研究に参加した人の想い

研究に参加した人の想い

Romi

今夜のTwitterスペース、録音が聴けるみたいです。

https://twitter.com/i/spaces/1ynJOZknnkVGR

国民ふたりにひとりががんになると言われても、自分事になるまで、ぴんときませんでした。

『がんは治る時代』と言われていたし、胃がんだろうなと思った時、夫と『手術すれば治るよね』って話しました。

私は大切な人をがんで喪いました。

なんで?としか思えませんが、変えられない現実です。

悔しいです。哀しいです。

がんが治る病気になる日を手繰り寄せたいという想いを持ち、様々な学会の患者向けプログラムで学んでいます。

理不尽が消えないからです。

夫が参加した研究は、細胞、動物での研究の次で、人類初投与の段階のものでした。

どこかで、自分に効果があったらと願っていました。

自分に間に合わなくても、未来の誰かの選択の根拠になるなら、少し救われるとも思いました。

そうやって研究に参加してきた人がいて、医療は進んできたのだと、自分事になって初めてわかりました。

クラウドファンディングがリターンの華やかさに注目されるのは、少し虚しいです。

研究の中身を知って、Cを消した商品を購入したり、この研究いいねと思って応援したらリターンが来たという意識になった時、本当の応援になるんじゃないかと願っています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Romi

全国胃がんキャラバン、多くの人にがん情報を届けるグリーンルーペアクションに挑戦しています。藁をもすがるからこそ、根拠のある情報が必要なのだと思い、頑張っています。

読んでくれたんですね。すごく嬉しいです❢
Romi
認定NPO法人希望の会理事長、グリーンルーペ代表発起人をしています。夫をスキルス胃がんで亡くしました。直滑降で生きています❢ https://npokibounokai.org/ (希望の会)    https://greenloupe.org/(グリーンルーペ)