スクリーンショット_2019-02-11_23

【イベントレポ】オーガニックでどう伸ばす!? 企業のTwitter活用術 #企業のTwitter活用術 2019/2/5(水)

こんにちは。
Marketer Meetup!(マーケターの会)運営です。

2/5(水)に開催したイベントレポですよ。
テーマは、オーガニックでどう伸ばす!? 企業のTwitter活用術

アジェンダ

✔️SNSを中心としたデジタルマーケティングの考え方(ホットリンク飯髙さん)
✔️兎に角?シャトレーゼSNSの裏側(シャトレーゼ岩井さん)
✔️キリンビールSNSの裏側(キリン加藤さん)


イベントに参加表明した企業


イベント開催中、#企業のTwitter活用術がTwitterの東京のトレンドに!(日本のトレンドは #ピカチュウの日


はい、とっても盛り上がりましたよ!

もし今、Twitterの企業アカウント運用で悩んでいる人がいたら、ぜひご一読を。決して最初はプロでなくても一つ一つ積み上げることで運用できることを登壇企業が教えてくれました。

また、企業規模が大きいからお客様とのコミュニケーションは…と諦めている担当者もぜひ!「やりたいことをできる」ルールづくりのヒントがあります!

では、詳細は下記よりどうぞ!


SNSを中心としたデジタルマーケティングの考え方(ホットリンク飯髙さん)

SNSで成果を出す?どうやって?!誰もが直面するハードル。Twitterオーガニック運用の可能性について企業支援側から大変分かりやすく!お話いただきました。

飯髙さん)みなさんこんばんは。後に登場するシャトレーゼさんの運用をサポートしているホットリンクの飯髙です。SNSを中心とした考え方についてお話できればと思います。

サーチ、アクションよりもアテンション。より重要視されるSNS時代

これまでは、1件のコンバージョンを効率的に追うのに、リスティングやSEO、リターゲティングが主流。一方で、中長期的に見ると先細りしてしまう。それはなぜか?施策の部分最適になっていることが一因。

1to1の広告が効かない時代。アテンションがコンバージョンへの近道?

コミュニケーションが、1to1から、横断的に変わってきているのがソーシャル時代。コアファンがいて、アーリーアダプターがいて、それが拡散して初めてマスへ…。方法は広告でも、コンテンツでも、アテンションを広げることが必要。

重要なのは、UGC!

アテンション=UGC(User Generated Contents)。

Twitterのオーガニック運用で売上げを期待できる企業は実は限られている!?

以下のQ&Aで、全て「いいえ」なら、Twitterのオーガニック運用ではなく、他の策を練る必要があり。あなたの商品・サービスは?

1つでも「はい」がある読者は次へ!SNS時代の行動プロセスはULSSAS!?

どうやってTwitterの運用基盤を強化させる?


(会場拍手)

飯髙さん、ありがとうございました!


兎に角?シャトレーゼSNSの裏側(シャトレーゼ岩井さん)

さてさて、次は、実際にTwitterオーガニック運用をしているシャトレーゼさん。SNSのプロフェッショナルがいると思いきや?担当はSNS運用未経験者。UGCを発生させる仕組み、着実に運用できる体制の秘訣とは?

岩井さん)みなさんこんばんは。シャトレーゼの岩井です(工場の制服ジャケットを着て)。私からは、ひょんなことからTwitterの注目度が上がり、アカウントを開設した背景、運用方針と施策、効果についてお話します。


アカウント開設前から、UGCが出ていた(約13万件/日!)

まさに、ホットリンクさんのSNS簡単診断でいう「SNSで売り上げUPを狙える状態」。


アカウント開設した「3つの背景」

① 2017.4.27 トレンドワードの1位を獲得 ツイート件数 約13万件/日
  ⇒「非会員」と「若年層」へのアプローチで集客効果あり

② 上記タイミングでSNS上の「シャトレーゼ」を調査
  ⇒twitter内ではある一定レベルで「シャトレーゼ」の素地があった。
  ⇒さらにツイート内容もポジティブな内容が多かったこと。

③ チラシ(新聞折込み)メインのプロモーション施策からの脱却
  ⇒若年層(20代~40代)へのアプローチ手法の早期開拓


Twitter公式アカウントの
活用方針、施策、体制

<活用方針>
情報の信頼度が高いSNS上のクチコミを増加させ、認知拡大および来店促進(EC流入含む)の増加を目指す
1. UGC創出/増加
2. オーガニック投稿を主としたエンゲージメント率向上

<施策>

①質の高いフォロワー集め
質の高いTwitterユーザー (顕在/潜在ユーザーかつ、情報拡散に寄与するユーザー)をプロモアカウントで獲得

②エンゲージメント率を高めるオーガニック投稿
宣伝感のないユーザー目線の画像、UGCの活用、トレンドに乗った投稿・仕掛けなどでエンゲージメント率を高める

③参加型のコンテンツ企画
オーガニックでの参加型のコンテンツを投稿とカンバゼーショナルカードなどを併用し、情報拡散を発生させる

④UGCを生み出すアカウント運用
UGC創出のきっかけを作りながら、UGCを投稿したユーザーにリアクション(引用RT)することで、ユーザーの承認欲求が満たされ再度UGC投稿を促す。

<運用体制、ルール>
①最低3投稿/日で、アカウント自体に常に動きを見せる
②丁寧なコミュニケーション。コメントにもなるべく丁寧に答える
③質の高い投稿への「いいね」「RT」など常にアクションを


ところで中の人はどんな人?

