【marcyノート】(管理栄養士国家試験対策の解説)

過去問解説『32回139番の4』(がん悪液質)

過去問解説『32回139番の4』(がん悪液質)

臨床栄養学がん患者の栄養管理に関する記述である。 がん悪液質では、除脂肪体重が減少する。(〇or×) ・どんな話か?試験に定期的に登場する「悪液質」という言葉に関する問題です。名前の雰囲気からは内容がイメージしづらく、勘違いが多い部分。今回はこの言葉を見ていきます(^^

過去問解説『31回140番の1』(卵アレルギー)

過去問解説『31回140番の1』(卵アレルギー)

臨床栄養学食物アレルギーに関する記述である。 卵白のアレルゲンには、オボムコイドがある。(〇or×) ・どんな話か?食物アレルギーの1つである「卵」に関する問題です。 食物に含まれるアレルゲンは1つとは限らないので、関連するキーワードをセットで見ていくことがポイントです(^^

過去問解説『34回39番の2』(悪性貧血の原因)

過去問解説『34回39番の2』(悪性貧血の原因)

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち血液疾患に関する記述である。 悪性貧血は、内因子の欠如で起こる。(〇or×) ・どんな話か?試験に登場する貧血は5種類ほどありますが、その中のビタミンB12が関わる貧血についての問題です。 悪性貧血は1点だけややこしい部分があるので、そこを整理しながら見ていきます(^^

1
新しく出たとこ。『35回/公衆栄養』健康日本21(第二次)の中間評価

新しく出たとこ。『35回/公衆栄養』健康日本21(第二次)の中間評価

35回144番 健康日本21(第二次)の目標項目のうち、中間評価で「改善している」と判定されたものである。 最も適当なのはどれか。1つ選べ。 (1)適正体重の子どもの増加 (2)適正体重を維持している者の増加 (3)適切な量と質の食事をとる者の増加 (4)共食の増加 (5)食品中の食塩や脂肪の低減に取り組む食品企業及び飲食店の登録数の増加 解答5 ---------- 「健康日本21(第二次)の中間評価」が初登場しましたので、確認しておきます! ----------

1
Q&A『診療報酬の、減塩食と小児食物アレルギー食は例外。』

Q&A『診療報酬の、減塩食と小児食物アレルギー食は例外。』

Q. 診療報酬の特別食で、減塩食(高血圧)と小児食物アレルギー食が含まれるかどうかがよくわかりません。 A. 診療報酬におけるその2つは、例外的なポジションにあるものです。「病院の食事」と「栄養指導」をわけて考えることで整理できます(^^

1
Q&A『在宅患者訪問栄養食事指導料の算定要件』

Q&A『在宅患者訪問栄養食事指導料の算定要件』

Q. 在宅患者訪問栄養食事指導料の「食事の用意や摂取等に関する具体的な指導が含まれる」は、食事を用意しなければいけないということでしょうか? A. 必ずしも食事を作るわけではありません。文章的には「具体的な指導をする」という部分がポイントです(^^

2
新しく出たとこ。『35回/臨床』コーンスターチ

新しく出たとこ。『35回/臨床』コーンスターチ

35回135番(5) 糖原病Ⅰ型の幼児の栄養管理に関する記述である。 コーンスターチを利用する。(○or×) ---------- 糖原病の食事として「コーンスターチ」が初登場しましたので、確認しておきます! ----------

2
過去問解説『32回40番の5』(肥満細胞)

過去問解説『32回40番の5』(肥満細胞)

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち血液系に関する記述である。 肥満細胞は、異物を貪食する。(〇or×) ・どんな話か?血液を流れる細胞の1つある、白血球に関する問題です。 白血球にはいくつかの種類があり、役割も違うので、その担当を見ていきます(^^

1
過去問解説『34回133番の4』(くる病とアルカリホスファターゼ)

過去問解説『34回133番の4』(くる病とアルカリホスファターゼ)

臨床栄養学くる病に関する記述である。 血清アルカリホスファターゼ(ALP)値が低下する。(〇or×) ・どんな話か?骨の疾患の1つである「くる病」で、アルカリホスファターゼという値がどう変化するのか?という問題です。くる病の状態と、アルカリホスファターゼの役割から考えます(^^

1
過去問解説『33回138番の2』(骨吸収マーカー)

過去問解説『33回138番の2』(骨吸収マーカー)

臨床栄養学骨粗鬆症に関する記述である。 骨型アルカリホスファターゼは、骨吸収マーカーである。(〇or×) ・どんな話か?私たちの骨は、骨吸収(骨を壊す)と骨形成(骨を作る)が常に繰り返されています。 この2つの代謝は、体内の成分を調べることで、どれくらい活発に行われているか?を判断することができます。今回は、これを判断するための指標についての問題です(^^

1