アメリカのホリデーシーズンは日本からでもマーケットできます。そしてびっくりする位のマーケットの大きさです。予算はなんと1人当たり998ドル
見出し画像

アメリカのホリデーシーズンは日本からでもマーケットできます。そしてびっくりする位のマーケットの大きさです。予算はなんと1人当たり998ドル

もう7月も終わり8月になるとアメリカではホリデーシーズンがやってきます。実は街にはハロウィングッズもホリデーグッズももう溢れています。NRFによると2020年のアメリカのホリデーの一人当たりの支出は998ドル。驚くような値段ですよね。アメリカは日本よりも逆に儀礼文化(プレゼント文化)と言える位で家族だけでなく友達や同僚はたまた新聞配達の人やお掃除の人にまでありとあらゆる自分の周りの人にギフトをするのが慣例です。これをお話しすると日本の人はびっくりします。

そして60%の人がサンクスギビングまでにギフトのショッピングを終わらせようとしています。そんな中また今年もコロナで冬はどうなるかという中、日本からアメリカのホリデーに向けて予約販売をしてみませんか?

アメリカ人がホリデイにもらいたいものは驚くなかれ第一が男性58%女性54%が衣服なんです。第2位が女性49%ギフトカード、第3位が37%おもちゃです。

日本で眠っているアパレルぜひ売ってみませんか?

ちなみに女の子の人気のおもちゃ第一位はバービーそして男の子はなんとびっくりのレゴでした。なんか可愛いですね❤️コンピューターゲームじゃないんだ。

そして日本の食品をアメリカで売ってみたいと思われている方ぜひwww.Jbentobox.com でホリデイに向けて予約販売してみませんか?日本に今行けない人が多いので日本の良いもの絶対売れますよ皆さん連絡ください。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
宜しければシェアお願いします!ありがとうございます!
ロサンジェルスで広告代理店起業18年目 2人の男の子をアメリカで出産、ワーキングマザー歴24年 2020年 D2Cサミットでキーノートスピーカー 日経プレミアシリーズより できるアメリカ人11の仕事の習慣 発刊 趣味 子育て  特技は 仕事