2人体制。メイン担当は、販売促進部。Twitterスタート時までに、自身のSNSのアカウントは皆無で10投稿/日でSNSになれるところからスタート。サブ担当は、商品企画。メイン担当者が主軸に投稿スケジュールを組み、商品紹介の投稿はサブ担当者が内容を考える。

「できる限り」「ミニマル」な運用!


未経験者向け、はじめの一歩の仕方

・ツイッターになれることが需要(1日3投稿を目標に)
・丁寧なコミュニケーションを心がけている(企業に関するコメントは積極的に返している、だって嬉しいから。)→UGCの創出に寄与
・キーワードは丁寧なコミュニケーション
・既存の企業キャンペーンと連動するアイディアを出してみる

開設から約1年!こんなに成果が出ました!

(会場拍手)

岩井さん、ありがとうございました!


キリンビールSNSの裏側(キリン加藤さん)

もう1社の事例紹介。なんと、デジタルマーケティングチームはメンバー多数!公式アカウント46個!SNSアカウント王国のキリン。規模が大きくても積極的にユーザーとコミュニケーションする攻めのSNS運用。なぜその運用ができるのかお話いただきました。

加藤さん)みなさんこんばんは。キリンの加藤です。キリンは46の公式アカウントがあり、うち9アカウントを運営しています(アカウント数の多さに会場ざわざわ)。運用体制と運用ルール、ありたい姿とKPIについてお話します。

キリン流、SNSの使い分け

”SNSは魔法の杖ではありません”。と語る加藤さん。目的に合わせ、SNSを使い分け、上手く情報発信すれば、伝えたいお客様に伝わる。


運用体制は?

協力会社にライティングや撮影を依頼、インフラは監視ツール、社内では、営業、マーケ、広報が連携。SNS担当がハッシュタグの流行りをオンタイムで対応。


緊急対応が発生した時は。

商品のご指摘、キャンペーンのトラブル対応は24時間対応。Twitterのメンションは社内→CSで対応。


キリンが大事にする「会話コミュニケーション」

・ お客様のリプライのトンマナに合わせる(絵文字?顔文字?言葉遣いは?)
・ 1人あたりのリプライは2つぐらいがベスト
・ ご指摘は真摯に受け止めること(反論しない!)
・ 全て答える<素早く適切な場所に誘導する

投稿ネタの作り方

①トレンドを予測する
 -今日は何の日?
 -Twitterモーメントカレンダー(@TwitterMktgJP をフォローしよう!)
②タイムリーなトレンド投稿(時間が勝負、トレンドにすぐ乗れる体制を整える)
 -協力会社とのメッセンジャー
 -相談しやすいパートナー
 -社内チェックの簡素化

中の人のコツ

・複数人で運営する場合は「ルール・おおまかな人格」を決める
・ 運営しながらチューニングしていく
・ネガティブ投稿はしない(忙しい、体調悪い…)
・社会問題、政治、宗教、性などに関する投稿はしない

(会場拍手)

加藤さん、ありがとうございました!


Twitter運用について参加者間でディスカッション

「そもそも活用がよくわからない」「企業規模が大きい際のSNS体制をどうしているか」「Twitter活用の目的」などなど、各社担当者の悩みをシェア&アドバイスする時間。


お疲れ様でした〜懇親会です!

当日の満足度は96%!参加者の感想は?

キリンさんやシャトレーゼさんと同じ運用をしています。結果を出されていることがわかって、自身で決めた方針が間違っていないのだなと改めて思うことができました。本当に良かったです。
UGC の活用に興味があったのと、弊社も沢山のアカウントを運用しているので、キリンさんの事例は参考になりました。
初めてこういったイベントに参加させていただきました。みなさんいろんな業界の中の人ばかりでとても参考になったこと、課題はすぐには解決するのは難しそうだけど他社の状況を把握できたことがとても良かったです。 
Twitter担当となったばかりですが、明日から取り組めることもあり大変勉強になりました。
時間が足りないです。 二次会行きます!


次回のテーマは…

現在、鋭意検討中です!メンバーの方は、Facebookグループでイベント告知をしますのでお楽しみに^^


こちらもチェック!

Marketer Meetup!(マーケターの会)を主催するカラビナハート社では、広告主とベンダー・代理店のマッチング支援を行なっております。「SNS運用に強いとこって?」「WEB広告を展開するなら?」など、広告主のニーズに合わせて最適なパートナーを見つけるマッチングを行います。


Marketer Meetup!(マーケターの会)メンバー募集中

第一線で活躍するマーケター(広告主メイン)で集まってぶっちゃけトークが出来る場所です! 入会は無料&勉強会&懇親会を開催!

ご興味がある方はこちらから。※広告主オンリーのため、代理店やセールスの方はご参加いただけません
 marketer.meetup@gmail.com



<イベント運営>
企画:カラビナハート株式会社
会場提供:株式会社Speee
写真撮影:寺田智伸
note:こみー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
47
Marketer meet up(#マーケターの会)の公式noteです。第一線で活躍するマーケター(広告主メイン)で集まってぶっちゃけトークが出来る場所です! 入会は無料&勉強会&懇親会を開催! ご興味がある方はこちらから。 marketer.meetup@gmail.com

こちらでもピックアップされています

ソーシャルnote
ソーシャルnote
  • 10本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。