見出し画像

みんなでアート2022 2日目

服部誠

ふくしとぼうさい日記673日目。
日々の活動から、街の課題解決のチャレンジをしています。

4年前から、混ざり合うアートイベント「みんなでアート」に関わっています。
障がいがあっても、認知症でも、高齢でも、子どもです、だれもが混ざり合ってアートを楽しむアートイベントです。

今年で5回目となるこのイベントは、昨年一昨年は縮小して行い、実に3年ぶりのお客さんを入れてのイベントとなりました。

この中心となっているのは、地元のアーティストの、中島文子さんと、宮澤久美さん。
今年は今日と明日の計2日間の開催となり、今日は宮澤さん中心の企画で、朝からイベントのステージ担当として、忙しくも、充実した1日を過ごしました。

11時30分からリハーサルを重ね、17時から市長もお越しになってイベントがスタート。


最初は、みんなでファッションショーのトークライブ。
企画の宮澤さんを中心に、ファッションショーに出演する方々が、自分で着る服を作って今日まで行ってきたことなどをトークで話します。

次に、ダンスグループえこーずのライブ。
プロのダンサーの皆さんの圧倒されるダンスでした。

そして、みんなでファッションショー2022。
総勢25名の出演者による、しっかりとしたファッションショー。
ひとりひとりがスポットライトを浴びて、華やかに、優しげに、笑顔と拍手に包まれていました。

集合写真を撮り


最後は、ダンスタイムでフィナーレとなりました。

2日間動き続けて、最後はかなりばてましたが、障がいがあっても、認知症でも、高齢でも、子どもでも、混ざり合ってアートを楽しむ2日間でした。

アートは人をつなげます。
どんな身体でも、年齢、性別、国籍、関係なくつなげてくれます。
それを心から体感できる「みんなでアート」は、本当に大切な取り組みと感じます。

これからどんな展開になっていくんだろう。
またワクワクする次の1年が始まります。

混ざり合う当たり前の風景が、今日も逗子にありました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!