね。

今回は、5つのカドを少しカールさせてみました。

ピンと伸ばす本来の形より小さく見えるのですが、横から見えるように飾るならアリかと思います。

タント紙は丈夫なので、1つのガクで色々な形を試しても紙がヘタりません。

皆さんもぜひ、色々な形を試してみてください。
(今回は結局「まっすぐ」に落ち着きました)

やり過ぎると「しなびたトマト」みたいになるのでお気をつけください。

❸余談:ヨダレとの戦い
この黄色いバラを作った日のおはなし。

妻の友人宅で作ったのですが、部屋には1歳の息子さんが一緒にいました。

最近つかまり立ちを覚え、ティータイムを楽しむ私たちの周りを、縦横無尽に動き回ります。

私のヒザの上にも、よじ登ってきました。
どうやら、腕時計がお気に入りの様子。
さすが、お目が高い。

でもキミ、申し訳ないが、まだ早いぜ。
そしてキミ、コレは食い物ではないぜ。

ヒザの上で大人しくなったので、バラ作りを再開したのですが…
しばらくすると、ズボンに冷たい感覚が。
ヨダレです。ダバダバです。
夢の中で、時計パフェでも食っているのでしょうか。

ズボンは守れなかったが、バラは守りきるぜッ!
最後はガクを…こらっベルトを食うな!

結局、佐藤ローズをヨダレローズにする事なく、無事に完成させることができました。
時計も無事です。

そのままプレゼントして帰ったのですが、元気いっぱいの彼に破壊されないか心配です。
まぁ、また作ればいいんですけどね^^

♦︎♦︎♦︎

はい。
今日はハイブリッドティーローズ・黄色ver.の話でしたね。
余談の方が長くなってしまいましたが、まぁいっか。

次はどんな色を試そうか、ヴィヴァルディを物色中です。
フォロワーさんが折っていた「紺色のバラ」が素敵だったので、私も青系いこうかな。

#黄色いバラ #yellowrose #ハイブリッドティーローズ #佐藤ローズ #バラ #rose #おりがみ #origami #paperwork #折り紙 #折り紙作品 #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。