妹の性癖がツボった『英雄は嘘がお好き』

2019年公開映画172本中39位。

あのね、これは笑うわwww
とても笑えるフランスのラブコメ映画。

予告の時点から面白そうだと思ってたけど、
まさに期待通りの映画でした。

時は1809年。
ボーグラン家の次女ポリーヌ(ノエミ・メルラン)が
結婚を申し込まれたのが事の始まり。
しかし、婚約した直後に相手のヌヴィル大尉(ジャン・デュジャルダン)は
戦地へ行くことになってしまう。
別れを惜しむポリーヌに「毎日手紙を書くから」と彼。

ところが、、、手紙は来ませんでした(泣)
手紙を待ち焦がれて病に倒れてしまった妹を
不憫に思った姉のエリザベット(メラニー・ロラン)が
ヌヴィル大尉のフリをして代わりに手紙を書きました。
そして、調子に乗ってどんどん活躍をでっち上げ、
最後には死んだことにしちゃいました。
そしたら、、、本人が帰ってきてしまったという話(笑)

エリザベットは嘘がバレたら困るのでヌヴィル大尉を街から遠ざけたいし、
彼は本当はただの脱走兵なのに、ここでは英雄扱いなので居続けたいしで、
2人の押し問答的なやり取りや、嘘が嘘を呼んで大騒ぎになるところが、
本当に笑えるし面白い(笑)

ヌヴィル大尉とか英雄という立場を利用して、
女は連れ込むし、ありもしない鉱山の投資話は進めるしで、
かなりクズなキャラクターってのも笑える(笑)

でも、個人的には次女のポリーヌが一番ツボだったwww
性癖が以上で、叩いて!トラのように引っ掻いて!ってwww
アホかwww

91分という短い時間の中でテンポよく進んでいくから
とても観やすいので、サクッと笑いたいときにオススメ!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。