大ファンのミュージシャン本人にパートナーを取られてショボーンな『15年後のラブソング』
見出し画像

大ファンのミュージシャン本人にパートナーを取られてショボーンな『15年後のラブソング』

ただの映画好きなアレ

【基本情報】

⠀ 原題:Juliet, Naked
製作年:2018年
製作国:アメリカ・イギリス合作
⠀ 配給:アルバトロス・フィルム

【個人的順位】

鑑賞した2020年日本公開映画ランキング:32/64
⠀ ⠀ ⠀ ⠀ 笑い😂:★★★★☆
ロマンチック😍:★★★☆☆
⠀ ⠀ ⠀ ⠀ アホ🤪:★★★☆☆

【ストーリー】

イギリスの港町サンドクリフに住むアニー(ローズ・バーン)と、パートナーのダンカン(クリス・オダウド)。

ダンカンはかつて伝説的なロック歌手として名をはせたタッカー・クロウ(イーサン・ホーク)をこよなく愛し、自身でファンサイトを管理するほどの入れ込みよう。

ある日、ダンカンはタッカーのデモテープを手に入れるも、その出来栄えについてアニーと意見が対立してしまう。

アニーはファンサイトに辛辣な意見を書き込み、ダンカンと仲違い。しかし、その書き込みを見たタッカー本人から「キミは正しい」と連絡が。

そこからしばらくメル友のような関係が続いた後、ひょんなことから2人は会うことになり、関係性が急展開に。

【感想】

これは面白おかしいラブコメを基調としつつも、アーティストとファンの作品に対する想いの違いも表現したヒューマンドラマでした。

ただ、なんと言っても設定が好きです。
ダンカンの目線に立つならば、自分の大ファンのミュージシャンにパートナーが取られるみたいな感じで、どこぞのアダルトビデオもびっくりな設定だなと(笑)

そして、キャラクターがわかりやすいのもこの映画のよさだと思います。
タッカーは本当にミュージシャンのしょーもなさを体現しているかのようで、母親の違う子供が3組もいますからね(笑)

タッカーが心臓発作で倒れたときなんか、お見舞いにその子供たち、母親、さらにはそのパートナーまで一堂に集めったもんだから、しっちゃかめっちゃかになってて笑いました(笑)

でも、そんなしょーもない人でさえ、アニーは惹かれちゃいますからね。やはり、ミュージシャンにはモテる何かがあるのかなと(笑)とはいえ、タッカーがそこまで魅力的かと言えば、もはや腹の出た女にだらしないただのおっさんにしか見えないし、アニーもダメンズが好きかと言えば、そんな描写はありませんでした。

これについては完全にタイミングなのかなと思いますが、ちょうどパートナーであるダンカンに浮気された後だったというのと、町のおばあちゃんに「若い頃冒険しとくべきだった」みたいなことを言われた後だったので、アニーの中にも何か現状を変えたいと思う想いがあったのかもしれません。

そして、タッカーオタクのダンカンですが、彼はタッカーに初めて会ったときに本人と気づかず、なかなかに失礼な態度取っちゃうところはメッチャ笑いました。あんだけ好きなのに気づかないのかよって(笑)

でも、彼のタッカーに対する想いはすごく考えさせられるんですよね。
ダンカンは自身が世界で一番タッカーファンだと自負しているので、興奮のあまり自分の哲学を本人にぶつけるんです。
「あの曲ってこういうことだよね!」、「あれはマジ名曲だよ!」って。

とはいえ、タッカー本人からしたら、そんなこと全然考えてなかったり、ダンカンの考えていたこととは違う想いから曲を作ったりしていたので、「何も知らないくせにあーだこーだ言うな」とピシャリ。

それでもダンカンは、「でも、あなたがなんと言おうとあれが名曲であることに変わらない。なぜなら、僕の心に大きな影響を与えたからだ」と本心を伝えます。

音楽に限らず、絵や映画もそうだと思いますが、作った人の思惑と、受け取った人の感じ方は必ずしも一致しないですよね。そこのギャップってアーティストたちはどう考えているのかってのは気になりました。

こうやってただのラブコメに終始せず、作品に対する作者とファンの受け止め方の違いなんかも垣間見れたのはよかったですね。

全体を通じて、いい歳した大人たちが、年齢を感じさせずにワイキャイする姿が清々しいというか、自分もまだまだ人生楽しめそうだなって思わせてくれるから、この映画好きです。

あと、子役の男の子が超絶かわいいのもポイント。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
何かのお役に立てれば幸いです!
ただの映画好きなアレ
映画が好きで、時間さえあれば映画ばかり観ています。 ここでは主に新作映画の感想をゆるりと書いていきます。 ★は基本5点満点ですが、ずば抜けている場合は限界突破して10個以上つくことも(笑) マーベルが好きなので、スーパーヒーロー系の映画は評価甘いです(笑)