見出し画像

幼い私の遊び相手は、幻想お兄ちゃん

昨日まで春の陽気だったのに、今日は真冬に逆戻り。ロマンチックなホワイトデーのために、御天道様が配慮してくれたのかもしれないですね。


今日は過去の不思議体験についてお話します。

これは、母から聞いた話なので私は全く覚えていないのですが、奇妙な思い出があるので紹介します。

当時2歳くらいの私は、部屋で「お兄ちゃん」と遊んでいました。

私が誰もいない部屋でキャッキャと笑いながら遊んでいるので、母は私に誰と遊んでいるのか尋ねると、こう答えたそうです。

「お兄ちゃんが、下からクルクルしながらきてくれるんだよ。」と。

しかも、買い物に行くときも、母には見えない「お兄ちゃん」としっかり手を繋いで歩いていたそうです。

この話については大人になってから聞かされた話なので、私は正直ビビリました。(笑)

しかし当時の母は特に怖い感情を抱かず、娘の私も楽しそうにしていたので、そのまま放っておいたそうです。

その後、私が2歳の時に弟ができました。

それからは初めての大好きな弟と一緒に遊ぶようになり、「お兄ちゃん」が登場することはなくなったそうです。

弟が産まれるまでの間、遊び相手をしてくれた「お兄ちゃん」はきっと私の幻想に過ぎませんが、

それまで楽しませてくれてありがとう!


MAKO


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Have a nice day!!!
17
大学卒業後に公務員看護師として勤め、現在は人生放浪中。毎週末に朝活読書会を開催し、読書の楽しさを同世代に広める活動もしている。動物、自然、アート、変人が好き。フットワークは軽く国内外をふらっと飛び回る。カナダ留学経験あり。全ての生命が救われる平和な世界にしたい。🌍✈️❤️